少年のような心を持ち続けながら論理的思考力をアップさせることで飛躍できる

少年のような心を持ち続けながら論理的思考力をアップさせることで飛躍できる

自分を向上させる3つの大事なポイントは以下になります。

  • 物事を肯定的に捉える事
  • 信じる限界を広げる
  • 信じすぎない

この3つはとても大事なことです。

【物事を肯定的に捉える事】

私たち人間は、疑ったり、否定したくなることは誰にでもありますが、否定してばかりいるとマイナスにフォーカスする癖がつき、全体を見る力が衰えて対象からマイナスしか見えなくなってしまいやすいので、対象から肯定できることを見つけることが大事です。

【信じる限界を広げる】

信じることに限界があると、限界以上を受け取る能力がない自分になります。 信じるは英語で、Believe 本当だと思う。正しいと思う。という意味です。 つまり「信じる」というのは「正しいと思う」ということになります。 逆に「正しいと思えない」なら「信じない」ということになります。 信じるというのは 正しい基本ベースがあって成り立つものだということです。

信じられない 信じる 信じすぎる

 上記のように信じるというのは中間のバランスが取れた位置にあるものです。 信じすぎても、信じられないのも、依存の心が関係しているのです。 正しく信じるためには認知の歪みがない状態で、自己肯定感が高い状態でないと、 正しく信じられないので、論理的思考や正しい根拠が大事なのです。

信じる ⇒ 自己肯定感が高い。認知の歪みが少ない

信じられない ⇒ 自己肯定感が低い。認知の歪みが多い

信じすぎる ⇒ 自己肯定感が低い。認知の歪みが多い

このようになります。

あなたのことを信じていると言いながら、正しいことを嫌がる人は、 信じるなんて成り立っていないので そういった人の言う、信じるという言葉の裏には 信じる依存、くっつく、馴れ合いという意味になり、 あなたのこと信じてる!あなたに依存してくっつくぞ!となるのです。 言葉の捉え方から違っています。

ですので「信じる」というテーマで話をしても言葉の意味を共有していないので 噛み合わなくなります。 ですので、 正しいことが嫌いなA君の「信じてるよ」って言うA君の言葉を信じると、 嘘を鵜呑みにすることになりますから、結果裏切られたと思う結果になります。

裏切られたくないのなら、正しいをベースにした人の「信じる」を、正しく受け止めれば裏切られることはないのです。 「信じる」というのは「正しいと思う」 ということだと書きましたが、「正しいと思う」為に正しさを身に付けなくてはいけません。 正しさを大事にするためには論理的思考、正しい根拠を大事にすることです。 根拠のない妄想の思考をしていると、正しさ勘違いしてしまいますので、正しく思うことが出来ません。

話は戻りますが、信じる限界を広げるということは可能な限り正しく思えるようになることが大事だということです。 正しいのなら道筋があるものです。 道筋のある正しい思考は、論理的思考です。 そうなんです。 論理的思考をして正しい根拠を出す癖をつけて、認知の歪みを修正して、自己肯定感を高め、すべての生き物を尊重すると、信じる限界が広がるのです。論理的思考を身に付けてレベルを上げたい方は「【ロジカルシンキングを知る】ビジネスマンが仕事でスキルアップするための論理的思考」もおすすめです。

そしてイメージは嘘はつけません。 つまりイメージとは本当に思うことです。 本当に思うことは信じるということです。 つまり、信じる限界を上げることは、正しいイメージ力を上げることでもあります。 イメージ力が大きければ器が大きくなります。 器の大きな人間はイメージ力も抜群です。

イメージ力を司るのは右脳で、左脳は、論理的思考や計算力、分析力などを司ると言われてます。 多くの人は左脳を使っていると言われていますね。 右脳と左脳を総合的に活性化させると、飛躍的に能力は上がるそうですよ! つまり子供のころの「○○ごっこ」のようなイメージすることを忘れずに、論理力を身に付けていけば、飛躍的に能力を伸ばせるということです。

男性なら「少年のような心」を持ち続けながら論理的思考力をアップさせることが良いということです! 論理論理言ってると頭が固くなりますし、少年のような…だけでも妄想思考になりますから、やっぱりここでもバランスが大事ですね(#^^#)

【信じすぎない】

信じすぎるということは絶対にこうだ!って決めつけるので、そこに限界の壁が出来てしまいます。 つまり信じすぎると、凝り固まってそれ以上伸びることが出来なくなってしまうのです。 バランスよく調和のとれた信じ方が大事なのです。

スキルアップするための論理的思考を身に付ける

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)