「学びなんか反吐が出る!」どうして学ばなければならないのか!?中卒で学ぶことが嫌いだった私が思う事!

私は中卒です。それを恥じてもいませんし後悔もしていません。しかし学ぶことなんか反吐が出ると思っていた私が、どうして「人は学ばなければいけない」という考えになったかを書きたいと思います。

私は勉強が大嫌いでした。最初は好きだったのです。しかし小学生の頃に親の都合で何度も転校し、友達と仲良くなったら離れてを繰り返していきました。すると他の子たちのように仲良く出来なくなっている自分がいました。そしてお経と勉強だけをやれという毎日。子供らしさはありませんでした。それでも親の期待に応えようと勉強してクラスで算数が2番になりましたが、それでもゴミクズ扱いされていく日々。だんだん学ぶことが嫌になったのです。学びは反吐が出る。大人はゴミクズだ。私の心の中で親への恨みだとも気づかないエネルギーが静かに増幅していっている最中だったのです。

そこから、色々悪い事をするようになって自分勝手に生きているのに自分勝手だとも思わず、自分が悪いのに相手が悪いと思っていることなどが増えていったのです。つまり、認知の歪みや、勘違いが増えていったのです。

世の中で生きていくには、みんなで共有しているのだから自分勝手ではいけません。しかし、学ぶことを放棄したことで、さっぱりわからなくなったのです。何が正しく、何が迷惑で、何が勘違いかも。ですから自分が人に不快な思いをさせていたも、それがわからないので、ますます嫌な事が増えるのです。そして結果的に自分も不幸になっていくわけです。

<<下に続く>>

それで、学ぶことを自分なりに開始してみると、如何に自分が自分勝手で、無自覚に人に迷惑をかけている部分も多くあるとわかりました。そして自分の傷もわかり、色々なことが分かるようになってきました。それは「学ぶ」ことからです。

きっと、学ぶことが嫌いになった人は、どこかで「学び = 腐ったもの」と刷り込んでしまったと思うのです。私もそうでした。だけど、違いました。学ぶという事は自分の心を豊かにしてくれるものです。新しい視点も手に入ると、世界が違って見えるのです。

自分が思っていた薄汚れて腐敗臭が漂った世界だけではなく、綺麗で落ち着く世界もちゃんとあるということです。それは自分の心次第なのです。だから同じ場所で生きていても、自分がどう感じてどう解釈し、どう意味づけをするかです。だからこそ、新しいプラスな視点を見つけられる力が増えるように学ぶことが必要なのです。死ぬ瞬間まで人は学んでいくものだと思います。

自分が好きだと思う事から、何でもよいので学んでみましょう!そしてマイナスの世代間連鎖を断ち切りプラスな連鎖で逆に呑み込んでやりましょう。

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ぴぼぼ

    私も実は中卒で(大検は取得していますが)、学びも全然足りなかったと思います。

    昔何かのチラシの文章で「学歴がないのは何も恥ずかしいことではないが、教養がないのは悲しくて恥ずかしいことだ」というのを見たことがありますが、本当にその通りだと思いますね。

    人は学ぶことによって新しい視点が身につき、物事の理解力が増し、自分を変えていけると信じています。

    私ももっともっと勉強しなければとこの記事を読んでいて思いました!

  2. by よっし

    僕も学生時代は学ぶという事は押し付けられてる感じがして嫌いでしたが、社会人になってからは学ぶ事の大切さというのに気付きました。

    人間死ぬまで勉強というのは正にその通りで、学びは仕事に関する事だけではなく自分が興味をもったものや学ばなければいけないと心が感じ取ったものなど、学びの大切さを実感してます。

    絆さんから学びの大切さを気付かされた事が一番多く、モラルハラスメントに関しては今一番勉強している分野で絆さんには本当に感謝しています。

  3. by 名無し

    同じ場所でも、自分の心次第で、良くも悪くも変わるという部分に、今の自分は共感しました。

    好きな事について、熱中して調べたり学んでいる時、とても充実した気持ちになります。

  4. by miu

    私も中卒です。学生時代学ぶ事が嫌で学校は半分以上行っていません。

    今は大人になり、子供が居ます。自分の子供たちにはどうか学ぶ事を楽しく思ってもらいたいと願っています。

    学ぶ事は本当に楽しいんですから。私もPLUSさんと絆さん両方でテーマについて書く為、知らない事は調べて学んでいます。

    知らない事がどんどん分かって、自分自身を成長させる事が出来ます。

    学ぶ事は自分の為にも周りの為にも、大切な事ですよね。

  5. by ぽりん

    学びが腐ったもの、と思った事はありませんが、親はことあれば「勉強しなさい」というだけで、理由がわからなかったし、「私のため」じゃなく、結局「自分のため」に言ってるのが…子供ながらにわかるから、反発するのかもって思います(笑)。
    興味が沸けば(或いは、必要になれば)、子供だって自主的にやる気がしますけど。

  6. by ポロマム

    自分で気づいた時点から学ぶ事はその人間に吸収されると思います。それは無理強いでなく、自ら学びに向かっているからだと思います。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)