無意識のうちにやってしまった…という言い訳

3297 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

「人は起きながらに寝ている」と言われますが、これは言い換えると「目を覚ましていると思っているのに寝ぼけている状態」です。また言い換えると「自分の無意識を明け渡している人」とも言えます。

「無意識にやってしまった…」「理性が欲望に負けて…」とは、自分や相手を欺くための「言い訳」でしかない。 

アルフレッド・アドラー

無意識にやってしまったというのは、起きながらにして寝ているから、やってしまうのです。つまり、顕在意識(意識)が起きているということで、潜在意識(無意識)が寝ている状態というわけです。

本当の意味での目を覚ますというのは、潜在意識(無意識)をコントロールして活用すること。つまり顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)が一致することです。言い換えれば自分への嘘をやめること。自分に嘘をつくから顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)に不一致が起こるのです。不一致が起こるから無意識にやってしまったという言い訳を言うようになり、それが言い訳だということさえ自分で忘れるのです。

アドラーは「意識と無意識」そして「理性と感情」という対立する考え方を否定していたと言われます。実はそれらは1つであって、矛盾しているように見えたとしても目標達成のために相互に補っていると言われます。

無意識にやってしまったという言い訳をやめて、潜在意識(無意識)をコントロールして、人生を動かすには、自分への嘘をやめて顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)の不一致を減らしていくことが必要ということです。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

良かったらグッドボタンを押そう!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)

3298 views

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。