すぐ怒ってしまう自分は病気?すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれない。

5096 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
すぐ怒ってしまう自分は病気?すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれない。

すぐ怒ってしまう自分は病気なのか。病気か病気じゃないかを考えるよりも「どうして自分はすぐに怒るのか」について自己理解を深めたほうが良いかもしれませんよ。

怒りは自分を守るための緊急スイッチ

「怒り」は自分を守るための「緊急スイッチ」みたいなものです。これは「脳の扁桃体の暴走」だということがわかっています。つまり怒っている人は実は「被害者」でもあるのです。よく怒る人は自分の被害者性に向き合うことこそが大切なことです。その上で怒り以外の解決法を身に付けることが必要です。

極限まで追い詰められている人

この脳の仕組みである怒りは自分を守るための緊急スイッチのようなものであり脳の扁桃体の暴走だとわかってくると怒っている人って実は「極限まで追い詰められている人」だとわかってきます。そこまで追い詰められる「何か」を見つけて解決出来たら怒りを使う人は怒りを使わない人になっていく。

脳の前頭前野を鍛えることが大切

そして「そこまで追い詰められる『何か』を見つけて解決出来たら」の過程において「脳の前頭前野を鍛える」ことに繋がるのです。脳の前頭前野が鍛えられていくと怒りの原因である扁桃体の暴走を鎮めることが出来るのです。前頭前野は扁桃体に瞬時に介入出来るのです。

僕も前は怒りをよく使っていました。刺激されたり傷つけられたときに怒りで対処するしか方法がわかりませんでした。文章を書き本を読んで毎日有酸素運動をしているうちに脳の前頭前野が活性化してきました。それにより扁桃体の暴走が鎮まってきたので「これは確かな情報だな」と確信もしました。

虐待は脳の前頭前野を萎縮させる

そして「虐待」は「脳の前頭前野を萎縮させる」ことがわかっています。つまり虐待をされた人ほど「怒り」を使ってしまう可能性があるのです。そしてそのまま脳の前頭前野を活性化させ鍛えないとそこを逆手に取られてモラルハラスメントの餌食になることもある。

虐待をされた子は「キレやすい子」になる場合もあります。そのまま大人になれば「反社会的勢力」への道へと入っていく可能性もあります。

だからこそ自分の「被害者性」に向き合って「自分を癒して」いき「自分を成長(脳の前頭前野を鍛えて活性化させる)」が大事なことです。

すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれないのです。虐待と言っても、心理的な虐待もありますし、更に巧妙で悪質な心理的な虐待の一種であるガスライティングを受けていた可能性もないとは言えません。

ガスライティングについては「ガスライティング – Wikipedia」を読めば理解が深まります。

<<下に続く>>

すぐ怒ってしまう自分を改善するには、自分の被害者性に気づいて、傷を癒して、回復させて、そこから脳の前頭前野を鍛えていくことで改善していけます。

自分で自分を育てて自分の親になる

自分で自分を育てて自分の親になることが必要です。自分を育てるというのは「自分の脳を鍛える」ことと繋がります。特に自分の脳の前頭前野を鍛えることです。脳の前頭前野は「親」のようなもので、扁桃体は「子」のようなものです。

脳の前頭前野を鍛えるために簡単に出来ることは、本を読む、文章を書く、音読をする、有酸素運動を1日30分~60分は行う。なおです。そうやって自分を自分で育てるのです。それが怒ってしまう自分を改善する道です。

自分で調べていくことが大切

人にすぐに聞くということはあまりよくないと思います。成長できないと思います。自分が知りたいことは自分で調べる。今はインターネットがあるから大抵のことはすぐに調べられます。自分が納得いくまで調べていく家庭に成長があります。更にインターネット検索は中高年の脳さえも活性化させます。

https://studyhacker.net/columns/net-brain)の記事を読めば「自分でインターネット検索する」ことが如何に「脳の活性化」において重要かわかります。思っている以上で成長できることなのです。インターネット検索をする。調べる。理解する。文章を書く。良薬でもあります。

特にネット使ったことがあるグループで、脳が活性化していることが明らかになったそう。しかも、活性化したのは「意思決定や論理的思考」を司る部分。

 

引用元:ウェブは本より脳に効く? ウェブ検索が脳を活性化させる理由とは。 | コラム

インターネット検索は脳に良いということがお分かりいただけたかと思います。なので僕は(https://plus-report.net/)というサイトを運営して文章を書くことを勧めているのです。文章を書くことは脳を活性化します。

生涯学習

「生涯学習」と言う言葉がありますが本当に大事なことであり人間らしさを見失わないために重要なことだと痛感したことがあります。学習を放棄すると脳のバランスが崩れる。生活の質の向上に学習は大切なことです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)