アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は「もう背負う必要はない」のです。あなたの優しさを自分に向けてあげて下さい。

2116 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は「もう背負う必要はない」のです。あなたの優しさを自分に向けてあげて下さい。

自分を幸せにする者は「正しい解決」をする。逆に、自分を不幸にする者は「正しくない解決(不正)」をするか、「問題解決を放棄する」のです。前者は、身代わりも犠牲も必要としない。後者は身代わりや犠牲を必要とする。

アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人の心の傷がもの凄く深いのは、上記の前者によって騙されて、身代わりにされて、犠牲にされたから。という場合もあります。スケープゴートタイプは、アダルトチルドレンの人の中でも1番と言ってもよいくらい心の傷が深いものです。

<<下に続く>>

自分を幸せにしたいのなら、正しい解決を自ら行うようにして、正しい解決をしている人に近づいていくことです。「正しくない解決(不正)」や「問題解決を放棄する」ことは「その時は楽に思える」けど、後から大きなツケが回ってきます。その時に、こういった者たちは、言葉巧みに、素直な者や、お人好しな人、真面目な人を利用しようとします。

ですから、こういった正しい解決をしない者が自分で生み出した不始末を、お人好しな人は「もう背負う必要はない」のです。もういいんです。切り離して、離れていいんです。踏まれても、犠牲になっても、それでも他人のものを背負ってきた優しさを、自分自身に向けてあげて下さい。

身代わりとなり、犠牲となった、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は、正しい解決をして自分自身を大切にしてあげて下さい。情に流される必要はありません。切り離していいのです。

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)