「投影の悪用」をするのもモラルハラスメントです。投影の悪用はないものをあると思い込ませる場合もあります。

URLの変更に伴いShare数がリセットされました。沢山のShareをいつもありがとうございます。
虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
「投影の悪用」をするのもモラルハラスメントです。投影の悪用はないものをあると思い込ませる場合もあります。

けっこう前に、これ言われたことがあります。だから言ったんです。「教材」は「教材」です。「教材()」ではありません。「教材」と「悪」を分離しましょうと。あなたは誰の話を聞いて「教材()」と思いましたか?と。「名前は言えないけどある支援者」だという。面白いですよね。

その、「教材」に「」を無理やりくっつけて思い込ませている時点で「教材を買ってほしくない理由」がその支援者にあるのでしょうね。「教材を使って自己学習してほしくない理由…」そこから感じるキーワードは(依存させる,メサコン,承認欲求の強さ,40~50代,)という感じですね。

昭和の名残でこういった意味づけをする者もいます。どうしても40~50代、の支援者の中のごく一部となると、古い考えが強いものなんです。「敬え」的な。そこから「教材」に「悪」を無理やりくっつける者もいます。ハッキリ言って非常に迷惑なんですよね。捻じ曲げていることに気づいたほうがいい。

僕みたいに、自分の苦しみや悲しみを誰にも言えない人だっているのです。そんな人は「深い傷」があるもの。それを中途半端な支援者に頼ったら傷を抉られる。なぜか。理解出来なかったら相手の所為にするから。そんな人には「本」や「自己学習教材」は大変ありがたいもの。それを「悪」というのは…。「人の成長」を「阻害する」という「害悪になる行為」です。

それを支援者がもしも本当に吹聴しているのならば、それは「支援者でもなんでもない、ただの紳士を装ったモラルハラスメントの加害者」の可能性がある。自身の深刻な劣等コンプレックス、または、メサイアコンプレックスに気づいたほうがいい。

「”モラル・ハラスメントのセカンド・ハラスメント セカンド・ハラスメントを行う人には少なくとも三種類ある 悪質な「担当者」あるいは「専門家」 ”より引用」

コレだと思いますよ。

そして、これを言うと次はお決まりの「自分がそうだからそう見えるんだよ」という「投影の悪用)」を使う。投影の悪用をされると知識がない者は封じ込められてしまう。まさに、悪質な「担当者」あるいは「専門家」ですね。先に知識を付けたからと言って知識を武器と盾に静かにハラスメントをしてはいけない。

<<下に続く>>

投影の悪用について、まだよく分かっていない人はよそ様の記事から引用してご紹介しますので読んでみて下さい。

「”ぶっちゃけた感想を言うと、投影って反則技だと思う。立場が一気に逆転するし。「周りが悪く見えるのは、ホントは自分が悪いと感じてるから」僕みたいな奴なら構わないけど、もし元々謙虚で優しい人が同じ考え方をしたらどうなると思う?”」より

「”何でも自分のせいにしちゃうかも・・・?だから、あんまり多用するべきじゃない考え方だと思う。”」より

投影について、上記のように「反則技」とか「立場が逆転する」とか「何でも自分の所為にしちゃうかも」って感じている方がいるように、僕も、そう思っています。知識人による、巧妙なハラスメントの手口の可能性もあると思っています。

「投影の悪用」は「無いものをあると思い込ませる」ハラスメントの手口の1つなのです。悪用じゃないものはよいのです。だから投影は自分に使えばいいのです。他人が他人に使えば反論させない盾になるのです。虎の威を借る狐です。ふざけています。

ここなんです。投影の悪用は、アダルトチルドレンの人たちや、優しい人たちに使うと、大変危険なことに繋がることがあるのです。「無いものをあると思い込ませてしまう」のです。そしてそれがベースとなり洗脳されていく場合があるのです。大変危険なことです。カルトでもあることです。

ある程度知識がついてくると「人から反応を引き出す」ことが出来るようになってきます。良い反応、悪い反応。真の加害者は相手の傷を見透かし、心を抉って、悪い反応を引き出して、それを周囲に見せてからジワジワ嫌がらせをする。そして、相手がやられた詳細を話し始めると、投影の悪用で封じ込める。被害者は混乱する。または、怒りをあらわにする。

当然、被害者は周囲からは加害者に見えるのです。これもモラルハラスメントの1つです。

以下の記事も読んでみて下さい。

投影の悪用は凶器です。モラルハラスメントとして使われることもある。あなたは投影だと決めつけられたことはないですか?

 

 

関連コンテンツ

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

虐待専門カウンセラー岡田ユキさんは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラーです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

【サポート体制も万全】
ご購入された方は、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんの個別のメールカウンセリングでのサポートを60日間回数無制限で受けることができます。

更に、対面カウンセリングをしてほしいと方は、通常20,000円いただいている対面でのカウンセリング(2時間)を 5,000円値引きの15,000円で受けることができます。

サポートも充実しています!

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」は、自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法です。生きづらさを抱えているあなたは是非試して下さい。とくに自分がHSPだと思うのならこちらのマニュアルがおすすめです。

仕事、家庭、育児などで人間関係がうまくいかないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで、自分で解決できる内容になっています。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)