アドラー心理学では「子は親の価値観を無視できない」と言われています。

アドラー心理学では「子は親の価値観を無視できない」と言われています。

アドラー心理学では「子は親の価値観を無視できない」と言われています。親の価値観を背負わないと生きていけない場合もあります。だからこそ、その価値観を捨てていく必要があるのです。親子であっても別々の人間ですから。

子供は両親が持っている価値観を 無視することができない。 全面服従して受け入れるか全面反抗するのだ。 警察官の子供なのに 非行に走ることがあるのは、それが理由である。

 

引用元:アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉の54より

このように家族にある価値観を子供は無視できないので、自分で「全面服従」または「全面反抗」するかを決めます。私個人は「全面服従」と「全面反抗」の両方を経験しました。どちらも自分の人生には好ましくない事でした。

だからこそ、その価値観を捨てていく必要があるのです。自分が幸せになるには自分軸で生きて自分の人生を生きる必要があるので、親の価値観は捨てても良いのです。親子であっても別々の人間ですから、価値観が違って当たり前ですし、違う価値観を認め合える事こそ素晴らしいことだと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
アドラー心理学では「子は親の価値観を無視できない」と言われています。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
アドラー心理学では「子は親の価値観を無視できない」と言われています。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)