プラス思考になるには無意識のうちからプラス思考が出来るようになる為にプラス思考トレーニングが必要です。

マイナス思考にとらわれて人生が上手くいかないと悩んでいるのなら、このページはあなたがプラス思考になるために役立つと思います。

このページではプラス思考になる方法やプラス思考に関係あることを書いています。是非、上から順に読んでいって下さい。そしてマイナス思考で苦しむことを終わりにして下さい。

プラス思考って?

プラス思考とは物事を肯定的に捉える考え方の事です。無理にプラス思考をするという事ではありません。

どうしてマイナス思考になるの?

スキーマと呼ばれるたくさんの情報の纏まりがあり、その纏まりが自動思考を生成しています。ユングの言う無意識の「複合的な感情の纏まりであるコンプレックス」とスキーマは同じ意味です。

その「スキーマ」または「複合的な感情の纏まりであるコンプレックス」が無意識のうちに自動思考を促していて、その自動思考の多くがマイナスな捉え方の場合は自動思考がマイナスの自動思考が多くなります。

ですので意識でマイナス思考をやめたいと思っても無意識でマイナス思考が自動で出てきてしまうという事です。

無意識って?

無意識は潜在意識とも呼ばれ中々自覚できない心の領域です。90%から95%とも言われ、無意識で行う癖・しぐさ・発言・態度・などは自覚していないものが殆どです。つまり「気づかない」ことが無意識であり、「気づく」ということは無意識を意識化したという事になります。

ですので無意識で自覚のないまま思考をしていることは多くあります。こうして、思考は現実になるのP153とP158によると、1日6万個もの思考をしていると言います。無意識で気が付いていないだけです。更に科学者によると6万個のうちの98%は前日の繰り返しで新しい思考は6万個のうち、たったの1000個だという。

マイナス思考が多すぎる人は、黙っていてもどんどんマイナス思考が自動で出ていることになります。その自動思考は無意識の中のスキーマ、複合的な感情の纏まり、信念、思い込みから生成されているのです。

思い込みが現実を作っていく

思い込みを別の言い方に変えると信念やスキーマやコンプレックス(複合的な感情の纏まり)と言います。そして90%から95%くらいが無意識であり自覚できません。その自覚が出来ないうちに思考をしているのです。しかも1日の思考回数は個人差はあっても6万回とも言われています。

その6万回の90%は54000です。54000も1日のうちに無意識で自動でマイナス思考をしているとすれば、どれだけマイナスな仕草や態度や表情をしているか?その気づいていないマイナスと、気づいて自覚できるマイナスを合わせても、どんどんマイナスな現実を作り出すことがお分かりいただけると思います。

ですので、この自動でマイナス思考が生成されている「スキーマ」「コンプレックス(複合的な感情の纏まり)」「思い込み」「思考の癖」「信念」を変えることがプラス思考になる方法だということがご理解いただけたでしょうか。

5歳までに刷り込まれたマイナス

では、何故こんなにも無意識の中にマイナスが入っているか?

それは5歳までに親や環境などに刷り込まれたものによって無意識に蓄積したのです。子供であればあるほど無意識です。赤ちゃんは無意識100%ですから親を無条件で信じ親や環境の影響を真っ白な心に刻み込みます。

それが、無意識という畑に蓄積されて種となります。その種はやがて芽が出るのですが、個人差はありますが成人してから出てくることが多いと私は考えています。

それは親の苦しみを半分背負うためかもしれませんね。背負って親の負荷を減らし乗り越えていく為です。ですので成人してから出てきやすいように無意識の奥に蓄積されるのです。

しかし世代間連鎖のマイナス影響が強すぎる場合は成人する前にどんどん悪い芽が咲きだします。そして色々な問題が起こってきます。少年少女の非行、いじめ問題、心の苦しみなど、私は考えています。

自動思考を止める、または変えるには?

なんとしてもマイナスの自動思考を止めたいし変えたいと思いますよね。止める、または変えるためには無意識の中の情報を変えることが必要です。

無意識は感情世界で嘘の通じない世界ですので本音で本心で自分が深く納得し情報を書き換えることが大事です。その為には一瞬では変わらないのでトレーニングすることが必要になるのです。

トレーニングが必要

無意識のうちにバランスが崩れて過剰なマイナス思考をしてしまう方はプラス思考トレーニングすることが大切です。日々プラスイメージを無意識に蓄積させていき、それが癖になるまでトレーニングすることです。プラス思考が自分のものになるまで真剣に本気でプラス思考トレーニングをするのです。

ただしポジティブだけを頑なに信じるのは逆効果です。マイナスがあるからプラスを感じられるようにマイナス思考も必要なのです。大事なのはトレーニングでバランスをとることです。

プラス7のマイナス3くらいがちょうどよいかなと思います。

プラス思考が出来るようになって来れば、自分も家族もプラスに幸せになるようにプラス思考を自然に使っていきましょう。

マイナスになることは黙っていればなれます。プラス思考には価値があるのです。そのプラス思考を本音から出来るようになれば、多くの方に幸せの影響を自然に与えていくでしょう。

大事なのは自然・バランス・本音です。

120日間連続メールによるプラス思考トレーニングを開始してみて下さい。

 

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)