Nさんの恐怖症改善!恐怖の正体は殆どが「妄想」。そこに深く気づくことが出来て繰り返し練習していけば得体の知れない恐怖は消えます。

7405 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

Nさんの恐怖症改善!恐怖の正体は殆どが「妄想」。そこに深く気づくことが出来て繰り返し練習していけば得体の知れない恐怖は消えます。

恐怖の正体は殆どが妄想

恐怖の正体は殆どが「妄想」です。そこに深く気づくことが出来て、繰り返し練習していけば得体の知れない恐怖は消えます。

恐怖の正体は殆どが「妄想」だというのは、例えば、北朝鮮が発射したミサイル。または、発射すると言われているミサイル。これってまだミサイルが日本に落ちていませんよね。つまり、現実には起きていないことを想像して恐怖しているのです。出来ることなら、こんな無駄な恐怖を持ちたくありませんよね。

妄想癖が恐怖を強くしてしまう

普段から「現実からかけ離れた妄想をしていることが恐怖を強くしてしまう」のです。つまり、知らない間に「恐怖増幅トレーニング」をしてしまっている状態なのです。

例えば、現実ではありえない恋愛妄想をしていたとしましょう。その妄想を日々持ち続けることで現実的ではない思考ばかりしてしまいます。その現実的ではない思考をしている時に、それが現実の意味ある行動に繋がっているかを考えて見て下さい。繋がっていないのです。

つまり、現実の意味ある行動をしていないということは脳の前頭葉を働かせていないということ。脳の前頭葉を働かせないと衰えてきます。そして、恐怖が強いのは脳の扁桃体の過剰興奮によるものです。この恐怖の元である脳の扁桃体の過剰興奮をすぐに鎮めてくれるのが脳の前頭葉と言われています。それなのに脳の前頭葉が衰えていれば?そう、恐怖を鎮めることが出来ないのです。それは恐怖が強いままということ。

なので、妄想癖が、恐怖を強くしてしまうのです。

Nさんの恐怖が軽くなった方法

例えばNさんは、母親に支配され虐待されたことで、大人になってからも過去に恐怖していました。そのNさんの恐怖が軽くなった方法が「恐怖の正体は妄想」だとしっかりと納得したことです。

<<下に続く>>

つまり母親が怖かったのは過去です。今ではありません。今目の前に母親がいて、それが怖いのなら良い恐怖ですが、目の前にいないのに恐怖するという事は無駄なことだと気づけばよいのです。

例えば、感情はガソリンのようなものですから、無駄に恐怖するという事は無駄にガソリンを使うという事です。今、目の前に怖いものが無い場合は恐怖しなくていいのです。目の前に現れてから恐怖すればいいのです。

車でドライブに行くのが3日後だとします。それなのに3日前から、車体を持ち上げてアクセルを踏んでガソリンを無駄に消費しているのは、意味がありません。それと同じことです。出発する日にアクセルを踏めばよいのと同じで、目の前に恐怖の対象が現れたら恐怖して緊張すれば良いのです。

この新しい考え方の癖がつくことでNさんの恐怖症はみるみる改善していきました。

ご理解いただけましたでしょうか。恐怖の正体は殆どが「妄想」。そこに深く気づくことが出来て繰り返し練習していけば得体の知れない恐怖は消えます。何を練習するか。自分が恐怖を感じている時に「今、私(僕)は恐怖を感じている」と感じていることを認めて、その上で、「だけど、これは今起きているわけではない。」と考えて「行動」するのです。

例えば、対人恐怖症が酷くて、人と話すことが怖いとします。そして話そうとすればするほど恐怖が出てくる。そこで「今、私(僕)は恐怖を感じている」と感じていることを認めて、その上で、「だけど、これは今起きているわけではない。」と考えて「行動」するのです。そう、実際に話してみるのです。

その結果、失敗だったと思ったとしても自分を責める必要はありません。結果が失敗に思えても、その「行動した」という部分にしっかりと1歩進んだ証拠があるのですから。その繰り返しです。そうすることで恐怖は減っていきます。

「深く気づく」には「行動」が効果的です。無理しないように焦らず進んでいくことが大切です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 目の前に恐怖の対象があらわれたら恐怖して緊張すればいいとのことですが、常に存在する「死への恐怖」に対してはどのように対処すれば良いのでしょうか?

    • 常に存在する死への恐怖は誰もが持っているものだと思います。そして誰もが避けては通れないものですよね。

      それを、あれこれ考えては、ますます怖くなるかと思います。つまり考えるから怖くなるのですから、考えない事です。

      考えない為の方法は「今を精一杯生きる」ことです。

      今を精一杯生きていれば、死について考える時間も無くなります。

      精一杯生きるための何かは、自分が見つけることです。

      懸命に今を生きることで「死への恐怖」に対しては対処出来ます。

      私も死ぬのは怖いです。だけど、若い頃、まったく怖くない時期があったのですが、その死への恐怖が全くなかった時期は、命を懸けたときでした。

      若い時は出来ても、今は中々難しいですよね。

      それでも、今を懸命に生きられずに、精一杯生きられない場合は、死への恐怖は付いて回ります。

      軽減させるためには、あの世を信じることではないでしょうか。

      死は終わりではなく、新しい楽しい人生が更に始まると信じることが出来れば、軽減されるかと思います。

      本来は、自分の心を拠り所に出来れば死への恐怖は軽減されるかと思いますが、それが難しい場合に宗教が必要となるのではないでしょうか。

      何かを心の拠り所としながら、自分を心の拠り所に出来るようにし、その上で、今を懸命に生きれる自分の生き方が見つかれば、死への恐怖は軽減されるかと思います。

      あくまでも、私の考えですので、何か参考になれば使って下さい。

  2. 目の前にあっての恐怖は
    緊張すればいいのです
    と記載されていますが
    それだと本心からの
    恐怖心はなくなっていないのでは
    ないでしょうか?

    • ご質問に回答をさせて頂きます。

      過剰な恐怖が問題なのであって、通常の恐怖は必要ですからないと逆に困ってしまうので、
      完全に恐怖が無いことは危険ですよね。

      恐怖があるから用心したり準備したり出来るので、
      物事を上手いかせやすいというメリットがあります。

      緊張も同じで必要な事です。
      問題は過剰な緊張です。

  3. 今目の前にない恐怖をいざ目の前にしたときも、気づいていたら軽減されますか?

    • ご質問に回答をさせて頂きます。

      今目の前にない恐怖は不要ですが、いざ目の前に起こったことによる恐怖は必要な恐怖です。

      コントロールが出来るようになってくると、いざ目の前にしても軽減出来るようになってくるでしょう。

      今目の前にない恐怖は、必要な分だけ準備の為に恐怖すればよいのだという考え方の癖がついてくると、

      恐怖に呑まれるのではなく、恐怖を使える側にもなっていけると思います。

      訓練しかないです!

    • 初めまして!コメントを見て気になったので、私も回答させて頂きます。

      今目の前にない恐怖は怖がる必要性はありませんが、いざ目の前に恐怖が現れた場合は怖がってしまうものです。
      ただ、捉え方一つで恐怖はコントロールすることは出来ます。

      目の前にない恐怖を怖がらなくなれるのと同じで、
      自分で自分の考え等をコントロール出来るようになれば、実際目の前にある恐怖を必要以上に怖がらなくて済むようになります。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)