順番をつけて比較する考え方は捨ててしまってもいい!比較を捨ててもっと自由に!

1940 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

順番をつけて比較する考え方は捨ててしまってもいい!比較を捨ててもっと自由に!

比較を捨てると、もっと自由になれます。

順番をつけて比較する考え方は、自分が不要だと思うのなら捨ててしまってもいいでしょう。

私は、昔、動物に対し「これは一番可愛い」けど、こっちは「一番可愛くない」という、「順番をつけて比較する考え方」を長い間持っていたことがあります。その結果、動物を傷つけたこともあります。

このような考え方を持っていると、「一番可愛くない存在」を勝手に作り出してしまい、差別をして、対象に可哀想な結果を作り出してしまいます。自分が勝手に、順番をつけて比較する考え方を持ち続けると、自分が関わる存在を傷つけてしまう場合もあります。

そこで、順番をつけて比較する考え方が不要だと思うのなら捨ててしまえば良いのです。どうすれば、順番をつけて比較する考え方を捨てれるのか。その方法をお伝えします。

それは「刷り込まれた勘違いに気づいて捨てる事」です。

思い出してみて下さい。「個性が大事だと謳いながら個性を潰す教育」や「やりたくもない競争をやることが良いとする学校」そして「1位になることを良しとする教育」

くだらないことですよね。

子供の時、周りの大人が良いとすることをして、褒められることで、自分もそれが良いものだと嚙み砕きもせず鵜呑みにしたのです。

こういった教育があったことで、私も親からスパルタ教育をされ、脅され、恐怖の中、やりたくもない1番を目指していた小学生の時があります。この「比較の上の1番」が「完璧主義者」への道へと繋がるのです。「刷り込まれた勘違いに気づいて捨てる事」が出来れば「本当の自分の考え」を持つことが出来ます。

刷り込まれた勘違いに気づいて捨てるには、自分が納得するまで自分に向き合うことです。本当に比較の上での1番で良いのか?犠牲者を出してまで1番でいることに何の価値があるのか?世の中には上には必ず上がいる。キリのない仕組みの中、誰かを蹴落として成り立つ1番で人生の終わりを遂げる時、胸を張って死ねるのか。

色々考えていけば、答えは出てくると思います。1番ではなく、それぞれに比較しようのない価値があると。そして、それがわかってきたら、過去の「個性が大事だと謳いながら個性を潰す教育」や「やりたくもない競争をやることが良いとする学校」そして「1位になることを良しとする教育」があったから、「本当の自分の考え」を持つことが出来るように成長できたのだとわかってきます。

比較をやめると、動物たちにも、どれも違った可愛さ、良さがあると分かります。動物も、人も、物も、それぞれに違う良さがあります。自然や動物は大切なことを人間に教えてくれているのです。動物たちは人間たちの犠牲になりながら、時に、人間の未熟さの犠牲となり命を落とししまう場合もあるのです。

だからこそ、人は犠牲を生み出さない自分へと成長することが大切です。犠牲を生み出さない自分になるためには比較をすることをやめて、それぞれの価値をしっかり理解し、みんなが本当の自分の人生を生きることです。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

良かったらグッドボタンを押そう!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)

1941 views

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。