すぐ怒ってしまう自分は病気?すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれない。

すぐ怒ってしまう自分は病気?すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれない。

すぐ怒ってしまう自分は病気なのか。病気か病気じゃないかを考えるよりも「どうして自分はすぐに怒るのか」について自己理解を深めたほうが良いかもしれませんよ。

怒りは自分を守るための緊急スイッチ

「怒り」は自分を守るための「緊急スイッチ」みたいなものです。これは「脳の扁桃体の暴走」だということがわかっています。つまり怒っている人は実は「被害者」でもあるのです。よく怒る人は自分の被害者性に向き合うことこそが大切なことです。その上で怒り以外の解決法を身に付けることが必要です。

極限まで追い詰められている人

この脳の仕組みである怒りは自分を守るための緊急スイッチのようなものであり脳の扁桃体の暴走だとわかってくると怒っている人って実は「極限まで追い詰められている人」だとわかってきます。そこまで追い詰められる「何か」を見つけて解決出来たら怒りを使う人は怒りを使わない人になっていく。

脳の前頭前野を鍛えることが大切

そして「そこまで追い詰められる『何か』を見つけて解決出来たら」の過程において「脳の前頭前野を鍛える」ことに繋がるのです。脳の前頭前野が鍛えられていくと怒りの原因である扁桃体の暴走を鎮めることが出来るのです。前頭前野は扁桃体に瞬時に介入出来るのです。

僕も前は怒りをよく使っていました。刺激されたり傷つけられたときに怒りで対処するしか方法がわかりませんでした。文章を書き本を読んで毎日有酸素運動をしているうちに脳の前頭前野が活性化してきました。それにより扁桃体の暴走が鎮まってきたので「これは確かな情報だな」と確信もしました。

虐待は脳の前頭前野を萎縮させる

そして「虐待」は「脳の前頭前野を萎縮させる」ことがわかっています。つまり虐待をされた人ほど「怒り」を使ってしまう可能性があるのです。そしてそのまま脳の前頭前野を活性化させ鍛えないとそこを逆手に取られてモラルハラスメントの餌食になることもある。

虐待をされた子は「キレやすい子」になる場合もあります。そのまま大人になれば「反社会的勢力」への道へと入っていく可能性もあります。

だからこそ自分の「被害者性」に向き合って「自分を癒して」いき「自分を成長(脳の前頭前野を鍛えて活性化させる)」が大事なことです。

すぐ怒る人は虐待を受けていたかもしれないのです。虐待と言っても、心理的な虐待もありますし、更に巧妙で悪質な心理的な虐待の一種であるガスライティングを受けていた可能性もないとは言えません。

ガスライティングについては「ガスライティング – Wikipedia」を読めば理解が深まります。

すぐ怒ってしまう自分を改善するには、自分の被害者性に気づいて、傷を癒して、回復させて、そこから脳の前頭前野を鍛えていくことで改善していけます。

自分で自分を育てて自分の親になる

自分で自分を育てて自分の親になることが必要です。自分を育てるというのは「自分の脳を鍛える」ことと繋がります。特に自分の脳の前頭前野を鍛えることです。脳の前頭前野は「親」のようなもので、扁桃体は「子」のようなものです。

脳の前頭前野を鍛えるために簡単に出来ることは、本を読む、文章を書く、音読をする、有酸素運動を1日30分~60分は行う。なおです。そうやって自分を自分で育てるのです。それが怒ってしまう自分を改善する道です。

自分で調べていくことが大切

人にすぐに聞くということはあまりよくないと思います。成長できないと思います。自分が知りたいことは自分で調べる。今はインターネットがあるから大抵のことはすぐに調べられます。自分が納得いくまで調べていく家庭に成長があります。更にインターネット検索は中高年の脳さえも活性化させます。

https://studyhacker.net/columns/net-brain)の記事を読めば「自分でインターネット検索する」ことが如何に「脳の活性化」において重要かわかります。思っている以上で成長できることなのです。インターネット検索をする。調べる。理解する。文章を書く。良薬でもあります。

特にネット使ったことがあるグループで、脳が活性化していることが明らかになったそう。しかも、活性化したのは「意思決定や論理的思考」を司る部分。

 

引用元:ウェブは本より脳に効く? ウェブ検索が脳を活性化させる理由とは。 | コラム

インターネット検索は脳に良いということがお分かりいただけたかと思います。なので僕は(https://plus-report.net/)というサイトを運営して文章を書くことを勧めているのです。文章を書くことは脳を活性化します。

生涯学習

「生涯学習」と言う言葉がありますが本当に大事なことであり人間らしさを見失わないために重要なことだと痛感したことがあります。学習を放棄すると脳のバランスが崩れる。生活の質の向上に学習は大切なことです。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)