繊細で敏感で感受性が高い能力者の方へ。HSPを精神障害や発達障害と誤診!これからは内向型人間の時代!内向型人間の時代到来!

 2021年11月28日
20906 views
繊細で敏感で感受性が高い能力者の方へ。HSPを精神障害や発達障害と誤診!これからは内向型人間の時代!内向型人間の時代到来!

この記事は数年前に書いた記事ですが、記事内容のほとんどを修正したので新規投稿として投稿しました。

HSPはHighly sensitive person(ハイリー・センシティブ・パーソン)のことです。

ハイリー・センシティブ・パーソン(英語: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。

引用元:ハイリー・センシティブ・パーソン – Wikipedia

HSPは病気ではなく、生まれ持った「気質」であり、脳の情報処理の神経回路が外向型の人と違うとのこと。これは先天的なものです。(後天的になる場合もある)と言われています。

※気質とは、

気質(きしつ、かたぎ、temperament)とは、人間や哺乳類などの動物の集団が先天的にもっている刺激などに反応する行動特性である。 性格と同一視されやすいが、性格は気質から作られる各個体の行動や意欲の傾向である。

引用元:気質 – Wikipedia

前からずっと僕は自分がHSPではないかと思っていました。インターネット上で出来るHSPチェックを行うとHSP気質が高いという結果でした。そこで、少し前に僕のパートナーが、「僕とパートナーはHSPだと思うから読んでみよう?」ということで買ってきてくれた本。時間ある時に読んでみよう。

自分が「HSPではないか」と思う方はぜひ読んでみて下さい。

「洗脳」が本格化してくると同時に「虐待」も更に深刻化していくのがこれからの流れです。つまり「洗脳されない」ことが「虐待を増やさない」ことに繋がる。虐待者は洗脳されて自分を見失って弱い者に八つ当たりしている。

今から約16年前に日本人の多くは洗脳されていった…。その結果、虐待やいじめも増えた。今後、人は、洗脳も併せて「差別」を楽しみ、「差別」を娯楽にし、「差別」を趣味にしていく。洗脳を防ぐには!?

過去にお伝えしたことですが、世の中はますます本格的な洗脳時代へと向かっています。それは言い換えれば「本当の自分」を守っていく、または、本当の自分を取り戻すチャンスでもあるのです。だから自分たちの心は自分たちで守らなくてはいけません。今時、昔のように暴力や力で強制的に支配する時代ではありません。現代では「本人が自らそれを選び取るように誘導」する巧みなマインドコントロールの時代です。つまり巧妙なプロの詐欺師のような者による鮮やかな手口(心理操作)で騙していく時代なのです。

そんな見抜くことさえ難しい心を静かに攻撃される時代。そこで役立つ能力者が超高感度人間「HSP」の人なのです。

本の表紙をめくったところに書いてあることです。納得。HSPのような敏感な人たちがいるから防衛できることもある。一つの能力。今は心を守る時代。本格的な洗脳時代。敏感さがなければ知らないうちに洗脳されていきます。

前にもやったことあるけど、今、再度HSP度をチェックした。23項目中12項目当てはまれば恐らくHSP気質とのこと。僕は20、パートナーは17当てはまった。多いほどHSP度が高いそうです。僕はやはりHSPかもしれない。

もう1度HSPについての引用文を読んでみて下さい。

ハイリー・センシティブ・パーソン(英語: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。

引用元:ハイリー・センシティブ・パーソン – Wikipedia

僕は10代の頃は引用にあるように大きな音や眩しい光は全く平気でした。しかし、現在では大きな音や眩しい光、例えばパチンコ屋とかは苦手です。長い時間いることは出来ません。すぐに出てしまいます。それは自分でも原因はわかっていました。パチンコ屋の大きな音や光、あれは、「洗脳されやすい変性意識状態」になってしまうからです。ここでは深くは書きませんが、パチンコ依存症とも深い関係があるのです。

当然、洗脳嫌いな僕は「洗脳されやすい変性意識状態」になる場所で拒否反応が出るのです。自分を大切に思えば「この原因不明の不調は体が嫌がっていることを教えてくれている」とわかってきます。

繰り返しますが、

HSPは病気ではなく、生まれ持った「気質」であり、脳の情報処理の神経回路が外向型の人と違うとのこと。これは先天的なものです。(後天的になる場合もある)と言われています。

HSPは病気ではなく気質のことで、後天的になる場合もある。僕の場合は10代の頃は全く平気だったので、後天的なHSPだと思います。

ただ、日本ではまだHSPの専門医が少ないため、病気ではないHSPを誤診することが少なくないと精神科医の方の本でも言われています。僕もずっと「誤診」がムカついていました。中には「わざと誤診」しているケースもあるのかもしれないと思ったほどです。それはさておき。

HSPに関しての専門家が少ないため、問題の無いHSPを精神障害や発達障害と「誤診」されていることがあるのです。なぜ誤診されるか。本によると、日本の多くの医師や心理士はHSPの知識がないらしい。だからHSPを精神障害とか発達障害と誤診している場合もあるとのこと。やはりHSPも含めた幅広い知識のある精神科医が信頼出来ますね。アメリカのほうがHSPへの理解があるそうです。「日本はHSPに関しての理解がかなり遅れている」そうです。理解の限度を超えると人は決めつけたがりますが、それと似ている感じがしますね。

本を読んで「なるほど。」と思ったこと。敏感さや神経質を「治す」のではなく「能力として受け入れてうまく付き合う」ことが大事。この考えは自分を肯定している素晴らしい考えだと僕も思う。何故かと言うと、子供の時から繊細で感受性が高く敏感だった僕はそれを徹底否定され「鈍感で強い男であること」が素晴らしいと叩き込まれたので僕にとってはHSPという概念は「ありのままでよい」と確信できる救いの1つでした。

今ではHSPの繊細で感受性が高く敏感なのは「能力」だと思っています。敏感な気質は「生物の生存戦略」で研究者によると生物の2割(5人に1人)がHSPだそうです。そしてHSPは病気ではなく気質で、発達障害などと誤診されることもあるとのこと。発達障害の人は実はHSPだった…という可能性もあると思います。北海道立緑ヶ丘病院にHSPに詳しい精神科医がいる。

敏感な人には敏感だからこその役割があり、鈍感な人には鈍感な人の役割がある。どちらも欠かせない存在。互いの違いを理解し合うことが大切。敏感な人の意見は大事にするとプラスになることが多いと思う。自分の役割に落ち着くことが本当の自分の人生を生きるということ。

自分がHSPかもと思う場合は、誤診される前にHSPの専門家を訪ねることが大切です。HSPの知識が無い医者の元を訪ね、誤診されたらそれこそ大変です。誤診によるレッテル貼りの効果は絶大ですから思い込んで悪化する可能性もあるかもしれません。北海道なら北海道立緑ヶ丘病院(HSPの臨床医がいる)が良いと思います。

そのHSPの方の約7割は内向型だそうです。内向型の人は過度に繊細で第六感に優れていて、今までは否定されがちでした。外向型の人のほうが必要とされやすい傾向が強かったのです。

しかし、現代は内向型人間の時代です。何年も前に「これからは内向型人間の時代」とお伝えしてきましたが本当にそう変化してきています。内向型人間の時代到来というわけです。色々な意味で逆転してきました。昔、立場が強かった外向型人間の支配者。現代では力を無くしてきています。

内向型人間の時代に興味がある方は以下の本を読んでみて下さい。自分をありのまま認めて、眠っている能力を受け入れて下さいね。


内向型の関する本の一覧

つまり、毒親の悪影響を訴える方の中には、HSPが多いのではないか?と僕は思っています。何故なら先ほど書いたように、敏感な気質は「生物の生存戦略」で研究者によると生物の2割(5人に1人)がHSPだそうです。つまり、生きるために敏感になる必要があった。だから成るべくして敏感になっている。機能不全家庭や毒親、心理的な虐待などが日常的にあれば敏感にならないと生き残れない場合もある。まさに「生物の生存戦略」です。

HSPがもっと広まれば、毒親と、子供も、きっと心からの和解が出来るときがくると思います。生まれ持って敏感すぎるのですから、毒を猛毒と感じても、それは正常だという事です。防衛のために必要な能力です。

敏感な部分をプラスに生かせば、凄まじいほどの能力になります。内向型の人は、自信を持っていいのです。外向型の人には、外向型の魅力や能力があり、内向型の人には、内向型の魅力や能力があります。

HSPの人や内向型の人は1人でいるときにエネルギーを充電できます。なので1人の時間を大切にすると良いです。

そして、以下の引用を読んで下さい。

HSPを専門に診ることのできるハイパーコンサルディング・ジャパン 代表の須藤裕司氏は、普段は…

引用元:敏感すぎて困っている自分の対処法のP180より

こちらのHSPを専門に診ることが出来る株式会社ハイパーコンサルディング・ジャパン 代表取締役 須藤裕司さんが提供している感じるだけで自由になれる幸せの12ステップという自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法があります。

あなたが、自分はHSPだと思い、生きづらさを抱えているのなら、感じるだけで自由になれる幸せの12ステップを試してみてはいかがでしょうか。

 

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )