自己肯定感を高めると、こんな効果が期待できる

自己肯定感を高めると、こんな効果が期待できる

自己肯定感は依存と関係がある

自己肯定感を高めると、自分に自信を持つことが出来て、何かに依存することが減っていきます。依存することが減ると、その分、自由になっていけます。自己肯定感が低い分、何かに依存して、何かを犠牲にして補わなければいけなくなるのです。

実際、僕も極度の依存症でしたが、自己肯定感が高まることで依存を減らすことが出来ました。例えば、1日3箱、約17年間依存していたタバコもやめることが出来ました。やめることが出来た理由は複数重なったことなのですが、その1つに自己肯定感が高まったから、というのもあります。

肯定感も否定感も感情(燃料)

自己肯定感というのは「感情」です。そして「感情」は「目的達成」の燃料です。つまり、自己肯定感が低く、自己否定感が強い場合は、自己を否定する方向性の目的を達成してしまう可能性が高くなるのです。つまり、不幸になるための燃料が自己否定感です。逆に自己肯定感は幸せになるための燃料となります。

自己肯定感を高めると幸せになりやすくなる

自己肯定感を高めると幸せになりやすくなるのです。前記したように、自己肯定感は幸せになるための感情(燃料)です。感情を創り出すほど、目的が達成されやすくなります。自分を肯定できる人は、他人のことも肯定し尊重できるようになりますので、人間関係のトラブルも減り、色々な方向から幸せに近づいていけます。

僕はこうして自己肯定感が高まった

僕も、完全な自己肯定感はもっていません。自己否定感もたくさんあります。だけど、サヨナラ・モンスターの方法で過去よりも自己否定感が大幅に減り、自己肯定感が高まっています。そして、ちょっと言葉が悪いと感じる人もいると思いますが、正直人間をゴミに見ていましたが僕なりに人を尊重できるようにもなりました(まだまだ、みなさんよりはだいぶ劣っていると思いますが)。

人をゴミに見ていたのは、僕自身、自分をゴミに見ていたのでした。ゴミのように見られて育ち、僕も自分で自分をゴミに見て、他人をゴミに見ていました。そこから変化して、自分を大切に思えるようになってくると、自然と他人のことをゴミに見なくなりました。他人の良さ、努力、家族への愛、思い、素敵な部分、色々とプラスな部分が見えるようになっていき、それが増えました。(新しきを知る)←大事!

そして、僕なりの小さな幸せを感じることも増えました。これは色々な複合的な要因によってのプラス変化ですが、その1つが自己肯定感が高まったからです。自己肯定感が高まったのは、その感情に関係している「解釈」を変えたからです。それに深く関係していることがサヨナラ・モンスターの教材本編の「モンスターとサヨナラする内容を書く(目次参照)」でお伝えしていることです。僕は、それを書き出して、修正していきました。それで、心に大きな変化が起こりました。

自己肯定感が高まると、身近な「幸せ」に気づくことが増えていきます。自己肯定感が低かったから気がつかなかっただけなんです。それで僕の場合は、変な正義感を持って、世の中を変えたい!と強く思っていて、自分と逆の考えを持っている人を敵視していました。そして心は闇に入っていました。

そこから抜け出すことが出来たのも自己肯定感を高めていったからです。あなたも、自己肯定感を高めてみて下さい!

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。