根も葉もない噂を流されたり事実の歪曲の繰り返しで心を傷つけられた時は「受け入れない」と強く決めましょう!

根も葉もない噂を流されたり事実の歪曲の繰り返しで心を傷つけられた時は「受け入れない」と強く決めましょう!

根も葉もない噂を流されたり、事実の歪曲の繰り返しで心を傷つけられた時などは悔しい思いをするでしょう。そして、目の前にその相手がいたら懲役覚悟で殺してしまいかねないくらいの殺意が湧くことは人生の中で一度はあるのではないでしょうか。私もあります。根も葉もない噂を流したり、事実の歪曲の繰り返しで人を傷つけて楽しむような匿名掲示板を悪用する者を懲役覚悟で殺してしまいかねないくらい殺意が湧いたこともあります。

あのような不気味で陰湿な嫌がらせは懲役30年にするくらい人を傷つけます。そこで、根も葉もない噂を流されたり事実の歪曲の繰り返しで心を傷つけられた時に、簡単に誰でも出来る対処法を教えます。その1つは「受け入れない」ことです。

私たちが根も葉もない噂を流されたり、事実の歪曲の繰り返しで心を傷つけられた時は、相手が流した根も葉もない噂や、事実の歪曲の繰り返しを、心で受け入れているから傷つくのです。相手の陰湿な嫌がらせを受け入れているから傷ついてしまうのです。

心の世界は何者にも縛られない自由な世界です。ですから、根も葉もない噂を流したり、事実の歪曲の繰り返しで心を傷けて楽しむようなカスは一切受け入れないと決心すると良いです。そして目を閉じて「心に無断侵入したり傷つけようとする者は一瞬で粉々に粉砕して燃え尽きる」と力強くイメージと共に断定的に思う事で心は傷つけられなくなります。それでも傷ついてしまう人は、繰り返し繰り返しイメージトレーニングをしていけば徐々に傷つけられなくなります。

スポーツ選手がイメージトレーニングで効果を出すように、この方法は繰り返すことで強力な効果を発揮し自分軸で生きていけるようになります。自分の心の世界は何者にも縛られない自由な世界です。その心をむやみやたらに明け渡してはいけません。その為に自分の「心の管理者」として自分が成長していく必要があるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)