子供の「学習障害」の改善方法。潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことが出来れば学習障害は改善できるでしょう。

子供の「学習障害」の改善方法。潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことが出来れば学習障害は改善できるでしょう。

子供の「学習障害」の改善方法として(https://bright-ms.net/post-21708/)が良いですね。

これは僕の考えですが「学習障害」は「本人も気づいていないレベルで無意識のうちに学習を嫌がっているもの」だと考えています。つまり、「無意識のうちに学習を嫌がっているもの」が「無意識のうちに学習を好きになる」に変わればいいのです。

そう、潜在意識(無意識)を書き換えてしまうことが必要になるという意味です。潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことが出来れば学習障害は改善できるでしょう。

じゃあ、どうやって潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むのか。その方法で僕が1番だと思っているのが「知識」「学習」「行動」です。「理解」は「癒し」になります。親が理解を深めると子供を癒す(改善させる)ことも出来るのです。「学習障害」という1つの壁でもある「障害」を期に、親子で改善に取り組んで「本当の笑顔」を手に入れて見て下さい。

学んで実践していく、その過程が「知識」「学習」「行動」になり、それが潜在意識(無意識)に「学習が好き」と言う情報を書き込むことにも繋がっていき、その結果、無意識に「学習が好き」と言う情報があるから、自然と学習が障害ではなくなっていくと思います。

ぜひ、この機会を逃さずに子供と共に障害を乗り越えて見て下さい。乗り越えることで大きな経験となり、成長の経験値を手に入れることが出来ます。その真剣な思いと行動がお子さんの心にもきっと残ると思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)