人生観とは?自分の輝く器にプラスを多く入れよう!感情は解釈の結果、生まれるのです。

3238 views
約 3 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧

img_1

人のは10あるとすれば、その10にプラスとマイナスをどんな割合で入れるかが大事です。つまり、目の前の対象から良いところを見るのも悪いところを見るのも自分次第なんです。マイナスプラスなら、何をみてもマイナスにしか見えやすい。だけどマイナスプラスなら何をみたってプラスに見えやすいのです。同じものを見ても自分の器の中に何を入れるかでこんなに違うんです。

自分が成長して器が大きくなって10から50にパワーアップした場合、マイナスが入ってしまう確率も高くなるので、自分が成長すればそれだけマイナスになりやすいので注意が必要です。

<<下に続く>>

これを人生観といいます。人生観とは「人生の目的や本質について持つ考え方」の事を言います。感情に呑まれるではなく、自分がどんな感情を使うかが大切なのです。私たちは勝手に感情が生まれていると思い込んでいますが、感情は私たちの解釈の結果、生まれているのです。感情発生のメカニズムは、科学的に効果が立証されている認知療法で、既に明らかなことですが、現実で起こる出来事を次から次へと解釈して、その解釈の結果、感情が作られているのです。つまり同じ出来事でも人それぞれ生まれる感情が違うのも解釈が違うからです。

その解釈の結果、作られている感情。この感情の合計で人生観は決まるのです。つまり、プラスな感情を作り出せば出すほど人生観もプラスなものとなるのです。例えば旅行先で楽しむこと=人生観と考えてみて下さい。そこに車で移動するにはガソリンが必要です。これと同じで私たちの感情がガソリンなのです。認知とは解釈する過程のことを言います。ですので認知の歪みを修正することが大事なのです。認知の歪みを修正するというのは、解釈する過程が変わるという事です。解釈する過程が変わると生まれる感情も変わってくるので人生観が変わるという事です。

ですので、プラスな感情を作り出すトレーニングが大事になります。そのトレーニングはプラス感情トレーニング「emotion plus」ですが、メールと自分のやる気次第で、いつでも出来ます。

ここでは感情は勝手に出て来るものではなく、私たちが自覚していてもいなくても、解釈の結果、感情が生成されていると覚えておくと良いです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)