無意識のうちにやってしまった…という言い訳

2485 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←

「人は起きながらに寝ている」と言われますが、これは言い換えると「目を覚ましていると思っているのに寝ぼけている状態」です。また言い換えると「自分の無意識を明け渡している人」とも言えます。

「無意識にやってしまった…」「理性が欲望に負けて…」とは、自分や相手を欺くための「言い訳」でしかない。 

アルフレッド・アドラー

無意識にやってしまったというのは、起きながらにして寝ているから、やってしまうのです。つまり、顕在意識(意識)が起きているということで、潜在意識(無意識)が寝ている状態というわけです。

<<下に続く>>

本当の意味での目を覚ますというのは、潜在意識(無意識)をコントロールして活用すること。つまり顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)が一致することです。言い換えれば自分への嘘をやめること。自分に嘘をつくから顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)に不一致が起こるのです。不一致が起こるから無意識にやってしまったという言い訳を言うようになり、それが言い訳だということさえ自分で忘れるのです。

アドラーは「意識と無意識」そして「理性と感情」という対立する考え方を否定していたと言われます。実はそれらは1つであって、矛盾しているように見えたとしても目標達成のために相互に補っていると言われます。

無意識にやってしまったという言い訳をやめて、潜在意識(無意識)をコントロールして、人生を動かすには、自分への嘘をやめて顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)の不一致を減らしていくことが必要ということです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)