「自己愛性人格障害者は自分が大好き」という勘違いがよくありますが、自分が大好きなのではなく逆です。自分を好きになれず自分を信じれず不安だらけで、そしてその不安を隠しているのです。

「自己愛性人格障害者は自分が大好き」という勘違いがよくありますが、自分が大好きなのではなく逆です。自分を好きになれず自分を信じれず不安だらけで、そしてその不安を隠しているのです。

「自己愛性人格障害者は自分が大好き」という勘違いがよくありますが、自分が大好きなのではなく逆です。自分を好きになれず自分を信じれず不安だらけで、そして、その不安を隠しているのです。つまり自分の傷さえ自分でよく分かっていない状態なのです。

例えば、幼少期に徹底して親などから否定され、虐待を受けて育つことで、「自分は、特別にならなくては認めてもらえない」と無意識のうちに深く思い込んでしまう場合があるのです。

ですから改善していく為には「普通で良い」「特別になる必要は無い」「今のままの自分の価値を感じよう」と思っていく事が大事です。深い思い込みがあるので、何度も何度も繰り返していく事が大切です。

私も過去に「普通はゴミ」だと思っていた時期があるのですが、今では「普通のほうが良い」と思えるようになりました。そう変わるまで本当に苦しみました。

子供の時に存在をゴミのように扱われ、完璧以外を認めないと育てられると「普通はゴミ」だと思ってしまいます。そこから「普通のほうが良い」と思えるようになるには、一般的な人には分からない事だと思いますが、本当に難しいことなのです。

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)