幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

弱さは悪である(僕の場合)。ストレスで頭が真っ白に!?トラウマを抱えていて心が解離しているかも。理解出来ない、気づけないものだからこそ、深い部分に刻まれる!

この記事は233回閲覧されました。

【PR】日本最大級のオンラインカウンセリングサービス

過去にカウンセリングを利用したが、うまくいかなかった方におすすめ。
心のプロが不安の解決をサポート【Unlace】
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

弱さは悪である(僕の場合)。ストレスで頭が真っ白に!?トラウマを抱えていて心が解離しているかも。理解出来ない、気づけないものだからこそ、深い部分に刻まれる!

心の問題が深刻だと気づけない

極度のストレスを抱えていてよく頭が真っ白になる人はトラウマを抱えていて心が解離しているかもしれませんので、医療機関を受診することをお勧めします。いいですか。トラウマや心の問題は深刻になればなるほど、自分では気づけなくなります。自分でトラウマがあるとわかるのは軽い方なのです。深刻になると、それは深刻という文字通り、深い部分に刻まれているので自分では気づけません。深い部分というのは無意識の深い部分です。ここにその心の問題に関する情報が刻まれている為、自分では気づけないのです。だから専門家の力を借りることが重要なのです。専門家はその深い部分を見つけることが上手です。僕は「書くこと(サヨナラ・モンスター)」で自分の深い部分を探りました。

僕はセルフヘルプで心の問題を解決した

僕の場合は、重度の人間不信、恐怖症、トラウマ、宗教洗脳に関すること、病院嫌い?恐怖症?など、心が酷い状態になっていて誰にも苦しみを言えませんでした。苦しみを知られることは死んでも避けなければいけないというような感覚でパートナーだけにしか心を開けませんでした。イメージとしては虐待され続けた犬が人間を信じることが出来ずに全てを敵視して吠えているような、そんな状態で心を閉ざしていました。本当なら専門家の力を借りた方が良かったのですが、どうしてもそれが出来なかったので、僕は1人で勉強をして、自分の心の問題を自分で解決するというセルフヘルプの道へ入っていきました。

最後は希死念慮と自殺念慮

過去の話ですが、まず僕自身、20代から上記の状態(極度のストレスを抱えていてよく頭が真っ白になる)になりました。そして徐々に悪化していきました。そして25、26歳くらいの頃にはもう死ぬことしか考えられなくなりました。希死念慮(死にたいと願うこと)と自殺念慮(具体的な方法を考え出す)が出ていました。その頃には、頭が真っ白になることも多く、心が解離していたと思われます。そんな弱った心を家族から刺され続けることで悪化していきました。ストレートに刺されるのなら反撃すればいいのですが、そこも巧みに仕掛けられていた為、僕はダブルバインド状態となり、どうすることも出来ないほど心理的に拘束されてしまったのです。そしてとあることをきっかけにその家族から離れることで、継続されたダメージ(被害)が減っていき、少し楽になりました。その頃は自分に何が起きているのかさえ理解していませんでした。今こうして書けるのは、過去の理解、自己理解を深めて答えを出したからです。苦しんでいた過程にあったもの、その当時はそれを理解出来ていませんでした。理解出来ほどの巧妙なものだから、前記したように問題が深刻になるのです。理解出来ない、気づけないものだからこそ、深い部分に刻まれるということです。

身体は嘘をつかない

極度のストレスを抱えていてよく頭が真っ白になる、そして身体に症状が出ているというのは、心からのメッセージです。身体は嘘をつきません。自分の身体が発するメッセージを大切にして、あなたはあなたが不快に感じるものから離れて下さい。過去の僕は血の繋がり、家族、美徳の言葉に騙されていて、自分を水面下から攻撃してくる存在(家族)から離れることが出来ず、尽くさないといけない、犠牲にならないといけないというような思いで、そこにいて、自分でも気づけないレベルで攻撃を受け続けていき、そして希死念慮(死にたいと願うこと)と自殺念慮(具体的な方法を考え出す)が出ても尚、自分を大事に出来ませんでした。つまり家族からの条件付けの愛欲しさに、傷ついていても1人になる、家族から離れる勇気がなくて、無意識のうちに自分で自分を犠牲にし、心の中の小さな自分を生贄にしてまで、家族にしがみついていたのです。そんな情けない腐った自分と向き合い、僕は心の中の小さな自分に約束をしました。その約束をして、約束を守り、それから心が回復していき、過去の敵を心の中で断ち切り、自分との繋がりを修復しました。

心が解離しているかもしれないので、念の為、医療機関を受診することをお勧めします。

これは僕の場合の話で似たような人に必ず当て嵌まるというわけではありませんが、極度のストレスを抱えていてよく頭が真っ白になる人はトラウマを抱えていて心が解離しているかもしれませんので、念の為、医療機関を受診することをお勧めします。過去の僕のように深刻な問題が隠れているのに気づけていない可能性があります。そして深刻の問題が隠れているのにそれに気づかないで放置すると、最悪、希死念慮(死にたいと願うこと)と自殺念慮(具体的な方法を考え出す)が出てくる場合もあります。そうなってしまったら本当の死を意味することになります。だからそれを避ける為にも、専門家の力を借りて下さい。過去の僕のようにたとえ家の中で1人で死んでも相談出来ないという人は殆どいないと思います。それくらいになるのはカルトレベルの洗脳を受けて心の中がめちゃくちゃになってしないとならないと思われますので、普通の人たちは相談しようと思えば人に「助けて」と言えると思います。それを大切にして、専門家に助けを求めるようにして下さい。そして力を借りながら、自分が自分の親となり、自分を助けてあげて下さい。

弱さは悪である!犯罪者脳からの逆恨みもある

僕は強くならないといけない。そう考えています。弱さは悪であると。なぜこういう考えを持つようになったか。過去僕は弱ってしました。心も、そして身体も弱り、寝たきり状態になりました。そしたら周りにいた加害者家族たちから心を刺され続けました。

もうお分かりですよね? 加害者らは弱い。だから群れる。群れた弱者(加害者)たちが弱った僕を刺し続けました。

ブルーハーツの「TRAIN-TRAIN」という曲に、次の一節があります。

弱い者達が夕暮れさらに弱い者をたたく

ザ・ブルーハーツの曲「TRAIN-TRAIN」

僕の心と身体が病んだら、もう少しで殺されかけたのです。だから弱いままではいけないのだと、弱さは自分を悪魔に差し出す悪であるとわかったのです。

但しこれは、僕が育ってきた環境での話です。普通の家庭なら弱った人間を刺し続けることはしません。だからそういう環境の場合は弱さは悪ではありません。僕の場合のみ、弱さは悪だったのです。1人で家族5人と、不条理、理不尽、でっちあげと闘えるくらいの心を持たないと心理的に殺されてしまう状況だったので、1人で5人くらいをやっつけれる心を持たないといけなかったのです。

世の中には私利私欲から悪いことをしているのに、それを指摘されたら逆恨みをしてきて、弱ったところ刺してくる異常な思考回路の人間たちもいます。窃盗罪、名誉毀損罪、それらが家族間で繰り返し行われているとします。それを被害者が指摘したら、加害者らは弱った時に逆恨みから仕掛けてきます。だから僕は「犯罪者脳」が大嫌いで、前頭前野を活性化させている人が好きなのです。人間らしさも、良心も、理性もあるからです。逆に犯罪者脳の人は自分が悪いことをしているのに逆恨みをしてきます。狂っているのです。だから自分の心を有害な存在から守れるようになることが大切なのです。僕の過去の苦しみはそれを学ぶ為の人生勉強でした。良い勉強になりました。

月額たったの980円で読み放題

更に役立つ情報をお届けする為にAmazonのKindleストアで電子書籍として多数販売しています(詳細はこちら)。その中で「Kindle Unlimited」と表示されている電子書籍は「月額たったの980円で読み放題」で読むことが出来ます。つまりKindle Unlimited対象本なら、月額980円で10冊でも100冊でも追加料金なし(0円)で読めます。電子書籍にほうにも大切なことを沢山書いていますので、このブログと併せてお読みいただくことで更に理解が深まります。電子書籍を選択して「読み放題で読む」をクリック(タップ)して登録出来ます。解約もいつでも出来ますのでご安心下さい。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします(投稿は最下部から)。

まずはマイナス化思考(認知の歪み)を修正しよう

認知の歪みの中で最も厄介とされる「マイナス化思考」ですが、これを修正するツールをご用意しました。
→ https://sayonara-monster.com/post-2956/

認知の歪みの1つであるマイナス化思考は誰でも大なり小なりあるものです。このマイナス化思考がうつの原因になってしまうこともありますし、ストレスや苦しみを増やしてしまうこともありますので、出来るだけ多く修正していきたいものです。この部分を効率良く変えていく為に役立つツールが上記のリンク先でご紹介しているツールです。とても簡単な方法で、質問に沿って入力していくこと(書くこと)でポジティブな回路をつくっていけます。

新着・更新情報をメールで受け取る

自分が自分の親になって
自分と向き合って心の深い部分を変える方法
「サヨナラ・モンスター」

自分が自分の親になって自分と向き合って心の深い部分を変える方法「サヨナラ・モンスター」
心の苦しみを減らすには認知を変えれば良いのです。しかしそれを変えることは難しい場合もあります。そこで、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

極度のあがり症改善に特化した教材(公認心理師制作)

極度のあがり症を改善し、スピーチの全国大会で準優勝した公認心理師(国家資格)が、あがり症改善に特に効果のある各種心理療法と、スピーチ・プレゼンに必要なスキルをまとめました。既存の話し方教材・教室では解決できない課題解決が期待出来るレベルの教材です。
あがり症改善プログラム
~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~
(大手販売サイトの体の悩み・健康カテゴリーのランキングで1位になることが多い教材)

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

コメントを投稿する(レビューは最下部)