モラル・ハラスメントは妄想のストーリーで精神を縛り上げてくる

モラル・ハラスメントは妄想のストーリーで精神を縛り上げてくる

不安で怖くてビクビクして、何も楽しくない… 理由もわからない。

何が怖いのか、何が嫌なのかもよくわからない…

そんな方はモラル・ハラスメントの被害者である可能性があります。

そしてモラル・ハラスメントは妄想のストーリーで精神を縛り上げるので、黙っていると同じ穴の貉になり、自分自身が被害者から加害者になります。

 

経験ありませんか?

親と同じマイナスを子供にしてしまった…

動物に八つ当たりをしてしまった…

 

このような無意識的行動は、モラル・ハラスメントの被害にあっているが気づいていない人の行動パターンに良く見られます。

見えないモラル・ハラスメントからの攻撃により、犯人がわからないので発散できず無意識に怒りや恨みが蓄積されるのです。

この無意識に蓄積された感情は黙っていても消えることはありませんので肥大化していくと、いつか爆発します。

その爆発が無差別殺人や猟奇的事件などです。

 

つまり、実際に煽られて追い込まれて事件を起こした人間は悪いのです。しかし、無意識に圧力をかけ精神を破壊している隠れたモラル・ハラスメントも悪質極まりないのです。このモラル・ハラスメントは海外では犯罪で、日本でも今後はどんどん取り上げられいくので、モラル・ハラスメント加害者や毒親は居場所がなくなるのは、もうすぐでしょう。

 

それまでにモラル・ハラスメント界から脱出しておくことをおすすめします。

 

そしてモラル・ハラスメントは加害者が被害者になりすますことが得意です。

 

若い子の中で『なりきり』とか大好きな子も、既にモラル・ハラスメントの被害者である可能性が高く、未来の加害者であると私は思っています。

 

人は実は誰もが楽しめます。

誰もが自信を持って個性を出していけます。

 

では何故自信もなく楽しめない人たちがいるのか?

『それは、見えないモラル・ハラスメントが人の精神を食いつぶして喜んでいるから』です。

 

私たちは人を良いものだと思う傾向があります。しかしそれは認知の歪みで考え方が極端なのです。

人にも良い人もいれば悪い人もいる。天使みたいな人がいれば悪魔みたいな人もいる。

見える悪事を行う人もいれば、隠れて善人のふりをして悪事を行う人もいる。

 

見えないサディストが人の精神を食い散らかして今日も喜んでいるのです。

 

人間は皆いい人なんだよ(#^^#)

こう思う人はモラル・ハラスメントの格好の餌食です。

 

本当のモラルハラスメントにはほとんどの人が気づいていません。

 

皆さんの中にもカウンセリングを受けたけど良くならない…と感じている方もいると思います。

何故、良くならないのかを考えたことがありますか?

様々な原因が考えられますが、一つはこの見えないモラル・ハラスメントの攻撃を無視しているからです。

 

つまり、A君が暗闇になると誰かに殴られる。そして明かりがつくと全員が『大丈夫?私じゃない!心配してるよ!怪我ない?』とA君に言う。そして暗闇になるとまたA君が殴られる。刺される。だけど明かりがつくと『大丈夫!?許せないね!?誰なの!?』と犯人が分からない。

もちろん犯人は心配したふりをして、心の奥ではほくそ笑んでいる。これをやっている人間はレベルが高ければ高いほど、まず素人では気が付かないので精神を食い散らかしてうつ病のようになったり、引きこもりになったり、視線恐怖や対人恐怖のようになっていくのです

 

つまり、言葉は悪いのですがイメージを正しく伝えたいので書きますが

『コラ!Aのゴミカスやろう!きづかねぇお前がバカなんだよこのゲスやろうがwwwwwwwwwwww』という心理がモラル・ハラスメントです。

心の中では人の苦しみが喜びなのです。そしてモラル・ハラスメント被害者が孤立して、引きこもり、自殺をすることを喜んで待ち望んでいる恐ろしい人間なのです。

 

この隠れた悪影響を放置したままカウンセリングしてもいたちごっこになってしまうのです。まずモラル・ハラスメントの影響を弱める必要があります。そうでなければ、カウンセリングで良くなる ⇒ モラルハラスメントが精神を攻撃する ⇒ カウンセリングで良くなる ⇒ モラルハラスメントが精神を攻撃する。と繰り返してしまうのです。

 

心が苦しい人は小手先のテクニックで改善することを考えるのではなく、このモラル・ハラスメントの見えない精神への攻撃を見抜くほうが早い場合もあります。

 

このモラル・ハラスメントの心理構造を読むことでとても深く理解できます。

 

モラル・ハラスメントの被害にあうことで、精神を雁字搦めにされて被害者から加害者になった人がたくさんいます。

秋葉原無差別殺傷事件 加藤智大も母親からモラル・ハラスメントを受けていたと言われています。

 

参考

https://blog.goo.ne.jp/grzt9u2b/e/bdf332b120d55a2d757858e2d7348cb4

https://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-1171.html

このモラル・ハラスメントは人間である以上、立ち向かわなくてはいけない課題です。

先祖の祟りだ!呪いだ!と考えるよりもモラル・ハラスメントを知り尽くすほうが早いと私は思っています。

二度と秋葉原無差別殺傷事件や神戸連続児童殺傷事件を起こさないために、人間がやるべきことは、このモラル・ハラスメントを一掃することです。そのために出来ることが自己肯定感を高めることです。モラルハラスメントは人の依存心などの隙間に入り込むので、完全な自己肯定感+論理+愛情には通用しないのです。

秋葉原無差別殺傷事件も神戸連続児童殺傷事件もモラルハラスメントにより煽られて爆発した結果の事件でしょう。

 モラルハラスメントの被害はあなた自身で解決することが出来るのです。
一か月でモラハラの苦痛から抜け出すための「モラハラ実践対策プログラム」を公開!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック【CD付き】

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)