本当の「人の所為(せい)にする」は、相手の行為から生じてもいないことを相手の行為から生じたかのように仕立てあげること。だけど誰かの所為だと思っていては何も変わらない。

3093 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
本当の「人の所為(せい)にする」は、相手の行為から生じてもいないことを相手の行為から生じたかのように仕立てあげること。だけど誰かの所為だと思っていては何も変わらない。

すぐに「人の所為(せい)にするな」と言いたがる人がます。だけど、この言葉の使い方は間違っている可能性もあります。

「あいつのせいだ」「お前のせいだ」とか、この”せい”って言葉は、元は「所為(しょい)」が「所為(せい)」に変わって出来たそうです。

《「所為」の音「しょい」の音変化か》上の言葉を受け、それが原因・理由であることを表す。「年の所為か疲れやすい」「人の所為にする」「気の所為」

引用元:せい【所為】の意味 – goo国語辞書

「本当に相手の所為(せい)」だから「本当に相手の所為(せい)」だと言っている人に対して、「人の所為(せい)にするな」と強く伝えている人がいますが、それは相手をとても不快にさせる場合もあります。

・人の所為(せい)にしてしまう

・本当に相手の所為(せい)

これは別物です。

「人のせい(所為)にしてしまう」と「本当に相手のせい(所為)」をいっしょくたにして混ぜて「人のせいにするな」と言っている人は、まず「せい(所為)」の言葉を意味を理解して下さい。所為とは「その行為から生じた結果」という意味です。相手の行為から生じたのであれば、それは「相手のせい(所為)」なんです。

本当の「人の”せい”にする」は、相手の行為から生じてもいないことを、相手の行為から生じたかのように仕立てあげることが「人のせい(所為)にする」ということです。こんなことをすれば「人のせいにするな」と言いたくなるのも当たり前だと思います。

しかし、逆に、自分の行為から生じた結果を隠すために、本当のことに気が付きそうな人に対して封じ込めるようにして「人のせいにするな」と言っているケースもあります。この場合は、相手を傷つけるようなことなのでやめたほうがよいです。また、自分の行為から生じたことに気が付けない人なら認められずに「人のせいにするな」と言いたくなることもあると思います。

<<下に続く>>

Aさんの行為によって1がBさんに生じた場合。これをBさんがAさんに対して「Aのせいで1になったじゃないか」というのは別に普通のことですよね。AさんがBさんのお金を盗んだことでBさんがAさんに対して「Aのせいでお金がなくなったじゃないか」というのは別に普通のことです。そこでAさんが「Bよ!人のせいにするな!」と言うのもおかしな話です。

所為とは「その行為から生じた結果」という意味です。Aさんのお金を盗むという行為から、Bさんのお金がなくなったという結果が生じた。これは「Aさんのせい(行為)」です。

それをいっしょくたにして、Bさんが「Aのせいで1になったじゃないか」と言い出した時に「ひとのせいにするな!前を向け!自分の問題だろ!」と、さも正しいかのように道徳や美徳を使いながら相手を封じ込めていこうとするやり方は、継続して執拗に繰り返されているのならモラルハラスメントに当てはまる場合もあるのだと思います。

つまり、本当は自分の行為から生じた結果なのに、その実態が浮上してきてばれることを隠すために責任転嫁して、なんとなく気が付いた人に対して封じ込めるかのように「ひとのせいにするな!前を向け!自分の問題だろ!」と隠して、うまく責任転嫁するときに「人のせいにするな」という言葉を巧みに使って誤魔化しているケースもあると思います。

そして、大切なことは、本当に相手の所為(せい)だったとしても、相手の所為(せい)だと思っているうちは何も変わりません。自分が動き出して自分を変えていくことが大切なのです。相手の問題と自分の問題は「区別」することが必要です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なるほどー。すり替える人もいますよね。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)