正しさにこだわる、正しさの押し付け、正しさは悪か!?いえ「正しさ」に支配されてしまう「正しさ恐怖症」が「悪」に見ている。歪みの原因になる!正義感ある警察官、弁護士、消防士、自衛隊員に助けてもらいましたよね。

正しさにこだわる、正しさの押し付け、正しさは悪か!?いえ「正しさ」に支配されてしまう「正しさ恐怖症」が「悪」に見ている。歪みの原因になる!正義感ある警察官、弁護士、消防士、自衛隊員に助けてもらいましたよね。



正しさに支配されない自分に

正しさ」に支配されてしまう「正しさ恐怖症」でいると、それこそが「歪みの原因」になります。あらゆる病気の原因にもなる「認知の歪み」は「修””」することで病気の原因を減らせます。姿勢を正して生きれば体の歪みも正されていく。修正とは「修めて正して整えること」です。

「認知の歪み」は、新たなストレス要因を作り出したり、脳に負担をかけ機能低下を起こし、思考力や精神力が無くなっていきうつ病にもなると言われています。ストレスが貯まることで影響を受けやすい「自律神経」「免疫機能」「血管」などに障害が起き、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、感染症、狭心症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気や心の病気になる原因となります。それほど「認知の歪み」が生み出すストレスは強烈なのです。

引用元:認知の歪み | 幸せの種「気づき」

これを見ても「認知のゆがみ」を「修めて正して整えること」である「正す」ということは、とてもプラスなことで幸せになるために大切であり、ありがたいことだとわかりますよね。正しさは健康的に生きて幸せになるために大切なことです。

正しさに恐怖する理由

では、なぜ「正しさ」を嫌がり、怖がる人たちがいるのか?その答えは今僕が考えられる理由は大きく2つあります。

1、自分が不正をしていると正しさが怖くなる

1つは「不正と書いて歪み」と書くように、不正ばかりすると正しさが怖くなり正しさを嫌がります。そして正しさに支配されて正しさを忌み嫌い、正しさを主張する者すべてを支配者に見てしまうのです。

簡単に言えば犯罪者が警察官を嫌うのと同じようなものです。犯罪者は警察官は悪だと思っている傾向が強いです。私も子供の時に悪いことをしていた時は必要以上に警察官を悪に見ていました。(確認もしていないのに勝手な憶測で陰で悪いことをしていると)

「正しさは悪だ」と過剰に騒いでいる人は、自分が不正をしていてそれがバレてしまう恐れがあるから、健康的で幸せに生きるための道標や矯正となる「正しさ」が、悪いものに見えてしまう…という場合もあります。

2、正しさの強要で怖くなる

2つめは、「正しさの強要」をする人がいるからです。問題であるのは「正しさの強要や押し付け」であって、自分をよくするために自分に正しさを使う分には何も問題もないし健康的で幸せに生きるために役立ちますし素晴らしいことです。

人が勝手に作り出した「正しさ」を強要したり押し付けたりすること。これをする人がいて、人を支配していくときに「正しさ」を悪用するから支配された人は怖くなる場合があるのです。正しさを強要する時点で正しくもなんともないのです。正しさのフリをした単なる支配です。

こういった正しさの強要や押しつけからは離れるほうが良いです。

ただ、法律を正しく守ろうとすることは大切なことです。必要最低限の正しさを守ることは、自分が共有の場で生きていくために最低限必要な挨拶のようなものです。「楽しければ何をやってもいい」の先に待っているのは「破壊や戦争」です。

自分が正しさを支配しよう

本当の「正しさ」とは、自分が被害者のようになって「自分が正しさに支配される」ものではなく「自分を幸せにするために正しさを使う」のです。つまり自分が正しさを支配するのです。支配とは文字通り「支えて配る」ということ。

自分が自分の健康と幸せのために、自分で自分を支えてあげて「正しさという矯正」を自分に配るのです。

正しくないが本音

この字の様にスッキリと整えるというのは、掃除をしたようにスッキリします。こんな素晴らしいことを嫌がったり、人に押し付けるということは、実は「正したくない」が本音だと思います。それは人それぞれだから良いと思います。「正したくない」と思うことが悪いわけでもないんです。本人がそれがいいのならそれでいいんです。自分の人生ですので自己責任です。

私は「正しさ」が大嫌いだったこともあるけど、今は好きなので、それもそれであるし、正しさが嫌いな人もそれでいいんです。お互いに「押し付けあわなければいい」のです。だから正しさ恐怖症のようになる必要はないんです。自分の人生ですから自由に自己責任で選んでいけばいいんですよ。

正しさの本当の意味や役割を知らないから、正しさが怖いものや嫌なものに思えてしまうのです。知ってしまえば怖くもないし、それどころか、多大なる恩恵を与えてくれていたのだと気が付きます。

誰かが勝手に作った正しさに苦しめられてはいけない

問題なのは、誰かが勝手に作り出した「正しさ」。これに苦しめられてはいけないと思います。人が勝手に作った正しさや正解は捨ててしまえばよいと思います。

私の言う正しさは、姿勢を正すこと、修正すること、掃除をすること、整理すること、整わせることなどです。これらは心がスッキリするので、とても良い正しさだと思っています。そして、一年の始まりである「正月」もリセットして生きているための月として正すので良い正しさだと思っています。

人が人を支配するときに「勝手に作った正しさ」を持ち出して信じ込ませます。そして、その正しさを破ると「罰」があると植え付けます。法律は「勝手に作った正しさ」ではなく「人々が安心して生きていくために必要なこと」だから違いますよね。それに対しての罰は仕方ないです。違法行為を行って逮捕されたなら、堂々と罪を償うことが大事です。

そうではなく、支配と搾取の為に支配者が「勝手に作った正しさ」によって苦しめられてはいけないということ。これは「妄想」が大半ですので信じる必要はないと思います。確認はできないことは確認できないこと(わからないこと)です。確認できないのに「勝手に作った正しさ」の信者になる必要はないのです。

都合よく正義を利用する

「正義」ですべては救われません。これは間違いないと思います。そして「正義」の名のもとに「酷い行い」がある「正義のフリ」だってあると思います。だけど「正義」に守ってもらっていたのも事実ではないでしょうか。正義感が強い人は警察官になったり、弁護士になったり、消防士、自衛隊員。私たちはその正義を重んじる人たちに少なからず守っていただいたはずです。

なぜか?それはたった1人で自分で解決できない問題だったからですよね。本当の意味での極限状態での「精神的自立」は、警察にも頼らず、法にも頼らず、自分の因果関係で起こるすべてのことを自分1人で解決することです。それは無理ですよね。だから私たちは誰かに頼るんです。そこで正義感のある人たちに頼るんです。そして自分で解決できない問題を解決する手助けをしてもらっているんです。

法律の正義を象徴する正義の女神テミス。私たちは正義である「法律」に守っていただいていますよね。前に見た映画で1年に1回法律がなくなるような映画を見たのですが、その日は殺人をしても逮捕されません。もしも正義の法律がなくなる日が来たら、あなたは自分の身を守れますか?無法地帯になった中、守ることが出来ますか?

「正義」が全てではない。だけど「正義」のおかげで安心もある。問題なのは「正義」の名のもとに「酷い行い」がある「正義のフリ」だと思います。だけど、そんな人たちばかりではないのです。

正義を都合よく利用し、不要になったら正義を悪だと扱い、正義を邪魔者扱いし、都合よく利用する人もいます。そういたことをしていけば「正しさ」を嫌い、恐怖したりすることもあります。

正しさは補強や矯正のようなもの

私が思う正しさは「オムツをはいた大人(自分も含め)」が自分の力で解決できることを増やしていくための「補強や矯正」なんだと思います。矯正とは(正常な状態に正すこと)です。姿勢を正す習慣にすれば体の歪みが徐々に消える。体の歪みが消えればその歪みが原因で起こっていた不調も解消される。

その正しさや正義では社会は救えない。それを超えるものは「本当の愛」だと思います。ここで一番しっくり歌が大黒摩季さんの「熱くなれ」です。歌詞をみてみてください。「愛が正義に勝る」ことがよくわかります。

 

「正義」は「補強や矯正」の役割と「親代わり」をしてくれます。だけど正義に依存していてはいけません。正義は完璧じゃない。だから「正義のフリ」や「正義の押し付け」によって苦しめられるんです。それは「本当の愛」を知るためです。

この記事によって、あなたの「自分にとって好ましくない正しさ」と「自分にとって好ましい正しさ」の区別が出来たら幸いです。

正しさよりも楽しさ?

「正しさよりも楽しさだ」なんて言いますが、確かに楽しさは大切です。しかし「正しさより」というのは問題かもしれません。正しさが基盤にある楽しさが良いと思います。

人を殺して捕まっていない人が人殺しが楽しいと心から思っているとします。そんな者が正しさより楽しさを自由に求めたら…。大変なことになりますよね。以下の実際に在った事件の引用をお読み下さい。

<<下に続く>>

死体がなければ殺人事件は立証できない。普通ならばそうだが、汚水槽に残ったわずか直径4.1ミリ、長さ7ミリのインプラントを発見し、犯人を逮捕した殺人事件の裁判が始まった。西東京のカリスマ・ホストを殺害し、遺体を溶かした事件の裁判

引用元:ホスト殺人事件 汚水槽から7ミリの証拠をとった刑事の執念│NEWSポストセブン

こちらも、たった長さ7ミリのインプラントが発見されなかったら?立証が出来ませんよね。

 その後、死体を「強アルカリ性の薬品を混ぜて、ずんどう鍋で煮沸、溶解させ、浴室の排水管に遺棄し、溶け残った骨を、あきる野市の秋川河川敷でハンマーで砕いて投棄した」

引用元:ホスト殺人事件 汚水槽から7ミリの証拠をとった刑事の執念│NEWSポストセブン

怖いですよね。まさに鬼畜とも言えると思います。

「むりやり全裸にさせられ、胸を隠してうずくまった私の肛門を割りばしでつつき、陰部にドライヤーの風を吹きかけた。笑いながら背中をたたかれたり蹴られたりした。泣いている私に馬乗りになり、

引用元:東大生の鬼畜な所業、全裸で号泣する女性の肛門に割り箸「あいつは尻軽女だ…」:イザ!

こういった鬼畜が正しさより楽しさを求めたら、女性の肛門に割り箸を刺しまくりますよね。正しさってみんなの安全のために大切なことなんですよ。これ、やっている本人はその時は楽しいからやったのでしょうね。

当時高校生だった少女をホテルに連れ込み、強姦。そのまま自宅の2階に連れ込み、輪姦し、自慰行為を強要、性器に異物を混入するなどの行為を繰り返した。その後、足にオイルをかけ炙る、高いところから鉄の棒を落とす、膣や肛門に鉄の棒をつっこみ内部でかき回すなどの拷問を行い、

引用元:鬼畜の所業…! 残忍・残虐すぎる拷問殺人事件5選- 記事詳細|Infoseekニュース

こちらも有名な事件で、残酷な事件ですよね。

法の力が届かなくなると鬼畜が徘徊

法の力が届かない時や、届きにくい時は、戦争時や震災時ですよね。そんな時には鬼畜が徘徊します。普段でさえ犯人を逮捕できない事件があるのに、戦争時や震災時なんて無法地帯ですよ。どこで誰が殺されて、誰が強姦されて、誰が食べられているかなんてわかるわけがない。

私たちは、法律の正義を象徴する正義の女神テミス。私たちは正義である「法律」に守っていただいていますよね。その法律がすべてなくなったら?前述した引用のような鬼畜の所業とも言えるようなことをする者たちが自由に行動しだす場合もあるのです。

それでもあなたは「正しさよりも楽しさだ!」なんて言えますか?

私は正しさが基盤にあってこその楽しさが大切だと思っています。

少しは現実を知ったほうがいい

世の中がキラキラした平和なものだと勘違いを起こしているのは「妄想」です。私は子供の時に少年院に入っていたので、入院中に色々と在院生の話を聞きました。人を殺してしまった者、殺す気はなかったけど被害者がなくなってしまった者、覚せい剤中毒の者、など色々いましたがその中でも「傷害致死」は多かったです。

身体を傷害し、よって人を死亡させた場合には傷害致死罪となる(刑法205条)。

引用元:傷害罪 – Wikipedia

少年院にいたN県の暴走族の者の場合は、駅に近くで喧嘩になった時に鉄パイプで相手の頭を何度も殴打し、結果相手は死亡しました。またG県の死体遺棄の者は先輩が殺した死体を車のトランクにのせられ「山に捨ててこい」と言われ怖くて病院の前に捨てたことで死体遺棄で逮捕された。

これが「現実」なんです。みんなが子供のように素直で優しく仲良くできる人たちばかりなら「楽しく」だけでいいんです。だけど大人になるにつれて人は残酷にもなり、賢くもなり、鬼畜のようになる場合もある。

そういったことを現実的に考えると「楽しければいいじゃん」では、あまりにも未来を考えていなさすぎだと思います。

「正しさ」は「安心」のために大切なことなので、正しさに支配されず、自分の健康と幸せのために正しさを使って、それを人に押し付けず楽しんで生きていって下さい。

正しさは苦しみを解決する

「正しさ」は「あなたの人生の道」を照らしてくれるものです。

この字が道路のように見えますよね。道がハッキリしているほうが、人生進みやすくなります。心理学三大巨頭の一人アドラーは「世界はシンプルで思い通り」だと言いました。「正しさ」が「シンプル」にしてくれるのです。「正」という字もシンプルですよね。

深い苦しみから抜け出す方法は大昔に仏陀が教えてくれている。それは「正しく見ること」「正しく感じること」「正しく聞くこと」「正しく語ること」「正しく行動すること」の5つです。 この実践が歪みを修正し苦しみから抜け出させてくれるのです。過去の正しくない行いが今を苦しめているのです。

例えば「正しく語ること」を放棄した者たちを見るとよくわかる。嘘を混ぜ、事実を歪曲し、その嘘の魔力で平気で人を傷つけたり陥れたりして楽しんでいる者もいる。そして自分で作り出した苦しみの元という点が次の点(結果)を生じさせていく。だから「正しく語ること」も大切なこと。

人は、正しく見ているつもりで正しく見ていないし、正しく聴いているつもりで聴いていない。正しく話しているつもりで正しく話していない。こういったことがあらゆる苦しみに繋がっているんです。よく観察すればわかりますよ。

人から人に話が渡る時、勝手に話が変わっていて、おかしな噂が流れていた経験ありませんか。あれも正しく聴いていないことや正しく話していないこと。これが原因です。これにより、本人の「そうであってほしい願望」が混ざって、話が渡り歩くほど、話がおかしくなるのです。そして、嘘を流された側が怒り出したり、傷つく。

正しさがないとトラブルになるのです。

仕事でも正しく伝達出来なければ、重大な問題に繋がることがあります。人の命に関わってくる場合もあります。苦しみの根源にあるものは「正しさがない」ことなんです。

だけど、厳しさを経験していないで温室ですくすく育つと、正しさを忌み嫌うのです。それは「正しさを失った先」が想像もできないからです。

この記事の本当のことが分かってくると、どうして戦争を経験された方々が、懸命に「正しさ」の大切さを訴えていたかが分かる人にはわかるでしょう。わからない人は「戦争」が起こった後に、この記事の深い意味が分かってくるでしょう。

戦争というのは、正しさを放棄した延長線上にあるものです。正しさを放棄した部分に「戦争への誘導」がこっそり入れ込まれているのです。だから、いったん始まってしまえば、それ相応の犠牲なしでは終わりません。

そのあとに、もう二度とあんな悲しいことは起こってほしくないと必死に正しさを伝えるのです。

だけどそれは100年持ちません。戦争が起こりそうな昨今、正しさ不要という人が増えてきていますよね。残酷な歴史が繰り返されるのか、それとも、「正しさ(本当の自分を取り戻す矯正の仕組み)」の本当に意味が全体的に理解できるのか。

どちらでしょうか…。

正しさを嫌がるということは「本当に自分に気が付きたくない!」と言っていると同じようなものです。

正しさの実践例

僕が思う正しさを実践した例の1つは、ジェロム・レ・バンナがリンチされていたドライバーを救済した行動です。詳しくは(https://www.leparisien.fr/faits-divers/annecy-la-star-du-kick-boxing-jerome-le-banner-empeche-un-lynchage-12-09-2017-7253991.php)を翻訳して読んで下さい。

2017年9月10日の夕方に、フランスのアヌシーで無免許運転をして通行人を轢きそうになった人物を、そこにいた者たちが取り押さえて、集団リンチをしたそうです。そこにジェロム・レ・バンナが仲裁に入ったそうです。ジェロム・レ・バンナは「リンチを見過ごすわけにはいかなかった」と言い、更に「犯罪者ならリンチしていいわけではない。警察や裁判所の仕事だ。だから警察が来るまで彼を守った。彼は法によって裁かれるべきだ。単純なことさ」とコメントしたとのこと。

これこそが正しさの実践です。世の中には、「正義の名の下、人を追い詰める卑劣な手口」を使う者たちもいます。真の悪人は悪人を盾にする…。悪人を叩けば叩いている側が悪人に見えにくいのでこういった時に悪人は善人のフリをして私刑を行おうとします。ジェロム・レ・バンナが言った法に委ねることこそが人間らしさの象徴だと僕は思っています。本当に強いからこその行動です。

  • SHIP

  • ¥16,200(税込)

  • 体験談・実績を報告していただけるとお礼最大¥5,000(たった30名の募集枠)
  • オンライン教材(サポートあり)
  • プラス思考になることも、自己肯定感を高めるにも、アダルトチルドレンを克服するにも、

    最後に辿り着くのは 「本当の自己信頼」です。

    つまり「内なる自分(本当の自分)」と繋がることが最後の根本的な克服法なのです。

    内なる自分と繋がると「本当の自信」がついてきます。本当の自信を持つことが人生上手くいく最高の道です。

    「内なる自分」と繋がるための確かな方法があります。 それが「医療」として「正式」に認められ 「効果も実証」された方法、SHIPです。

    自宅で受講できるオンライン教材で自己催眠も習得できます。「マスター・ヒプノティスト資格(上級レベル)」を取得した「プロ」の催眠療法士による本格的なプログラムです。

  • お申し込み

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)