「三つ子の魂百まで」と吃音(どもり)の関係

あなたは「三つ子の魂百まで」…。この言葉を聞いたことがありますか。有名な言葉なので知っているかもしれませんね。「三つ子の魂百まで」と吃音(どもり)は関係がある場合があります。まずは、以下の記事も読んでみて下さい。

吃音(どもり)は幼児期の真似からはじまる?三歳頃に増えるどもりとは!?吃音(どもり)は三つ子の魂百まで!?

「三つ子の魂百まで」というのは、三歳までに潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれたものは百歳まで続くという意味です。これは、本人の意識できるレベルではなく潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれたものだから本人も自覚が無かったりします。自覚がないのに人生すべてに影響を出すほどの力を持っているんです。

三歳までに潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれたものは「生涯かけて変えていくもの」なのです。三歳ころからの吃音(どもり)がなかなか治らない人は、潜在意識(無意識)レベルに刷り込まれた「強い癖」があるということです。その癖がなかなかとれないのです。根深く浸透しているのです。

なので、根深い癖である潜在意識(無意識)レベルからの吃音(どもり)は「潜在意識(無意識)レベルから変わる必要がある」のです。覚えておいてほしいことは小手先だけのテクニックでは変われないということ。人によっては時間もかかりますし、簡単には変われません。

以下の記事も読んでみて下さい。

吃音(どもり)の原因や正体と治し方・克服・改善方法!人気の「3ステップどもり(吃音)解消プログラム」のご紹介!

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)