【お人好し・神経症改善】憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法!

11574 views
約 6 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
【お人好し・神経症改善】憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法!

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張で悩んでいる方、お人好しを改善したいは「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」を購入して読んでみて下さい。

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法

この「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」の作者の方が20年間も苦しみ、改善するために色々調べ上げて、効果があった方法がまとめられているものです。そして、この方法は、兵庫医科大学先端医学研究所の後藤章暢教授推薦の方法「本分野に携わる医療人も大いに参考になる」とも言われているほどです。

実際に、中身はどのような内容になっているのかを購入して読んでみました。購入後はダウンロードして読むことが出来ます。私は実際に紙で読むのが好きなのでプリンターで印刷してみました。

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法

販売商品なので文章を公開は出来ないので白く塗りつぶしています。約50ページで、内容はそんなにたくさん書かれているわけではありませんので理解しやすく読みやすくなっております。

「お人好し」と言うのは、善良で、素直で、真面目で、すぐに騙されてしまうのです。そういった人たちばかりだと良いのですが、世の中は、嫌な人もいれば騙す人もいます。時には人を死に追いやるくらいの人だっています。そんな世の中で生きていく為には「お人好し」でいるわけにはいきませんよね。「お人好し」でいれば、どんどん巧妙に背負わせられることが増えていくので、苦しくなる一方です。そして自分を見失ってしまうのです。

世の中には、人を踏み台にして生きている者もいますし、お人好しな人を食い物にする人もいます。しかし、そういった人たちが悪というわけではないのです。そして、相手を変えてもキリがありません。変わるのは自分です。自分を変える事こそ自分にとって幸せの道になります。

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から脱出するためには「新しい考え方を身に付けることが必要」です。その新しい考え方は、本や教材や、実際にお人好しを改善した人の話などから、どんどん吸収し学習するしかありません。「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」も一つの方法です。

「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」は、網野純一さんという人が考えた方法で、20年も自律神経失調症や神経症などで苦しみ、ヨガ、断食道場、合気道、呼吸法、太極拳等を試しても改善されずにいたということでしたが、ご自分で色々試した方法で症状の軽快に成功されたので、その方法の中から、良いと思う方法をまとめ上げて作成された教材です。

実際に網野純一さんが実践して効果のあった9つの方法が以下になります。

 

第一章、森田療法を身に付ける方法

神経症の治療には森田療法が良いというのは有名ですが、森田療法を簡単に身に付けることが簡潔に書かれていてとてもわかりやすいです。

第二章、自分が思っているほど、他人は自分に注目していない

<<下に続く>>

自分が思っているほど、他人は自分に注目していないと言われても、気にする人は気にしてしまいますよね。 くり返し、あらゆる視点からこのことを理解していけば納得できる時がきます。人は自分が思っているほど他人に注目出来ないのです。そんな時間が無いのです。

第三章、人に媚びない

こちらはとても重要なことです。媚びることで救われてきたことがある方もいると思います。しかし媚びている事が自分の苦しみになっている事が教材でわかります。

第四章、簡単に心を落ち着かせてリラックスする方法

書いてある通りに試してみましたが、そんなに私は効果を感じませんでしたが、繰り返すことで効果を高められそうだと思いました。

第五章、対人恐怖・人と話すのが苦手な方へ

この考え方は絶対必要!と個人的には思いました。この逆によって苦しむのです。私も過去に経験があります。

第六章、リラクセーション

書いてある通りに試してみましたが、確かに効果的でした。ですが、書いてある所とは別の場所をやるともっと効果的だったので、自分なりの良い場所を探すと更に良いみたいです。

第七章、心のざわめきを取り去り「自分」をつかむ

支配されている人や神経症の人などは、常に心がザワザワしているんですよね。そのざわめきを取り除くには効果的です。しかし、この方法は書いてあるような感じの方法で、似たような自分に合った方法を見つけるほうが良いかもしれないと感じました。

第八章、宇宙のひと握り、ひと囲み

この考え方は効果的だと感じます。一人ではないという力強い感覚が手に入ると思います。

第九章、予期不安

これは凄く大事な部分です。この違いを区別することで、だいぶ楽になれると思います。

以上が実際に網野純一さんが実践して効果のあった9つの方法です。特に「第三章、人に媚びない」「第五章の考え方」は絶対に身に付けて欲しいと思います。弱いから媚びているとかではなく、気づいた時には媚びることが普通になっていて、媚びることが救われるカラクリの環境で支配されていた人もいると思います。この考え方からは、絶対に抜け出して欲しいと思います。

命懸けで、本気で、長い歳月を経て実践し効果があった方法をたったの1080円で読めるということで私も中身を見てみました。とても価値あるものだと思いました。そういった方法を吸収させていただくという考え方で読むと、すごく吸収できるかもしれません。良い考え方をどんどん吸収して、自分の成長につなげてみましょう。

お人好しの人や、神経症の方に必要な新しい考え方が手に入る教材です。私たちの感情は解釈の結果、生まれています。新しい解釈が出来るようになる為には、自分を変えていくしかないのです。自分を変えるには学習です。色々な事を学んで、吸収していきましょう!

「過去に正しいと植え込まれた記憶」のまま今を見ると苦しみます。新しい考え方で「今」を見て「今」を懸命に生きていきましょう。そうすれば悩みや苦しみのメリットが見えてくると思います。

神経症だった方は、細部まで把握することができる力を持っていて、それはメリットにもなります。それを生かせばよいと思います。

苦しみは、それ単体であるものではありません。(苦しみ・成功)のように、1セットなのです。苦しんで苦しんで、その登山の先には成功があるのです。諦めない事が大事です。

苦しみは、あなたの無意識の中の隠れた目的達成に必要なことだったと、後で抜け出した後に気が付くと思います。

憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法

こちらの記事も読んでみて下さい。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)