【臆病風に吹かれて逃げた】自分で気づいていない過去の嫌な記憶を思い出して、それに新たな意味づけをすることで、得体の知れない恐怖は消える。

【臆病風に吹かれて逃げた】自分で気づいていない過去の嫌な記憶を思い出して、それに新たな意味づけをすることで、得体の知れない恐怖は消える。

今回の記事は「もう、本当の自分を取り戻したい!」という方向けの記事で、高レベルな話です。

自分で気づいていない過去の嫌な記憶を思い出して、それに新たな意味づけをすることで、得体の知れない恐怖は消える場合があります。得体の知れない恐怖は、自分で気が付いていないことが過去にあるからです。例えば馬鹿にされているのに馬鹿にされていないと捻じ曲げた記憶などです。

なぜ自分で気づいていないのか?それを厳しいと感じる言い方で言えば「臆病風に吹かれて逃げた」からです。逃げたから、直視しないから、気づかないようにしたのです。その逃げた結果、怒りを本当に向けるべき先に向けないので、他のものが怒りの対象であると自分で自分を誤魔化して思い込んでいきます。

その記憶は、あなたが怯えて逃げていると無意識下に封じ込めます。そしていつまでも消える事がない闇として肥大化します。しかし、無意識は味方なので、その嫌な記憶が意識に上がってこようとします。それでも、あなたは勇気を持たなければ直視しせず、更に無意識に押し込めます。そして、その嫌な記憶に恐れることを隠すために、別のものが怒りの対象であると本気で思い込んでいきます。そうして人生の嘘は大きくなっていくのです。そして苦しみの世界に入っていくのです。

先輩が怖い、だから先輩を良い人だと思い込んだ、その結果、先輩への怒りを隠し、先輩への怒りを無意識下に抑圧し、嘘を作り出し、後輩を責めるのです。これがどんな人もやっている【人生の嘘】です。社会的地位が高くなればなるほど、この修行のレベルは高くなります。ですから人生とは常に試練なのです。

じゃあ、どうすればいいの!ってことですが、勇気を持つしかありません。勇気を持って恐怖に突入するのです。本当の恐怖から目を背けずに真正面から直視するのです。その恐怖が軽減するまで、消えるまで直視し感じるのです。すると、恐怖の正体の多くは妄想であることがわかるのです。支配者とは人々の主観をコントロールし妄想を植え付け、妄想の恐怖で人の心を縛り上げて集団心理を操るのです。それが自分を取り戻す力になるからです。自分を取り戻すには勇気を奮い立たせるしかないのです。

例えば、大地震を人工的に起こせという命令があったとします。それに従ったら怖いですよね。間違った命令を信じて多くの人を殺したのですから、本当の自分なんか怖くて出せませんよね。それでも勇気を持って、死さえも覚悟して明るみにだし清算するのです。例え、殺されたとしても、清算さえすれば堂々と死んでいけるでしょう。人は死ぬまで、いつでも変われます。本人が変わる気になれば変われます。

大事なことは「自分の怒りの矛先を修正すること」です。これに気づきたいのなら、自分が身近な誰に怒っているか特定して下さい。次に、その怒りは偽物であると気づいて下さい。些細なことに怒りの理由付けをしている場合があります。そして偽の怒りをぶち破って、その奥の恐怖に直視して下さい。その恐怖は偽物、または本物です。本物の恐怖なら直視することで消えます。「恐怖の正体の殆どは妄想」です。

戦争映画で「2時の方向に敵が2人!」というような事を言いますが、人間が逃げた結末の集大成が戦争ですから、嫌と言う程「2時の方向に敵が2人!」の恐怖を教えてくれているわけです。つまり、先ほど書いた「自分の怒りの矛先を修正すること」を嫌と言う程、教えてくれるわけです。

矛先を間違え、被害者の盾で、挑んでも、矛盾の世界へ落ちていくだけです。無理をする必要はありません。自分のために自分を大事にして本当の自分を取り戻せば、それが本当の偽りのない自信になるはずです。

一つの材料として読んでいただけたら幸いです。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)