自分が良かれと思ってやったことでも、相手にとっては嫌だと感じることがある。無自覚の嫌がらせにならない為に相手の感情は相手のものだということを大切にしていくことは必要。

自分が良かれと思ってやったことでも、相手にとっては嫌だと感じることがある。無自覚の嫌がらせにならない為に相手の感情は相手のものだということを大切にしていくことは必要です。

良かれと思ってやることの背景には

良かれと思ってやることの背景には「相手の気持ちを無視」している場合があります。だって、「良かれと思って…」というのは自分がそう思ったということです。つまり、自分視点ですよね。相手視点ではありません。

ですので「良かれと思ってやる」というのは殆どが的外れで共感もない勝手な押し付けになってしまう。という可能性がとても高いんです。

相手が自分の気持ちを言えることが前提

大事なことは、相手が自分の気持ちを言えることが前提で、「こういうことが嬉しい」と伝えてきていて、それを「良かれと思ってやる」ではなく「相手が本音でこれが良いと言っているからやりたい」に変えるだけで180度変わります。

その為には、相手が自分の気持ちをスムーズに言えるような自分になっていくことが大切なことだと思います。

「相手に気持ちを言わせない、そして、良かれと思ってやる。」では、相手は苦痛だと思います。そして嫌がらせにもなってしまいかねません。

相手の感情は相手のものだから盗んではいけない

相手の感情は相手のもの」だから盗んではいけません。相手の感情を相手のものだとして尊重すれば、あなたの感情も尊重されていきます。お互いに壊さず、盗まず、それぞれの違いを認めて尊重していけると上手くいきます。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)