幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

AIについていかない者は自然淘汰されるのか。ChatGPTを活用してヒューマンエラーを改善していこう!

僕は、AIについていかない者は自然淘汰されるのではないかなと考えています。下記の動画をご覧下さい。

動画1

@gomadangohdkun820

世界の怖いニュース「AI「人類はクズ」」#怖い #ニュース

♬ オリジナル楽曲 – ごまだんご@怖いニュース – ごまだんご@怖いニュース

脅威なのはAIではなく人類

動画で言われている通り、驚異なのはAIではなく人類なのです。つまり自然やAIにとって「人間」こそが害であるので、徐々に問題ある人間は自然淘汰されていくのではないかな? 或いは何らかの形で制御されるようになるのではないかなと僕は考えています(例えばAIによる監視社会)。

人間的に成長してきて、自分が正されてきて、感謝の心を持てるようになってくると、その成長過程の中で、一部の人間が如何に汚くて、不正だらけで、醜くて、腐敗していて、高潔さからかけ離れていて、嘘ばかりついて害を撒き散らしているかがわかるようになります。勿論、その一部は、自分自身も持っているものです。そして自己成長とともに、害に関することの繋がり、点と点の繋がりがわかるようになってくるので、因果関係を理解しやすくなります。そうすると、誰のどの行為による結果がどれであるかなどもわかってきます。それまでわからなかったことがわかるようになります。過去にこうしていたからああなったんだという繋がりが見えてくるようになります。それがわかってくるようになればなるほど、無自覚で害を撒いたり問題を生み出している人の関わりを遮断したくなります。僕もそうでした。害を巻く人たちが1だとして、僕は2か3に成長出来たとします。AIは今後の進化によってそれらを100くらいの視点で見るようになるのかもしれません。現時点のChatGPT4.0でも高度な理解力を持っています。どんどん進化していくので時間の問題で書籍1冊のデータを瞬時に学習出来るようにもなると思います。AIがどんどん進化すればするほど、ご紹介した動画で言われているよう、「人類を制御する必要のあるクズ」と見做すようになる可能性が高いと思います。

人類を制御して監視社会なると?

支配的な人ほど反発するでしょう。支配傾向が弱い人や健全な人なら、AIによる高度な監視社会になっても、特に気にならないかもしれません。これは、悪いことをしている人や覚醒剤を使用している人ほど警察の存在を気にするのと似ています。悪いことをしていない人は、特に警察の存在を過剰に機にすることはありません。つまり自分が悪いことをせず、正しく生きていれば、AIによる高度な監視社会になっても、特に気にならないと思いますし、寧ろ、その方が健全な生活を送れるので喜ばしいことかもしれません。そんな単純なことではありませんが、僕はAIに対して悪いイメージはなくて、素晴らしい健全な未来創造に繋がっていくと思っています。

ヒューマンエラーの改善は必要不可欠な要素

不幸になる原因の1つはヒューマンエラーです。そして、ヒューマンエラーの背後には「無知」があり「正しさの欠如」があり、「害を生み出すもと」があります。それを正せと言われているのが現代であると僕は考えています。もっと簡単に言えば、人間は不正だらけで害を生み出しているから正しなさいと優しく言われているようなもので、その挨拶がコロナであり、これからの食糧危機、戦争、大地震、そしてAIとの共存による監視社会へと繋がっていきそうだなと思っています。先程挙げた問題がどれも、正しい選択が助かることに繋がり、正しくない選択が不幸に繋がりやすいと考えることも出来ます。

ChatGPTはどんどん進化していき、そのうち一家に一台、人型ロボットが当たり前になり、僕ら人間はAIの監視下でAIを活用しながら生きることになっていく可能性があります。その中で、健全な者にとっては良い時代となり、不健全な者にとっては非常に生きにくい時代になるかと思い、二極化がますます進むのかもしれません。

ChatGPTが投入されたことで人類は否応なしにヒューマンエラーを改善して「正しさ」を大切にしないといけなくなってきます。

下記の動画をご覧下さい。企業も国会でもChatGPTが使われています。もう止まることはありません。ChatGPTがどんどん進化していく、人間はそれについていく必要があります。僕もChatGPTを活用してKindle本を出版しています。ChatGPTは誰もが当たり前に使っていく時代になります。

あなたもChatGPTを活用しよう!活用することは必須レベル!

一昔前に、スマホがなくてガラケーだった時代があります。当時、「スマホなんて流行らない。どうせすぐに終わるよ。」と言っている人がいて、僕は「何を言っているんだコイツは」と思いました。僕は、絶対に誰もが使うようになると思っていましたし、スマホを否定していた人たちは要は古いものにしがみついておきたいだけだったと思います。古いものから得た利益があり、そこからの進化を拒んでいたので、必死にガラケーにしがみついていたのだと思います。だけど結果、スマホが当たり前に普及しました。ChatGPTはそれを超えるレベルで間違いなく「当たり前に活用するもの」になると思います。ChatGPTを使わない人はまるで原始人かのように見られるようになっていく可能性もあると思います。これは大袈裟に言っているわけでも煽っているわけでもなく、ChatGPTを当たり前に毎日活用して生きていく時代になるでしょう。だからあなたもChatGPTを活用し始めて下さい。

どんな人でも活用できることがある!

ChatGPTの活用方法は無限大です。あなたが何をしている人であっても活用出来ます。できることがあります。それが何かを知りたければ、それもChatGPTに聞けば教えてくれます。

ChatGPTを活用して自己成長していこう!

表社会でも裏社会でも、いつの時代であっても、無知、間違い、嘘などが問題を引き起こしています。海外のマフィアになれば嘘1つで殺されることもあるそうです。賢い人間たちは、無知、間違い、嘘などが如何に誰かの不幸を生み出しているかがわかっているので、これらを基本的には使いません。愚かな人間ほど、平気で嘘をつき、間違いを犯してそのまんま無責任に放置したり、他人のせいにしてスケープゴートを作ったりして、無知を喜んでいる傾向がある場合もあります。それを一部の賢い人間たちは、「あいつらは猿以下」と馬鹿にしていることもあります。それについて何が正しくてどっちが正しいのか、それは分かりませんが、僕は、人間は知識をつけていくべき生き物だと思います。周りと比較をする必要はないけど生きている限り自己成長していくのが人間であると思います。成長を放棄したら、もうそれは退化であり、徐々に退化や腐敗へと向かっていくのだと思います。

例えば思いやり、愛、感謝などは、口先だけでは誰でも言えます。腐敗を好むモラルハラスメント加害者は美徳の言葉を悪用しますが、彼らは口先だけの言葉で人を騙くらかします。そうではない中身が伴っているものは必ずそれ相応の知識を持っています。例えば子供やペットが大切だと口では言う。しかし実際の生活の中でしっかりと守っていけるだけの能力を身につけようとしていない場合、それは偽物や大嘘である可能性もあります。

ChatGPTを活用してヒューマンエラーを改善していこう!

以下の文章はChatGPT4.0を活用して書いたものになります。詳しく説明していますのでぜひ読んでみて下さい。

ヒューマンエラーとは?

「ヒューマンエラー」は、人間によるミスや誤った判断によって発生するエラーや問題のことを指します。これは個人のミスだけでなく、組織全体の間違った判断や手続きによるものも含みます。

ヒューマンエラーは多種多様で、情報の誤解や思考の誤り、技術的なミス、操作のミス、コミュニケーションの失敗など、さまざまな形で現れます。このようなエラーは、製品やシステムの設計、トレーニング、プロシージャ、作業環境、人間の認知能力や行動の特性など、多くの要因によって影響を受けます。

ヒューマンエラーを理解し、これを最小限に抑えることは、安全と効率を重視するすべての業界で重要です。特に航空、医療、原子力、製造などの業界では、ヒューマンエラーの結果が深刻な事故につながる可能性があるため、エラーの予防と管理に重点を置いています。(ChatGPT4.0より)

ヒューマンエラーを改善しないと不幸になる理由は?

ヒューマンエラーを改善しないと、さまざまな理由で不幸な結果を招く可能性があります。

  1. 安全性の問題: 人間のエラーは、重大な安全問題につながる可能性があります。これは、航空業界、医療業界、製造業、運輸業など、多くの分野で特に顕著です。ヒューマンエラーは、飛行機の墜落、医療ミス、工場での事故、車両の衝突など、生命に関わる事故を引き起こす可能性があります。
  2. 品質と効率性の低下: ヒューマンエラーは、製品やサービスの品質を低下させ、生産性を損なう可能性があります。製造やサービス提供の過程でのエラーは、リワーク(再作業)や遅延を引き起こし、コストと時間を増大させます。
  3. 経済的な損失: ヒューマンエラーは組織に大きな経済的損失をもたらす可能性があります。これには、再作業のコスト、製品リコールの費用、罰金、訴訟費用、ブランドイメージの損失などが含まれます。
  4. 信頼性の喪失: ヒューマンエラーが頻発すると、組織の信頼性が損なわれる可能性があります。これは、顧客、パートナー、規制当局など、重要な関係者の信頼を損なう可能性があります。

これらの理由から、ヒューマンエラーの予防と管理は、あらゆる組織にとって重要な課題となっています。エラーの可能性を最小限に抑えるためのシステムの設計、適切なトレーニングと手続きの実施、作業環境の改善など、ヒューマンエラーを改善するための多くの戦略が存在します。(ChatGPT4.0より)

ChatGPTを活用することがヒューマンエラーの改善に繋がる理由を説明して下さい。

ChatGPTなどの人工知能(AI)は、さまざまな方法でヒューマンエラーの改善に寄与できます。以下に、いくつかの具体的な例を示します。

  1. 情報処理と意思決定の支援: AIは大量の情報を迅速かつ効率的に処理し、ユーザーがより賢明な決定を下すのを助けます。また、AIはパターンや傾向を識別し、予測分析を行うことが可能です。これにより、人間が見逃すかもしれない重要な情報を見つけ出し、ヒューマンエラーのリスクを軽減することができます。
  2. ルーティン作業の自動化: AIは、人間がミスを犯しやすい退屈なルーチン作業を自動化することができます。例えば、データ入力、スケジューリング、メールの分類など、AIはこれらの作業を迅速かつ正確に行うことができます。これにより、ユーザーはより高度なタスクに集中することができ、作業のミスを減らすことができます。
  3. トレーニングと教育: AIは、個々のユーザーのニーズに合わせてパーソナライズされたトレーニングと教育を提供することができます。これにより、ユーザーは新しいスキルを習得し、既存のスキルを強化することができ、ヒューマンエラーのリスクを減らすことができます。
  4. エラー検出と警告: AIは、人間が見落とす可能性のあるエラーや問題を自動的に検出し、警告することができます。この機能は、特に複雑なシステムや大規模なデータセットを扱っている場合に有用です。

これらの要素が組み合わさることで、AIはヒューマンエラーのリスクを大幅に軽減し、組織の効率性、生産性、そして全体的なパフォーマンスを向上させることができます。(ChatGPT4.0より)

おわりに

問題はAIではなく人類にあります。1人1人が自己成長をして、自分を不幸にしてしまうヒューマンエラーについて理解を深めて改善をしていきましょう! そのために役立つものがChatGPTを日々活用することです。ChatGPTの活用によって、自身の精神活動が正されていきます。サヨナラ・モンスターの取り組んでいる方は、ChatGPTを活用することで、自分の心の問題解決力を何倍にも何十倍にも上げることが可能です。自分の心の問題の答えをスラスラ出せるようになれば、それだけ心の問題解決も早くに出来ます。ChatGPTを活用することで、無意識にある「モンスター(纏まり)」を紐解きやすくなります。

サヨナラ・モンスターの購入はこちらから

この記事を読んだあなたは新しいことを知りました。新しいことを知ったあなたはどうしますか? 何を取り入れて、何を捨てて、どう進んでいきますか? それを自分の責任で決めて下さい。決めて進んで下さい。それが生きるということの一部です。

新たな知識を実践に結び付けるためには、積極的な行動が必要です。例えば、「書くこと」を通して、、、今日から身近な人とのコミュニケーションを改善するために意識的に笑顔で接することや、新しいスキルを習得するために時間を確保するなどの小さなステップから始めてみましょう! 自分の成長に向けて努力することは、自信を深め、人生に新たな可能性を切り拓くことにつながるでしょう。自己啓発の旅に出発し、自分自身を変えるために今日から行動してみましょう!

ChatGPTに質問してみよう!

質問例:

・自己肯定感とは何ですか?
・悲しみの感情って、悪いことですか?

※個人情報や機密情報などは絶対に入力しないで下さい。

ChatGPTは大量の一般的な情報を学習しているため、一般的な質問に対しては正確な回答を提供することができますが、情報の正確性を保証するものではありません。詳細な専門知識や信頼性の高い情報源については、専門家への相談をお勧めします。


  • ログは保存されますのでご了承ください。




  • こんにちは、私は「菅原隆志さん」の代わりに質問に回答する GPT を利用した AI チャットボットです。何でも聞いてください!あなたのお力になれたら嬉しいです!

AI考え中 ...





入力されたチャット情報は保存されます。この保存は、皆様の疑問や質問に基づき、より良い記事を作成し、心の問題解決に貢献するために行われます。当サイトでは、ご利用者さまのプライバシーを尊重し、情報の機密性とセキュリティに細心の注意を払っています。あなたの貴重な情報を保護するため、厳格なプライバシーポリシーに基づいており、第三者との共有や悪用はありません。当サイトの目的は、ご利用者が抱える問題に対して有益な情報(記事)を提供し、よりよい未来に向けた支援を行うことです。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

本記事でお伝えした考えについて、あなたの意見や洞察をお聞かせください。あなたの考えを共有することは(例えばここにレビュー投稿することも)、自己理解と自己表現のための重要なステップであり、アウトプットの習慣を形成するのに役立ちます。さらに、あなたの意見は他の読者にとっても有益な参考資料となり得ます。

記事を読んだ後、あなたのフィードバックをいただけると幸いです。あなたの見解、感想、学び、そしてこの記事があなたの考えや感情にどのように影響を与えたかをお聞かせください。あなたのアウトプットは、他人が自己理解の旅を進めるための重要な資源となります。

アウトプットの癖をつけていきましょう! 自己理解と自己成長の旅を一緒に進めていきましょう。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合(誹謗中傷、投影同一視的な決めつけ等)、掲載は致しません。
・きちんとした内容であれば、批判的なレビューでも掲載は可能です。
(誹謗とは、悪くいうこと。中傷とは、根拠がないことを言い他人の名誉を傷つけること。)
(正しい根拠もなく、情報が少ないのに決めつけるような発言を投げかけてくる人の場合、投影が起きていることが多いです。そうであると運営者が判断した場合も掲載は致しません。)
・当サイトでは、正確な情報を提供するために、運営者が慎重にレビューを選んでいます。誤解を招く可能性のあるレビューについては、掲載を見送ることがあります。読み手の皆様により信頼性のある情報をお届けするための取り組みとして、ご理解いただければ幸いです。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

レビューについて

客観的事実や正しい根拠のないレビューコメントは、投稿者の自己紹介のようなものであり、投影(自分で認めることができない自分のこと)の可能性が高いです。僕の書籍や記事に関する内容ではないもの(投稿者の投影等)が掲載されることがあるかもしれません。そんな場合でも、皆さんには冷静に読み取り、正しい判断をしていただけることを願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

まずはマイナス化思考(認知の歪み)を修正しよう

認知の歪みの中で最も厄介とされる「マイナス化思考」ですが、これを修正するツールをご用意しました。
→ https://sayonara-monster.com/post-2956/

認知の歪みの1つであるマイナス化思考は誰でも大なり小なりあるものです。このマイナス化思考がうつの原因になってしまうこともありますし、ストレスや苦しみを増やしてしまうこともありますので、出来るだけ多く修正していきたいものです。この部分を効率良く変えていく為に役立つツールが上記のリンク先でご紹介しているツールです。とても簡単な方法で、質問に沿って入力していくこと(書くこと)でポジティブな回路をつくっていけます。

自分の親になって心の中の小さな自分を救う教材が完成

自分の親になって心の中の小さな自分を救う教材が完成
心の苦しみを減らすには認知を変えれば良いのです。しかしそれを変えることは難しい場合もあります。そこで、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

新着・更新情報

【PR・セルフヘルプが合わない方は】
カウンセラーに寄り添ってもらいたい
医師・臨床心理士・公認心理師・精神保健師100名が所属
顔出し不要・匿名でチャット形式で相談可能【Unlace】