あなたの糖尿病治療は間違っていて騙されているかもしれません。血糖値やHbA1c(ヘモグロビンA1c)の数字が下がらず悩んでいる糖尿病の方へ

3449 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

あなたの糖尿病治療は間違っていて騙されているかもしれません。血糖値やHbA1c(ヘモグロビンA1c)の数字が下がらず悩んでいる糖尿病の方へ

糖尿病の死亡率は?

「糖尿病で死ぬの?」と思う方もいると思いますが、糖尿病で死ぬ場合もあります。厚生労働省が発表している「平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況」の「第7表死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(人口10万対)」によると、平成27年死亡数(人) は総数が13327人です。男性7125人で女性が6202人です。死亡率の総数は10.6です。つまり人口10万人のうち11人くらいが糖尿病で死亡しているということです。

これだけ見ても「糖尿病を甘く見てはいけない」ということがわかりますよね。

今までの糖尿病治療は間違いだらけ?

血糖値やHbA1c(ヘモグロビンA1c)の数字が下がらず悩んでいる糖尿病の方に知ってほしいことがあります。

それは、京都大学医学部を大学院まで卒業され、 あのハーバード大学でも准教授として勤められたほどの超エリート中のエリート医師が「今までの糖尿病治療は間違いだらけだった」と言っていることです。

つまり、あなたは騙されているかもしれないということです。

糖尿病にならない民族の食事法

そして、糖尿病にならない民族がいて、その民族の食生活の一部を取り入れることで重く深刻な糖尿病であっても健康な生活を送ることは可能であると言われています。その詳細は「【荒木式】糖尿病改善プログラム」をご覧下さい。

つまり、「糖尿病が悪化する食事法」をやめて「糖尿病にならない民族の食事法」を行っていくことで、あなたの糖尿病も改善していく可能性があるというわけです。「糖尿病が悪化する食事法」のまま、色々試しても結局はいたちごっこ…。根の部分である食事法から変えていくことが大事です。

この食事法を教えてくれるエリート医師は、兵庫県加古川市野口町野口129-67にある崇高(すうこう)クリニック院長の荒木裕(あらきひろし)先生です。

今までにない、ある民族の食事法で、どのように糖尿病を改善していくのかについての理論と実践方法を「【荒木式】糖尿病改善プログラム」で読んでみて下さい。

<<下に続く>>

リンク先で確認できることですが、崇高(すうこう)クリニックでの実際の患者さんの血糖値の推移の記録が、D・Sさんの場合は501mg/dlあったものが「【荒木式】糖尿病改善プログラム」の食事法を実践すると140mg/dl以下で安定した血糖値を維持していますね。成田さんのほうも200mg/dlを超えていたのに100mg/dlくらいで安定した血糖値を維持しています。

「血糖値測定器」なら上記のリンク先のACON社血糖値測定器がおすすめです。現在、本体無料キャンペーン中でセンサー(試験紙)を購入すれば測定器本体がもらえます。しかもセンサー(試験紙)は1枚39円~と業界最安値です。肝心の血糖値測定器の精度は第3者機関の検査で品質全米ベスト3の評価を得ている確かなものです。この機会に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

話は戻りますが、この食事法は崇高(すうこう)クリニックに入院しなくても自宅で実践できるので「【荒木式】糖尿病改善プログラム」として公開されているというわけです。このプラグラムの中身は私も実際に目にしました。「冊子マニュアル」と「動画コンテンツ」でわかりやすく学んで実践することが出来るようになっています。「ご参加者さま専用サポートサイト」と「メールサポート窓口」もありサポート体制も万全です。

動画コンテンツの「肉を食べると〇〇になるというのは、〇〇〇な〇〇があって始まったと考えられます。」なんて「なるほど!」と声を出してしまいました。世の中にはこういった間違った情報によって、わざわざ病気になっている人たちも多いというのは前々から思っていましたが、ますます確信が深まりました。情報って本当大事ですね!!

世の中に流れている嘘の情報には光が照らされる時代になった。

そう確信しました。

あなたが糖尿病で悩んでいて本当に解決したいと思うなら、是非この方法を試してみて下さい。ハーバード大学でも准教授として勤められたほどのエリート医師から沢山学んでいただきたいと思います。

この食事法、驚くことが沢山あり興味深いので、私は糖尿病ではありませんが引き続き学んでいきたいと思います!

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)