親への恨みを解消、克服!「親を恨む」という事によって「親の愛に気づける」という最高の贈り物をいただきました。

親への恨みを解消、克服!「親を恨む」という事によって「親の愛に気づける」という最高の贈り物をいただきました。

親の愛情は、

自分が自分の親になった時に、

しっかりと感じることが出来ます。

いえ、

思い出すと言ってもよいかもしれません。

恨むことが間違いではない

親からの愛情を感じることが出来ない、自分は親から愛されたことがまったくない。そう思うこともあるでしょう。私も思っていました。そして親を恨んでいたこともあります。恨んだことは間違いではありません。恨むから恨みを通じて気づけることがあるのです。

「親を恨む」という事によって「親の愛に気づける」という最高の贈り物をいただきました。親からの贈り物

愛は確かにあった

親を恨んでいる時は、恨みばかりに心が囚われてしまい、一部分しか見ていない状態になります。そして親は自分を愛してくれなかったのだと思ってしまいます。

しかし、自分が自分の親になったり、与える側になったり、子供やペットを守ろうとしたりすることをやっているちに、ふと気づくことがあります。

例えば、うちはウサギを飼っていて庭で放して遊ばせていますが、トンビがウサギを食べようと狙って近寄ってきます。絶対にウサギをトンビに連れ去られないように安全をしっかり確保します。犬の安全も確保して、あれもやって、これもやってと…。そういったことなど、安全のために色々なことを考えて配慮して、結果を安全なものにすることは簡単なことではありません。

自分が、今生きていることも、過去に親が事故に合わないように、怪我をしないようにと、自分では気が付かない色々なことを考えてしてくれているから、今、こうして自分は生きているんだと考えるようになってくると、「愛は確かにあった…」と、思える日が来ます。

生きるというのはとても難しい

生きるというのはとても難しいことです。準備もしたり、安全確保をしたり、家を守ったり、仕事をしたり、時間が足りないくらいやることがあります。そんな大変な中、「愛」がなければ守れないことは沢山あります。

このことが分かってくると、親は自分を愛してくれていたんだと。どんな親でもしっかりと愛してくれていた部分がちゃんとあるんだと分かってきます。

大事なことは区別すること

大事なことは区別することです。親から酷いことをされたり、傷つけられたことは誰でもあると思います。それはそれ、これはこれ。と区別するようにしていくと、「酷いことをされた」とは別に「愛されていた」部分など、バランスよく見えてきます。

そうすると過去の記憶が書き換えられていくので、過去への解釈、意味づけが良いものへと変わりますので「今」が楽になっていきます。

あなたが、あなたの親へと変わっていく道

親への恨みの道は険しい道ですが、あなたが、あなたの親へと変わっていく道へと通じています。その道へと向かって、諦めずに乗り越えていけば、いつか、感謝があふれてくる道に出ると思います。

 

親への恨みを、解消、克服するには

自分が自分の親になること。

自分が自分の親になるには、

自分をしっかりと取り戻してください。

あなたが、あなたを見捨てた日、

その日に戻って、自分を抱きしめてあげて下さい。

もう、だいじょうぶ。

二度と、見捨てないから…と。
親への恨みの道は険しい道ですが、あなたが、あなたの親へと変わっていく道へと通じています。

 

 

そこから、あなた自身の「道」が、

はっきりと見えてくるのです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
親への恨みを解消、克服!「親を恨む」という事によって「親の愛に気づける」という最高の贈り物をいただきました。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
親への恨みを解消、克服!「親を恨む」という事によって「親の愛に気づける」という最高の贈り物をいただきました。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)