比較をすれば劣等感が強くなる。だけど比較はやめられない。それは「支配願望」があるからかもしれません。気づく勇気ありますか?

比較をすれば劣等感が強くなる。だけど比較はやめられない。それは「支配願望」があるからかもしれません。気づく勇気ありますか?

比較をすれば劣等感が強くなる。だけど比較はやめられない。それは「支配願望」があるからかもしれません。比較をやめられない。支配願望が消えてくると比較も減ってきてそれぞれの良さが見えてくる。

自分と相手を比較をして「どちらが上か下か…」とか「どちらが劣っているか」を考えているときに「自分の中にある媚びと支配の心」に気づくことが大切です。

本来は自分と相手を比較をしなくても良いのです。自分には自分の良いところがあり、相手には相手の良いところがある。それは比較しようのない別々のことです。それなのに無理やり比較対象だと思い込んで比較をする裏側には「媚びる」か「支配する」が隠れています。

自分よりも上だと勝手に思った相手には「媚びる」のです。そして自分よりも下だと勝手に思った相手には「見下したり劣っていると見て支配しようとする」のです。それが「縦」の世界です。この縦の世界はどこまでいっても「上には上がいる世界」でキリのない支配の闇の世界です。

どこまでいっても「上には上がいる世界」なので自分が劣っていることを感じるのです。そして劣等感が強くなっていき劣等コンプレックスにまで大きくなります。すると今度は優越感を感じるために自分よりも下だと勝手に思った相手には「見下したり劣っていると見て支配しようとする」のです。そして優越コンプレックスが強くなっていきます。優越コンプレックスが酷くなると人を見下して人を傷つけて神経症的な行動が増えていきます。そしてますます「自分が勝手に思う自分よりも劣っている下」を必要としていきます。

これが支配の無限ループの世界です。この世界がループしていることに気づくまでそこで生きるのです。自分が下にしていることをいつか上からされる。そうやって繰り返される世界なのです。そこがもう必要ないと思った人は心理学三大巨頭の1人アドラーが言う「普通でいる勇気」を持って「縦の世界」から「横の世界」へと移行していくのです。

縦の世界は「支配」の世界です。横の世界は違いを認め合う「尊重」の世界です。人はこのように成長をしていくのです。本当の幸せは横の世界にしかないのです。

比較をする縦の視点からではなく、尊重の横の視点から相手を見て見ると…。今まで「勝手にクズだと思っていた相手の良いところ」が沢山見えてきますよ。

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
比較をすれば劣等感が強くなる。だけど比較はやめられない。それは「支配願望」があるからかもしれません。気づく勇気ありますか?
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
比較をすれば劣等感が強くなる。だけど比較はやめられない。それは「支配願望」があるからかもしれません。気づく勇気ありますか?

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)