おねしょ(夜尿症)の原因の1つ心理的要因(ストレス)

おねしょ(夜尿症)の原因の1つ心理的要因(ストレス)

おねしょ(夜尿症)は、5~6歳以後の夜尿のことを「夜尿症」と言い、それ以前は「おねしょ」と言うのが一般的な言い方です。おねしょ(夜尿症)の原因は色々ありますが、そのうちの1つは「心理的要因(ストレス)」です。

「親への恨みはでっち上げ」の第1章「親が憎い」に書いていますが、実は僕自身、小さいころ「夜尿症」で悩んでいました。小学6年生までほぼ毎日おねしょをしていました。中1になった時に1度だけ女の先輩の家でしてしまったことがあります(笑)

どうして治ったのかというと、僕の場合は極度の家庭のストレスが原因で、中1になった時に非行に走って家出をして、中1の半分くらいは空き家や、旅館(廃墟)、知人の家などを転々として生活していたのですが、それにより極度のストレスから解放されたことで治りました。精神的に追い詰められていたので、極度のストレスでおねしょをしてしまっていたのです。原因が消えれば症状も消えるということです。

このように、「極度のストレス環境」による「心理的要因(ストレス)」が原因なら、環境を変えてしまうと改善しますが、そうではない場合は原因特定をして自分に合った方法を探して下さい。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)