人生観とは?自分の輝く器にプラスを多く入れよう!感情は解釈の結果、生まれるのです。

2838 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

img_1

人のは10あるとすれば、その10にプラスとマイナスをどんな割合で入れるかが大事です。つまり、目の前の対象から良いところを見るのも悪いところを見るのも自分次第なんです。マイナスプラスなら、何をみてもマイナスにしか見えやすい。だけどマイナスプラスなら何をみたってプラスに見えやすいのです。同じものを見ても自分の器の中に何を入れるかでこんなに違うんです。

自分が成長して器が大きくなって10から50にパワーアップした場合、マイナスが入ってしまう確率も高くなるので、自分が成長すればそれだけマイナスになりやすいので注意が必要です。

<<下に続く>>

これを人生観といいます。人生観とは「人生の目的や本質について持つ考え方」の事を言います。感情に呑まれるではなく、自分がどんな感情を使うかが大切なのです。私たちは勝手に感情が生まれていると思い込んでいますが、感情は私たちの解釈の結果、生まれているのです。感情発生のメカニズムは、科学的に効果が立証されている認知療法で、既に明らかなことですが、現実で起こる出来事を次から次へと解釈して、その解釈の結果、感情が作られているのです。つまり同じ出来事でも人それぞれ生まれる感情が違うのも解釈が違うからです。

その解釈の結果、作られている感情。この感情の合計で人生観は決まるのです。つまり、プラスな感情を作り出せば出すほど人生観もプラスなものとなるのです。例えば旅行先で楽しむこと=人生観と考えてみて下さい。そこに車で移動するにはガソリンが必要です。これと同じで私たちの感情がガソリンなのです。認知とは解釈する過程のことを言います。ですので認知の歪みを修正することが大事なのです。認知の歪みを修正するというのは、解釈する過程が変わるという事です。解釈する過程が変わると生まれる感情も変わってくるので人生観が変わるという事です。

ですので、プラスな感情を作り出すトレーニングが大事になります。そのトレーニングはプラス感情トレーニング「emotion plus」ですが、メールと自分のやる気次第で、いつでも出来ます。

ここでは感情は勝手に出て来るものではなく、私たちが自覚していてもいなくても、解釈の結果、感情が生成されていると覚えておくと良いです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ひとつ勉強になりました。
    トレーニング次第で良くなるんですね。

  2. 一度、マイナスの感情を持ってしまうとなかなかプラスにすることは難しいですよね。悪いところばかりを探している訳では無くても、人は無意識に解釈してしまっていると思います。トレーニングでプラス感情を持てるようになるのなら試してみたいです。

  3. 私は10あるとすれば
    マイナスの方が大きいのかなっと思います。

    勝手な感情が出る訳ではなく
    結果、生成されているのですね!

    ばっちり、頭にインプットさせて貰いました。

  4. 私の今後の目標は、まず器の中の不要なプライドや思考をゴミに出し、そして認知の歪みで黒ずんでしまった部分をピカピカに磨く。それからプラスな思いや大事にしたい強さや優しさ、癒しの心を入れて増やしていく事です。
    やがては花も飾れるような余裕も持てるようになりたいです。

    言葉を少しお借りして例えるとこんな感じです(^-^)b

  5. 凄くうなづけるご意見だと思います。

    器の大きさが一緒なら、プラスをたくさん入れていきたいところです。

    私は、ここ10年程は10のマイナスどころか、器を破壊して1000のマイナスで心を真っ暗にしていました。

    ここ4年程で、やっと壊してしまった器を直し、少しずつプラスが入れる事ができつつあります。

    器を全てプラスでいっぱいにするのはもちろん無理でしょうが、少しずつ、そして、器のサイズも大きくしていければ…と、思っています。

    人間始めて42年。

    「40は不惑」と言いますが、だんだんその境地に近付いているような気もしてきました。

    菅原さんも、お体大切に頑張ってください。

    これからもよろしくお願いいたします(・ω・人)(・ω・人)

    • ありがとうございます(*^_^*)

      器を破壊して1000のマイナスで心を真っ暗にしたからこそ見えるもの、感じれるものがありますので、
      そのことがバネになることで、素晴らしい素質が出てくると思いますよ^^
      内なる子どもを育てる内なる親になっていけば、素晴らしい個性が出てくると思います。

      40は不惑という言葉は分からなかったので調べてみました^^
      40歳になれば、道理を知って迷わないというような意味なんですね(*^_^*)

      私は10年若返りたいと思っていたのですが、この言葉を知って若返りたいと言う気持ちは要らないと感じました。
      40代の素晴らしさを証明するような言葉ですね(*^_^*)

      歳をとるっていいことだなとも私も思うようになりました。
      死ぬ瞬間まで向上をしていきたいなぁと思います。
      死ぬ瞬間に誰も泣かずに笑って死ねるような、そんな人生をおくってみたいなと(笑)

      こちらこそ、宜しくお願いします^^

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)