「三つ子の魂百まで」と吃音(どもり)の関係

1016 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

「三つ子の魂百まで」と吃音(どもり)の関係

あなたは「三つ子の魂百まで」…。この言葉を聞いたことがありますか。有名な言葉なので知っているかもしれませんね。「三つ子の魂百まで」と吃音(どもり)は関係がある場合があります。まずは、以下の記事も読んでみて下さい。

吃音(どもり)は幼児期の真似からはじまる?三歳頃に増えるどもりとは!?吃音(どもり)は三つ子の魂百まで!?

「三つ子の魂百まで」というのは、三歳までに潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれたものは百歳まで続くという意味です。これは、本人の意識できるレベルではなく潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれたものだから本人も自覚が無かったりします。自覚がないのに人生すべてに影響を出すほどの力を持っているんです。

<<下に続く>>

三歳までに潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれたものは「生涯かけて変えていくもの」なのです。三歳ころからの吃音(どもり)がなかなか治らない人は、潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれた「強い癖」があるということです。その癖がなかなかとれないのです。根深く浸透しているのです。

なので、根深い癖である潜在意識(無意識)レベルからの吃音(どもり)は「潜在意識(無意識)レベルから変わる必要がある」のです。覚えておいてほしいことは小手先だけのテクニックでは変われないということ。人によっては時間もかかりますし、簡単には変われません。

以下の記事も読んでみて下さい。

吃音(どもり)の原因や正体と治し方・克服・改善方法!人気の「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」のご紹介!

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)