拒絶や否定は喜ぶべきもの!成功したければ大きな勘違いは今すぐ捨てよう!

拒絶や否定は喜ぶべきもの!成功したければ大きな勘違いは今すぐ捨てよう!

10000人の否定の言葉と私1人のこの言葉。 選ぶのは自分です。

この記事では、拒絶や否定などが怖いという人は大きな勘違いをしていると言うお話です。

その勘違いとは「拒絶や否定は喜ぶべき成功の証」のようなものなのに、怖いものだと勘違いしているのです。

つまり、拒絶されればされるほど、何かしらの形で成功できるということなのです。逆に拒絶もされないような人は成功は難しいのです。

例えば、映画ロッキーで有名なシルベスター・スタローンは1000回も拒絶されて成功を収めました。ケンタッキーの創業者カーネル・サンダースは1009回も拒絶されて成功を収めたのです。成功者は拒絶をたくさん経験しているのです。

では何故、成功者は拒絶を多く経験するのか?答えは「成功できない人が拒絶するものなのだから、反対に成功する素質がたっぷりある」というわけです。凄く簡単なんです。

一生成功しないで不幸に過ごす人は既に成功できない理由がしっかりあるので、成功をはねのけているのです。つまり成功できない人間に否定され拒絶される人や物事に近づけば成功はあるということです。

なるほど! と、ここでこの素晴らしさに気付いた方は素敵な人です。拒絶と言う言葉の意味は、相手の頼みや要求をこばむことを言います。相手の要求も頼みも受け入れる器の無い人間が拒絶をするのです。受け入れる器があれば拒絶はしなくても良いので、拒絶をするということは失敗人間の証明とも言えるのです。その失敗人間が徹底して否定する先には実は成功が隠れているので、成功するダイヤの原石の人間を探すなら、一般人に徹底して叩かれるような存在に目をつけると、ダイヤの原石の場合が良くあるのです。

成功とは、失敗の連続であり、拒絶の連続なのです。 100を成功だとすると、 成功の元:5% 失敗や拒絶:95% このようなイメージです。 成功とは失敗の連続によって支えられるとも言えます。

☆成功☆

失敗、失敗、失敗、失敗、失敗、失敗

拒絶が怖い、否定が怖いと言う方は、成功が怖いから成功したくない!と言っているのと同じなのです。

成功の中身 (信念失敗、否定、拒絶 + 失敗、否定、拒絶)

否定が嫌なんです! イコール 成功が嫌なんです!

否定は喜ぶべきもので、拒絶も喜ぶべきものなのです。 横つながりの、慣れ合いでいるうちは抜け出せないのです。

常に繋がっていないと不安な慣れ合い失敗軍団が否定してくるのです。 つまり、否定されるということは、慣れ合い失敗軍団から嫌われているということだから、慣れ合い失敗軍団は成功しないのだから、成功しやすくなるのは当たり前だということです。

この事が心の底から理解し体感したら、あなたは拒絶や否定が楽しくなるでしょう! 最後に大事なことですが、正しい根拠のある人からの否定や拒絶。これはちゃんと聞くことが大事です。何故なら正しい根拠がある否定の場合は、正しい根拠があるのですから自分が間違っているから認めて直したほうが良い結果になります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
拒絶や否定は喜ぶべきもの!成功したければ大きな勘違いは今すぐ捨てよう!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
拒絶や否定は喜ぶべきもの!成功したければ大きな勘違いは今すぐ捨てよう!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)