アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は「もう背負う必要はない」のです。あなたの優しさを自分に向けてあげて下さい。

アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は「もう背負う必要はない」のです。あなたの優しさを自分に向けてあげて下さい。

自分を幸せにする者は「正しい解決」をする。逆に、自分を不幸にする者は「正しくない解決(不正)」をするか、「問題解決を放棄する」のです。前者は、身代わりも犠牲も必要としない。後者は身代わりや犠牲を必要とする。

アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人の心の傷がもの凄く深いのは、上記の前者によって騙されて、身代わりにされて、犠牲にされたから。という場合もあります。スケープゴートタイプは、アダルトチルドレンの人の中でも1番と言ってもよいくらい心の傷が深いものです。

自分を幸せにしたいのなら、正しい解決を自ら行うようにして、正しい解決をしている人に近づいていくことです。「正しくない解決(不正)」や「問題解決を放棄する」ことは「その時は楽に思える」けど、後から大きなツケが回ってきます。その時に、こういった者たちは、言葉巧みに、素直な者や、お人好しな人、真面目な人を利用しようとします。

ですから、こういった正しい解決をしない者が自分で生み出した不始末を、お人好しな人は「もう背負う必要はない」のです。もういいんです。切り離して、離れていいんです。踏まれても、犠牲になっても、それでも他人のものを背負ってきた優しさを、自分自身に向けてあげて下さい。

身代わりとなり、犠牲となった、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は、正しい解決をして自分自身を大切にしてあげて下さい。情に流される必要はありません。切り離していいのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)