支配してくる家族なら「餌」に食いつかないことが大切!「餌」に食いつくと心に「釣り針」が刺さってしまい抜け出せなくなっていくのです。

支配してくる家族なら「餌」に食いつかないことが大切!「餌」に食いつくと心に「釣り針」が刺さってしまい抜け出せなくなっていくのです。

支配してくる家族なら「」に食いつかないことが大切です。

餌に食いつかないことが大切

僕の悪かった点は家族から愛されたいと思ったこと。あと家族から認めて欲しい理解してほしいと思ったこと。これが自分への裏切りでした。反省しました。これをやめてから一切の「餌」に食いつかなくなったので家族からの支配は通じなくなりました。大事なことは自分で自分を大切にすることです。

「餌」というのは「条件付けの愛」や「美徳による支配からの言葉」や「承認」や「共感」などです。こういった背後に「支配」がある「餌」に食いつくと心に「釣り針」が刺さってしまい抜け出せなくなっていくのです。

「釣り針」が刺さると、もがけばもがくほど食い込んで更に苦しみます。だから人は支配に従順になるのです。

現実を受け入れることが大切

家族から愛されたい。きっと誰もが思うことだと思います。だけど誰もが思うことを思ってしまうと支配されていく家庭もある。そんな悲しい家庭に生まれたのだから仕方ないと受け入れることが大切です。自分を大切にしない代わりに家族から愛されたかったことを反省し次に生かすことが大切です。

辛いと思います。僕も本音を言えば「辛い」なんて一言で言えるほどのものじゃないほど辛かったです。だけど、どんなに辛くても、苦しくても、悲しくても、それは永遠じゃない。自分次第なんです。受け続ける必要などないのです。

自分が「支配されない」と決めればよいのです。

何事も、人生勉強です。

奴隷を従え、奴隷を踏み台にし、奴隷の上で餌を投げる支配者。ならどうすればいいか。餌に食いつかずに踏み台にもならなければいいのです。それが「答え」です。

自ら奴隷になることを選ぶ必要はないのです。

え!?心の世界での奴隷の人間は自ら奴隷であることを望んでいる!?そして釣り上げられ食われている者たちに共通しているのが「無責任で餌を欲しがっている」という点!

人は無意識で自作自演をしている!「奴隷の鎖自慢」をやめて「自分の腰を曲げ」そして「責任を持てるようになる」ことで「自由に近づく」のです。

なので、もう一度繰り返しますが、僕の悪かった点は家族から愛されたいと思ったこと。あと家族から認めて欲しい理解してほしいと思ったこと。これが自分への裏切りでした。反省しました。これをやめてから一切の「餌」に食いつかなくなったので家族からの支配は通じなくなりました。大事なことは自分で自分を大切にすることです。

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)