過去の傷や苦しみは「勘違い」や「妄想」によって生まれる。過去の傷や苦しみを克服し乗り越えるには合理的に考えるようにして「理解」の力で癒せる。

6963 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

過去の傷や苦しみは「勘違い」や「妄想」によって生まれる。過去の傷や苦しみを克服し乗り越えるには合理的に考えるようにして「理解」の力で癒せる。

死刑囚に「今」いきなり変わりないさい。心を変えて更生しなさい。と言っても無理なように、心の問題は無数にある過去の妄想や勘違い、不条理などを一つ一つ紐解いていかなきゃ無理なので、学びながら成長し、理解力を高め「理解の力で自分を癒す」必要があります。

「理解」=「癒し」です。どうして心は「理解」=「癒し」なのかと言うと、心の癒しの反対である「心が病む」「心が傷む」は、殆どは「勘違い」や「妄想」によって起こるからです。

「勘違い」や「妄想」によって、善悪を判断したり、思い込みで決めつけたりして、嘘が増え、ねつ造が増え、傷ついていくのです。そして嘘が本当の暴力や虐待さえ生み出すこともあります。

このように、過去の傷や苦しみは「勘違い」や「妄想」によって生まれるのです。ですから過去の傷や苦しみの元となっている「勘違い」や「妄想」を解く必要があるのです。

「勘違い」や「妄想」を解く力があるのは「理解(理をもって解く)」です。この理解の力で「勘違い」や「妄想」が解ければ、過去の傷や苦しみは癒されていくのです。

そこに、良き理解者がパートナーとしていれば、更に助けになって回復はさらに早まるでしょう。

刃物で刺された傷を、明日までに治せと言われても無理なように、心も回復のプロセスがあるから、焦るわけにもいかないし、難しいものです。1つずつ理解を深めていくことが大切です。無理やり「もう傷はない!」と抑圧しても後からまた再発するだけです。

苦しみの根本原因は「勘違い」や「妄想」で、自分の学習不足や、機能不全家族などから植え付けられた無数の妄想を、一つ一つ紐解いていかなきゃ回復しにくいのです。

社会人となり頑張って生きていけば、それなりに学ぶこともたくさんあるので自然と回復していく仕組みもあります。それは社会全体が人の成長や人の苦しみを解くために貢献されているものだからです。

過去の傷や苦しみは「勘違い」や「妄想」によって生まれる。過去の傷や苦しみを克服し乗り越えるには合理的に考えるようにして「理解」の力で癒すことが出来るのです。

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。