心の世界での奴隷から抜け出したら自分を守るために「透明の壁」を作ることが大切!

心の世界での奴隷から抜け出したら自分を守るために「透明の壁」を作ることが大切!

人は「本当の自由」になることに無意識のうちに怯えている。そして「見えない束縛された中での自由」を求めている。それが1番楽だから。そして奴隷の鎖自慢が始まる。ハラスメントはその延長線上にある。だから人は本当の自由を勝ち取って本当に幸せになることが大切です。幸せになるには勇気が必要。

人は無意識で自作自演をしている!「奴隷の鎖自慢」をやめて「自分の腰を曲げ」そして「責任を持てるようになる」ことで「自由に近づく」のです。

奴隷の鎖は、心の中で繋がれている縛りです。その群れの中で本当の自分を持つことは基本的には無理です。だけどアドラー心理学を学び実践していけるようになれば群れの中でも本当の自分を持てるようになることが可能になる。アドラー心理学の実践によって侵食せず、させずの「透明の壁」が出来る。

<<下に続く>>

心の世界での奴隷から抜け出したら自分を守るために「透明の壁」を作ることが大切です。透明の壁が無いとすぐに足元をすくわれたり、また引きずり込まれたりすることもあるのです。美徳による支配や巧妙なモラルハラスメントに詳しい早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんの言葉。

僕も、このことはよくわかる。心の中で離れてしっかり距離を取る。つまり波長が合わない人には「透明の壁」を作ることが大切です。自分と他人の区別をしっかりつけて、境界線を敷くことが大切です。

 

 

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)