勘違いを治す方法は、まず「言葉の意味を知る」ことが必要です。

勘違いを治す方法は、まず「言葉の意味を知る」ことが必要です。

とても、大切なことをお伝えします。

勘違いをしている人に、勘違いであることを伝えて訂正が出来れば良いのですが、訂正が出来ないほど深く、非合理的なことを思い込んでいる場合は「妄想」の場合もあります。本当の「妄想」が酷くなっていくと中々戻ることが出来なくなります。そうなる前に勘違いは治していくことが大切です。

言葉の意味を知ることが大切

勘違いしている自分を解くには「言葉の意味を知る」ことが必要であり大切なことです。言葉の意味を知らないと「勘違い」もその分だけ増えてしまいます。

「思考」は「言語」が元になっている

「思考」は「言語」が元になっています。あなたが日本人で普段、日本語を使うのなら「日本語で思考」していますよね。そして意味を表現するために「言葉」があります。その言葉を思考していますよね。

「言葉」で「思考」して、「思考」したものを「言葉」にして表現します。その、重要な「言葉」の意味に勘違いがあったらどうでしょうか。「思考」にも勘違いの影響が出てきます。

あなたの知っている言葉の意味が運命にも影響を及ぼす

マザーテレサはこういいました。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

あなたの知っている言葉の意味が運命にも影響を及ぼします。つまり、マザーテレサの名言通りで思考はやがて運命さえも創るものですが、その「思考」をする時「言葉」の意味を勘違いしていたら、その後の、「行動」や「習慣」や「性格」や「運命」にまで勘違いの影響が出てきて、それに気づかないままだと大変なことにもなる可能性があるということです。

小さな勘違いが、運命を大きく左右するほどにもなり兼ねないのです。だから「生涯学習」が大切なんです。

言葉の意味を知るには?

言葉の意味を知るには、兎に角、調べればいいんです。Google検索で「検索」するのが一番です。知りたい言葉に「とは」と付けて検索すればいいです。この繰り返しが勘違いしている自分を解くことに繋がります。更に、何か問題があったときに裁判を経験することは大きな成長が期待できます。

裁判は確かなことだけで妄想や勘違いは通じないからすごくプラスになります。例えば「名誉毀損とは」で調べると1回で理解は出来ないと思いますが、「公然の場とは」とか「実名と匿名の違い」とか「名誉毀損 判例」とかを調べていくうちにどんどん理解が深まっていき言葉の意味も正しく知ることが出来ます。

本当に、効果的です。

あなたも今日から「調べる」ことを増やしてみて下さい。それが「運命」さえも動かす「力」になります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)