無意識のうちにやってしまった…という言い訳

「人は起きながらに寝ている」と言われますが、これは言い換えると「目を覚ましていると思っているのに寝ぼけている状態」です。また言い換えると「自分の無意識を明け渡している人」とも言えます。

「無意識にやってしまった…」「理性が欲望に負けて…」とは、自分や相手を欺くための「言い訳」でしかない。 

アルフレッド・アドラー

無意識にやってしまったというのは、起きながらにして寝ているから、やってしまうのです。つまり、顕在意識(意識)が起きているということで、潜在意識(無意識)が寝ている状態というわけです。

本当の意味での目を覚ますというのは、潜在意識(無意識)をコントロールして活用すること。つまり顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)が一致することです。言い換えれば自分への嘘をやめること。自分に嘘をつくから顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)に不一致が起こるのです。不一致が起こるから無意識にやってしまったという言い訳を言うようになり、それが言い訳だということさえ自分で忘れるのです。

アドラーは「意識と無意識」そして「理性と感情」という対立する考え方を否定していたと言われます。実はそれらは1つであって、矛盾しているように見えたとしても目標達成のために相互に補っていると言われます。

無意識にやってしまったという言い訳をやめて、潜在意識(無意識)をコントロールして、人生を動かすには、自分への嘘をやめて顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)の不一致を減らしていくことが必要ということです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)