自分が自分として生き、自分の心の管理者となり、自分の道を見つける為に生きている

6512 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
自分が自分として生き、自分の心の管理者となり、自分の道を見つける為に生きている

誰もが、自分が自分として生き、自分の心の管理者となり、自分の道を見つける為に生きているのだと思います。

それが「自分の幸せ」ですよね。

他人の人生を生きて幸せだと言う人も、それはそれで良いのだと思います。

「現代社会の仕組みに合わない人間は、病気として排除される」という外部サイトの記事がありますが、実際にこういった仕組みはあると私も思います。

邪魔者は排除される…。

それでいいんだと思います。

それが自然の道理だと私は思います。

この記事を合わせて読んでみて下さい。

一部引用しますね。

  この孤独と不安は耐え難いものですが、実はこのときYu(ユー)を知る瞬間なのです。この時、強くかぎりなくやさしいYu(ユー)を感じることができるのです。「集団無意識」の中にいる限り、Yu(ユー)を知ることは困難です。「集団無意識」でYu(ユー)を知るというのなら、原始宗教と変わりません。現代的な意味はありません。

引用元:生かされてる医学のカウンセリング(性格分析3)

<<下に続く>>

邪魔者は村八分にされることもあります。

それでも村八分に負けなかったものは、「自分の道」を生きていけるのです。

そして、自分の道を生きるのは難しい。

村八分に遭うのが怖い、なら集団に迎合して長い物には巻かれておけば楽だ。

と、自分を見失うのです。

だけど、

難しいから価値があるのです。

そう思えば排除も受け入れられる気がしませんか?

そして、大事なことは「村八分にならない自分の道を生きる方法」を見つけることです。

自分の道を生きることは「村八分」に遭う可能性が高い。

だけど、自分の中から支配的な部分を減らしながら自分の道を生きることで「村八分」に遭う可能性を減らせます。

人を支配してしまう自分に向き合って改善したぶんだけ自分の道が明確になるようです。

人の数だけ色々な道がある。

1、自分を殺して集団に迎合していくうちに自分を見失う

2、本当の自分を取り戻そうとすると村八分に遭う。そこで怖くなったものは1に戻る

3、2を乗り越えていくと実は自分の支配的な部分が2を超えられない原因だったと気づく

4、3を超えると本当の意味での自由が待っている。支配せず支配されず。責任者。心の管理者。

こういうことなんです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)