マインドコントロールの本質は騙してから「騙したことに気づかせない」ことにある。そして社会は人々がおかしいほうにいかないように(マインドコントロールされて罠にはまらないように)最善を尽くしてくれているのです。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
マインドコントロールの本質は騙してから「騙したことに気づかせない」ことにある。そして社会は人々がおかしいほうにいかないように(マインドコントロールされて罠にはまらないように)最善を尽くしてくれているのです。

日本の医学者(精神科医)、作家。博士(医学)である岡田 尊司(おかだ たかし)さんの「マインド・コントロール」という本から引用してご紹介します。

マインド・コントロールは、もっとも本質的な意味で「騙す」「欺く」ということに等価なのである。

引用元:マインド・コントロールのP42より

そして、こちらの一文を読んで僕が思うことは、マインドコントロールの本質は騙してから「騙したことに気づかせない」ことにある。そう考えています。騙したことに気づかせないための細工は2つある。

1、騙した側を良い人だと思わせておく。

2、騙された人の仮想敵を用意しておく。

これにより「騙したことに気づかせない」ことが成立しているケースがあります。

「1、騙した側を良い人だと思わせておく。」は、「フリ」を使うのです。つまり演技です。演技は長期的に行うほど相手が信じ込んでいきます。

もう1つ本からの引用をお読み下さい。

もう1つマインド・コントロールにおいて、早くから重要な手法であったのは、振りをすることである。振りをすることの重要性を最初に指摘したのは『君主論』を著したマキャベリーである。マキャベリーは言う。君主たるものは、信義や誠実さを本当に備える必要はないが、備えている振りをして、そう相手に思わせることが肝心だと。もっとも信頼できる味方の振りをして、相手に心を許させれば、その行動を思いのままに誘導することはたやすい。いつの世も使われる常套手段だと言えるだろう。

引用元:マインド・コントロールのP85より

マキャベリー(ニッコロ・マキャヴェッリ )とは

イタリア、ルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。

 

引用元:ニッコロ・マキャヴェッリ – Wikipedia

こちらの引用を読めば、先ほどお伝えした、騙したことに気づかせないための細工の2つの1つが「1、騙した側を良い人だと思わせておく。」が如何に効果的かわかると思います。その為には「フリ」と「演技」を使うのです。

マインドコントロールを得意とする者は「フリ」と「演技」が得意なのです。

そして、「2、騙された人の仮想敵を用意しておく。」においてマインドコントロールする側から選ばれやすいのが「スケープゴートタイプ」です。”やりやすいタイプ”ということです。

スケープ・ゴート(身代わり):家族の問題を行動化するタイプ
外面 – 反抗的、陰気、反感を買う行動、張り合わない
内面 – 心の傷、見捨てられ感、怒り、拒絶、不適応感、低い自己評価
言動 – 問題を起こし注目を集める、自虐自傷自罰行為、自暴自棄
弱点 – アルコール等依存傾向、問題児、年少妊娠や犯罪の傾向
長所 – 現実の直視、立ち直る勇気、人を助ける力

 

引用元:アダルトチルドレン – Wikipedia

<<下に続く>>

このタイプをマインドコントロールする側が水面下で気づかれないように刺激して怒りを引き出しておいて、マインドコントロールされる側から悪い者に見えるようにして「仮想敵」を作り出す。そして巧みに「仮想敵」から「現実の敵」へと誘導していく。そんなことが可能なのか?はい。可能です。両者に「気づかれない攻撃」を仕掛ければいいのです。言葉でもいいのです。

両者が「攻撃はされているけど相手を特定できない状態」になっていると、脳は答えを探そうとするからハッキリ特定できないと「決めつけ」をしてしまいます。それを利用して「スケープゴートタイプ」と「マインドコントロールされた側」をぶつけさせておくのです。

するとマインドコントロールされた側の「騙された」「欺かれた」と気づかないことから生み出される諸々の嫌な問題(明確に自覚していない)の原因が、なんとなくスケープゴートタイプの「所為(せい)」であるように無意識のうちに思い込んでいくのでマインドコントロールはますます解けなくなる。

他人の無意識に「思い込み」を植え付けようとする者がいます。その思い込みの多くはその植え付ける他人にとってメリットがあることです。植え付けられた側にとってメリットはないことが多い。なので他人からの「思いこませ」には敏感になるほうが本当の自分を守るために大切なことです。

つまりマインドコントロールされている人のマインドコントロールを解くということは騙されたプロセスを見抜いて理解して本人が理解できるまで繰り返し詳細を伝えていくことでもある。マインドコントロール(騙す手口)、それを解くということは「理(物事の道筋)」で「騙された手口」を解き明かすこと。

「確かなこと」を求めていくことが「騙されない道」であり「本当の自分」を生きる道なのです。マインドコントロールは自分の「依存」から騙される結果へと繋がるものなのです。

マインドコントロールの胸を借りて精神的な自立へと向かっていきましょう。マインドコントロールの本質は騙してから「騙したことに気づかせない」ことにある。とお伝えしました。

つまり、「騙されない自分になること」が本当の解決法だということ。騙される人は「鵜呑み」にする。

依存する心は「餌」を欲する。そして餌を鵜呑みにする。だから支配者の描く妄想の通りに道を歩いて転落人生へと誘導されるのです。

騙されない人は「確認」を怠らない。当たり前です。家族を大切にしたいのなら家族に悪い影響を流さないために「確認」によって邪魔な影響を防ぐからです。だから確認をしたいのです。

あなたがマインドコントロールされて自分を見失いたくないのなら「確認」という最高の武器を手にすることをおすすめします。社会は健全です。インターネット上も健全です。あなたがインターネットで何かを注文するとき「確認画面」が表示されますよね。それも「確認の大切さ」を教えてくれているのです。

社会は人々がおかしいほうにいかないように(マインドコントロールされて罠にはまらないように)最善を尽くしてくれているのです。

 

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)