幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

殆どの人が根本的な変化を無意識のうちに拒んでいる。大切なことは真の心の安定です。

この記事は225回閲覧されました。

【PR】日本最大級のオンラインカウンセリングサービス

過去にカウンセリングを利用したが、うまくいかなかった方におすすめ。
心のプロが不安の解決をサポート【Unlace】
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】

今日お伝えしたいことは、「殆どの人が根本的な変化を無意識のうちに拒んでいる」ということについてです。

メンタリストDaiGoさんの言葉

まずは、先ほど見かけた「メンタリストDaiGoさん」の言葉をお読み下さい。引用させていただきます。

社会がなぜ変わらないのか、わかった気がする。

変わりたくない人が大半だからだ。

彼らは自分は変わることなく救われることを望んでいる。
変わる気がない人間は神であろうと救えない。

(https://mobile.twitter.com/Mentalist_DaiGo/status/1613536271468724226)より

本当にその通りだと、僕も思います。社会を変えるには、1人1人が自分で自分を救い(セルフヘルプ)、「本当の自分」を取り戻していく必要があります。〇〇が悪い!政治家が悪い!などと言っていても根本は変わりません。実際、世の中を変えようとしている連中たちが争いを引き起こしています。最悪戦争です。全体の変化は個の変化によって起こります。個が全体を組織しているのです。だから1人1人が心理的に成長していくことで全体が良くなるのです。世の中を変えよう!社会を変えていこう!ではなく、1人1人が自分を変えること(人間的に成長すること)で結果として社会まで良くなっていくのです。一人一人が成長すると、侵食せず、させず、そして必要以上に貪ることも減る為、争いの原因も減ります。戦争は結局他人の領土を奪うものであり、それに理由づけしているに過ぎません。一人一人が成長していき、奪うほど欲しがらなくなれば争いも減っていきます。

人は自分を変えず誰かにやらせようとする

殆どの人たちが「根本的変化」ではなく、「誰かに救ってもらうこと・誰かに変えてもらうこと」そして「誰かがこの社会を変えてくれること」を望んでいます。つまり自分で自分を変える気がないのです。また現状不満に対しての変化を誰かにさせようとしています。だから彼らは自分を変えず、他人を祭り上げることに精を尽くすのです。それは心理的に座ったまま口だけを動かして他人を操作しているのです。他人を祭り上げて操作してやらせるのです。浜田省吾さんのMONEYという曲の歌詞の一節に次の言葉があります。

奴は自分の夢
俺に背負わせて
心ごまかしているのさ

浜田省吾「MONEY」より

このように、変わる気のない人間たちは、自分の夢、理想、願望などを祭り上げた誰かに背負わせて、自分の心を誤魔化しているのです。本当の自分を生きる勇気がないから、本当の自分を生きる気や、自分が自分の司令塔として生きる気がないから、他人に自分の夢、理想、願望などを背負わせる為に、煽て、祭り上げて「やらせる」のです。これが変わる気がない者たちの正体であり、言い換えるなら「勇気が挫けたままの状態(10歳前後で挫けていることが多い)」ということです。だから堂々と実名で所在を明らかにして自分の考えや思想などを発信することが出来ないのです。そうした者たちの中には誹謗中傷を楽しむようになる者までいます。こうした問題は誰にでもあるものです。だからサヨナラ・モンスター教材本編「モンスターの正体の図」でお伝えした「赤丸の部分」、、、ここの解決も大切なのです。

他人に変えてもらうことの罠に気づいていない

そして彼らはそれ(他人に変えてもらうこと)を良しとしていますが、そこにある罠に気づいていないのです。その罠とは何か? 他人に自分を変えてもらいたい、この社会を変えてもらいたい、それは自分を無力化し、洗脳されやすく自分を創っていることになっているのです。「誰か私(僕)を変えて!」というのは、言い換えれば「誰か私(僕)を洗脳して!」と言っているようなものです。こうして彼らは自ら洗脳されやすい体質を創り、縛られにいくのです。過去の僕もそうでした。

彼らは何故変わることを拒むのか

では人は何故そこまで頑なに自分で自分を根本的に変えることをしないのか? その最大の理由は「恐怖」です。彼らは寝る前に何かに怯える子供のような恐怖を、心の奥に抑圧して隠して忘れて潜在的に抱えています。こうした隠れた恐怖が悪夢として表れることもあります。「こちら」に書いたことです。

ここでいう恐怖は本人さえも気づいていない恐怖のことです。つまり「同一化した恐怖」ということになります。これを隠して忘れて、そして群れに染まり、同一化した恐怖対象に染まることで安定を保っているので、気づくわけにはいかないのです。変わるわけにはいかないのです。それを解決するには同一化した本当の恐怖と向き合って、自分1人で自分を救わないといけませんから、彼らはそれだけは絶対に出来ないというくらいそれを恐れています。だから本当の恐怖を隠す為に、「偽の恐怖」「偽の恨み」を拵えることもあるのです。「偽の恨み」の対象は親が選ばれやすいです。親などの自分よりも強い存在を恨むことで(恨み続けることで)本当の問題から逃げているという場合もあります。それがルサンチマンに陥るということです。ルサンチマンに陥って強者を必要以上に悪く言うことで逃げているのです。その強者への恨みなどの背景に、隠れている別の恐怖があるものです。それと向き合って、そこを解決しないと何も変わりません。

言い換えるなら、約9割ほどいるであろう恐怖に同一化した人間たちが自分を変えることをせず、誰かが変えてくれること、誰かが救ってくれること、それを待っているのです。あなたの周りに本気になって自分を変える取り組みをしている人は10人中何人いますか? それだけ自分を変えようとしている人は少ないのです。自分で自分の本当の恐怖と向き合う気がないから、心の奥深い部分で縛られているのにそれさえも見てみぬフリをして……。それは心の中の小さな自分への裏切り行為なのです。

心の中に芯が出来ると真の安定に繋がる

心の中の小さな自分への裏切り、そこを解決して初めて、自分の親になったと言えるのです。自分の親になった人間の心には「芯」が出来ます。それはどんなことがあっても折れない芯です。芯には草冠がついています。草は成長の喩えです。つまり自己成長するからこそ心に芯が出来るのです。その自己成長の1つが本当の恐怖と対峙して心の中の小さな自分を救う親になる(自分が自分の親になる)ということです。そこまで到達した人間はたとえ殺されても変わらない心を持っています。そこに人間の美しさがあります。

変わることは誰もが怖い。どんなに強い人でも変化を恐れることがあります。しかし、その恐怖こそが自分を進化させるものだと知っている人間は恐怖から学びます。そして後から恐怖して良かったと言います。恐怖こそが人間を進化、変化させるものだからです。

最後に、、、あなたに最高の格言をご紹介しましょう。

まったく逆説的なことだが、成長や改革、変化においてのみ、真の安定を見つけることができる。

アン・モロー・リンドバーグ(アメリカ合衆国の飛行家、文筆家)

「真の安定」、、、それは前記した『自分の親になった人間の心には「芯」が出来ます。それはどんなことがあっても折れない芯です。』によって成り立ちます。自分の心の中に「自分の親」「心の管理者」という芯が出来るからこそ安定を保てるようになるのです。だからその安定の為にも人は心理的な努力をして変化し続けていくことがとても大切なことなのです。

本当の恐怖と対峙して、心の中の小さな自分の存在を発見し、それを守る親となることで人は成長します。それを他人にやらせようとしているうちは、本当の解決の最初の一歩にもなっていないのです。思う存分、細部に至るまで、心の中の小さな自分の声をサヨナラ・モンスターで書き出して、書き続けて下さい(教材本編の必ずメモしておくことの作業)。これがとても大事なことであり、この作業の1つ1つも、自分を取り戻すこと、自己肯定感、自己信頼、自尊心へと繋がっていくものです。あなたは心の中の小さな自分の代弁者なのです。苦しいこと、悲しいこと、怖いこと、それらを感じている心の中の小さな自分の口を封じて、暗闇に閉じ込めて忘れるような人間にはならないで下さい。その暗闇にある扉を自分の手で開けて、その中にいる、苦しみ、悲しみ、恐怖を抱えている心の中の小さな自分を受け入れて、そして絶対に、二度と裏切らない、見捨てないという決心をして、その心を固めて下さい。このような心理的変化が真の心の安定を創ります。

人は誰もが10歳前後で本当の自分を見捨てています。それが部分的であっても誰もが自分を見捨てて裏切っているのです。そうしないと生きられない、それが子供ですから、、、。だから人は大人になってからそれらの清算をし始めないといけないのです。それも人生という壮大なシナリオの一部なのです。人生とは、一度自分を裏切って見捨てて、そこから勇気を持って困難を乗り越えながら心の中の小さな自分を取り戻して再び繋がるという人生ゲームなのです。世の中に流れる様々な情報、その一部は、本来の心の働きを妨げ、そしてボンクラ(ぼんやりとした怠惰者)のようになってしまう働きがあるものがあります。言い換えれば飴を与えてボーッとさせるのです。その与えられることに慣れ親しんだ者は気づかないうちに飼われる者となり、心理的な虐待者になっていき、そして自虐をして、自虐さえも忘れるのです。

それを取り戻すことが人生のターニングポイントの1つになります。心の中の小さな自分の親はあなたしかいません。あなたしかあなたを救えないのです。

月額たったの980円で読み放題

更に役立つ情報をお届けする為にAmazonのKindleストアで電子書籍として多数販売しています(詳細はこちら)。その中で「Kindle Unlimited」と表示されている電子書籍は「月額たったの980円で読み放題」で読むことが出来ます。つまりKindle Unlimited対象本なら、月額980円で10冊でも100冊でも追加料金なし(0円)で読めます。電子書籍にほうにも大切なことを沢山書いていますので、このブログと併せてお読みいただくことで更に理解が深まります。電子書籍を選択して「読み放題で読む」をクリック(タップ)して登録出来ます。解約もいつでも出来ますのでご安心下さい。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします(投稿は最下部から)。

まずはマイナス化思考(認知の歪み)を修正しよう

認知の歪みの中で最も厄介とされる「マイナス化思考」ですが、これを修正するツールをご用意しました。
→ https://sayonara-monster.com/post-2956/

認知の歪みの1つであるマイナス化思考は誰でも大なり小なりあるものです。このマイナス化思考がうつの原因になってしまうこともありますし、ストレスや苦しみを増やしてしまうこともありますので、出来るだけ多く修正していきたいものです。この部分を効率良く変えていく為に役立つツールが上記のリンク先でご紹介しているツールです。とても簡単な方法で、質問に沿って入力していくこと(書くこと)でポジティブな回路をつくっていけます。

新着・更新情報をメールで受け取る

自分が自分の親になって
自分と向き合って心の深い部分を変える方法
「サヨナラ・モンスター」

自分が自分の親になって自分と向き合って心の深い部分を変える方法「サヨナラ・モンスター」
心の苦しみを減らすには認知を変えれば良いのです。しかしそれを変えることは難しい場合もあります。そこで、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

極度のあがり症改善に特化した教材(公認心理師制作)

極度のあがり症を改善し、スピーチの全国大会で準優勝した公認心理師(国家資格)が、あがり症改善に特に効果のある各種心理療法と、スピーチ・プレゼンに必要なスキルをまとめました。既存の話し方教材・教室では解決できない課題解決が期待出来るレベルの教材です。
あがり症改善プログラム
~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~
(大手販売サイトの体の悩み・健康カテゴリーのランキングで1位になることが多い教材)

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

コメントを投稿する(レビューは最下部)