怒りが抑えられない人(DVやモラハラ加害者も含む)や、自分の恐怖が何なのかわからない人に必要な3つのキーワード!

怒りが抑えられない人(DVやモラハラ加害者も含む)や、自分の恐怖が何なのかわからない人に必要な3つのキーワード!

怒りが抑えられない人や、自分の恐怖が何なのかわからない人に必要なキーワードは「確認」「明確」「特定」です。このキーワードを元に対処していけば徐々に変わっていけます。

僕自身、自分の怒りが抑えられず恐怖が何なのかわからずに、もがき苦しんでいたことがあります。そこから抜け出していくために凄まじい効果を発揮したのが「確認」「明確」「特定」です。

まず「確認」ですが、これは間違いがないことを確かめて認めることです。「明確」は、はっきりしていて確かなことです。「特定」は以下の引用文をお読み下さい。

特定とは

不定・不明のものの間から該当するものを割り出すこと。 

引用元:特定 – Google 検索

こういうことです。

つまり、怒りが抑えられない人や、自分の恐怖が何なのかわからない人は、「特定」をして「確認」を繰り返して「明確」にしてしまうことが必要なのです。そうすることで、ちゃんと変わっていけます。

まず、「怒りが抑えられない」というのは「怒りを使うだけの何かがあった」のですから自分を認めてあげて下さい。怒りを抑えるというのは自虐です。自分への虐待です。それも体に悪い。怒るには怒るだけの理由があるんです。それを無理に封じ込めると堪忍袋に蓄積するのでいつか堪忍袋の緒が切れて爆発します。

問題なのは怒りの使い方なのです。怒りに飲まれて相手に危害を加えたら自分が不利になります。ですから、そこは我慢してコントロールしないといけません。怒ること自体は悪いことではありません。怒り続ければ体に負担がかかるのでよくないけど自分の感情ですから大切にしないといけません。

怒るだけの理由、それを「特定」して、次に間違いがないか「確認」を繰り返して、そして「明確」にしてしまうことが必要なのです。その時点で、相手に責任追及するだけの正当な怒りだったのであれば、徹底して法的手段に出たり、自分の責任で反撃をすればよいでしょう。そうすれば怒りは鎮静化します。それが自分を大切にするということです。

あなたが、怒りが抑えられない人や、自分の恐怖が何なのかわからない人ならば、さぞ、悔しい思いをしてきたことでしょう。狡賢い者に利用されたり、言葉では説明できない不条理を感じたり、色々あったはずです。だから、怒りが出ているのに、更に、それを抑えようとするのです。

これを「親」と「子」で置き換えてみて下さい。虐待だとわかりますから。大切な子供が巧妙な嫌がらせを受けて対処しきれずに恐怖した。最後のあがきかのように怒りを使おうとしたら「はい!ハラスメント~♪」と封じ込められてしまった。そしてその子は怒りを抑えてはらわたが煮えくり返っている状態。

そこに「親」が「お前の感情は封じ込めておけ。しゃべるな。黙れ。」と封じ続けたら?そう、子は心理的に蓋をされていくのです。心理的な虐待です。

逆に、愛ある親はどうするか。

よし!この問題、隠れているものを特定し、確認をして明確にしてから、じっくり反撃をしていこう!大丈夫だ。もう安心しなさい。お父さんがついている。」と怒りをコントロールして、怒りを原動力にして、怒りを別の形へと変換して進めていくのです。

だから、自分の感情を虐待的に抑えてはいけないのです。やるべきことは、その怒りが正当だと自分が思うのならば、「特定」して、次に間違いがないか「確認」を繰り返して、そして「明確」にしてしまうことが必要なのです。

それが出来ればあなたはあなた自身の親となることが出来ます。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2000件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き