「現代版の呪い」匿名掲示板を悪用して誹謗中傷や嘘と事実を歪曲をして相手のイメージを捏造する精神的な嫌がらせをする者は自滅へと進んでいる!

「現代版の呪い」匿名掲示板を悪用して誹謗中傷や嘘と事実を歪曲をして相手のイメージを捏造する精神的な嫌がらせをする者は自滅へと進んでいる!

匿名掲示板を悪用して誹謗中傷や嘘と事実を歪曲をして相手のイメージを捏造する精神的な嫌がらせをする者を気にする必要はありません。無視しておけばよいです。何故なら嘘や事実の書き込みを繰り返す者は「時間の問題で自滅」するからです。

掲示板に書き込みをする行為は「アウトプット(出力)」になります。学習の基本は「インプット」と「アウトプットです。そして「アウトプット」をすることで学習効果が一気に高まるのです。

先ほども書きましたが掲示板に書き込みをする行為は「アウトプット」になります。

つまり、日々、来る日も来る日も誹謗中傷や嘘と事実を歪曲をして相手のイメージを捏造する精神的な嫌がらせの書き込みを繰り返すことで「自分と自分が見ている現実を歪める学習」を自分で繰り返していくのです。

その先に待っているものは「恐ろしい結末」であり「自滅への道」です。

人は繰り返したことが無意識(潜在意識)に蓄積されていき、それがやがて自動(無意識の癖)になります。誹謗中傷や嘘と事実を歪曲をして相手のイメージを捏造する精神的な嫌がらせの書き込みを繰り返すことで彼らは「嘘つきになる訓練」「現実が歪んで見えるようになるための学習」をしています。

それが本人のとっては当たり前の癖となっていくのです。そして無自覚で嘘や事実の歪曲を行うようになっていくのです。その繰り返しで癖になってしまうと、物事を正しく見れなくなってしまい、壁のシミを見て本気で「幽霊だ!」とか幻覚に苛まされるかもしれません。

自分で自分の精神を崩壊させるための訓練をしているというわけです。その恐ろしさは、無意識のクセは改善しようと思っても中々出来ない点から考えても明らかです。

ですので、あなたがもし匿名掲示板で嘘や事実の歪曲をして捏造する精神的な嫌がらせを受けているのなら、相手は「自滅の為のトレーニングをしていると理解して無視する」ことが良いかと思います。

そして、「表現の自由」と「誹謗中傷や名誉毀損」の境界は曖昧でわかりにくいかと思いますが、度を越さなければ「表現の自由」として許容することも大事な場合もあるかと思います。

しかし、その境界線があいまいな部分を巧みに悪用し、ジワジワと些細なこと×繰り返しでダメージを与えようとする悪質な者もいます。

他者の人生の課題は背負う必要はありませんから、そういったことを行う人間は自業自得です。放っておけばいいのです。もし匿名掲示板に誹謗中傷や嘘と事実を歪曲をして相手のイメージを捏造する精神的な嫌がらせの書き込みをされている人がいたらこの記事を教えてあげて下さい。

ただ、誹謗中傷で自殺をされてしまう人もいます。それだけ誹謗中傷は悪質で心を殺す行為です。しかも周囲は軽く考えることが多いので当事者は誰にも苦しみを分かってもらえず、一人で溜め込んで自殺をすることもあります。

1人の人間が自殺をするくらい酷いことなんです。

そして、誹謗中傷の厄介なところは、長期的な記憶としてトラウマ化する可能性があることなんです。言い換えれば「現代版の呪い」です。

ですから、このことは甘く考えないでください。あなたが誹謗中傷で深く傷ついているのなら、絶対に甘く考えずに正しい処理をして下さい。

このような誹謗中傷によるダメージは心の奥に浸透していき、それが「蓄積することにより」自殺するくらいのダメージになる場合があるのです。

つまり、トラウマ化させないために、蓄積させないことが必要になります。誹謗中傷されて傷ついたときに、そのことに執着せず、とりあえず「プラスな感情」が生まれることをやって下さい。楽しいこと、嬉しいこと、など。そうしないと、誹謗中傷によるマイナス感情が蓄積されて行ってしまいます。

それが、「現代版の呪い」として、あとあとダメージがジワジワ出てくることにも繋がる可能性があるのです。つまり、誹謗中傷されているあなたは、戦う必要があるのです。直接戦う必要なんかありません。

誹謗中傷されたら、それを超えるプラス感情を生み出すのです。相手が100回やてきたら、あなたは120回プラスな感情を生み出すことをやり、打ち勝つのです!そうすれば、マイナスな感情が蓄積されずにすみますし、そんなものは海の藻屑と化すのです。

そして、どうしても邪魔になる場合は、民事裁判を起こして、書き込み者を特定し、損害賠償請求をするというのも1つの良い方法です。狡賢い奴は平気でうそをついて逃げようとしますが、法の名のもと、お日様の光の下に照らしてあげたらよいのです。

実名も、住所も知ることが出来ます。あとは、ゆっくり、法的手段で進めていくことが大事なことです。ですのでお子さんが誹謗中傷で悩んでいたりする場合は、決して、軽く考えずに、慎重に、大切に、ゆっくり、情報収集しながら動いてください。

心は、守らないといけません。狡賢い、小賢しい嫌がらせ人間からの攻撃を受け続けることは決してあっていけないことです。徹底して、首根っこを摑まえて、はっきりさせることも必要な場合もあるでしょう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)