誹謗中傷の「心を傷つける言葉」は、受け取ると苦しくなる。受け取らなけば、その誹謗中傷の言葉を発した本人を蝕んでいく結果となる。

663 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
誹謗中傷の「心を傷つける言葉」は、受け取ると苦しくなる。受け取らなけば、その誹謗中傷の言葉を発した本人を蝕んでいく結果となる。

プラス感情トレーニング「emotion plus」を始めて、みんながプラスになりがしたら、予想通り「ネガティブ」が邪魔をしようとしてきました。どうして「予想通り」なのかをお伝えしたいと思います。

このことは過去にもお伝えしたことですが、他人の成功やプラスなことを必死に潰したい人もいる。それが自然なことなんです。そして、そういった人たちは「自分を変えようとせず、相手を変えようとする」のです。つまり、プラス感情トレーニング「emotion plus」の邪魔をしたいわけです。

そして、僕は、プラス感情トレーニング「emotion plus」で「みんなの温かい心は連鎖する」と確信しています。つまり「プラスな成功がある」ということ。ですので、自然の法則かのように、当然、マイナスはそれを邪魔しようとする。だから「予想通り」なのです。

これは、多くの方は「嫌なこと」「怖いこと」と解釈してしまいやすいんですね。しかし、そうではないのです。これはすごく大事ですが「マイナスの邪魔は、プラスの成功の度合いを測るモノサシ」になるのです。

これは、どういうことかと言いますと、「無意識レベルから人の邪魔をしたい人は、無意識のうちに、成功するとわかっているから、邪魔するんです。」逆に、邪魔をする人が、それが成功すると思えない場合、邪魔しないんです。だから、「マイナスの邪魔は、プラスの成功の度合いを測るモノサシ」になる。

コメント欄などから、必死に誹謗中傷ネガティブコメントを僕に送りつけている者がいますが、「成功を教えてくれて、どうもありがとう」という感じです。そして、そういったコメントは他の方に見せると「マイナス感情がうつる」こともあるので「ワンクリック」で「削除」すればいいのです。

<<下に続く>>

僕に投げかけている誹謗中傷の「心を傷つける言葉」は、僕は「受け取らない」ので、その者の心に焼き付き、その者の脳に刻まれ、潜在意識に刻まれ、自らを自らの力で蝕んでいく結果となるかと思います。相手の言葉は相手のもの。受け取らなければいいのです。心は穏やかです。

「誹謗中傷」をする人は「正しくない解決」をしようとする人たちです。(https://bright-ms.net/post-7946/)に書いたことですが、自分を不幸にする者が「正しくない解決(不正)」をするか「問題解決を放棄する」のです。その結果、「他人を操作しようとする」のです。その1つが「誹謗中傷」です。

誹謗中傷の言葉を浴びせ続け、必死に他人を操作しようとするのです。自分で自分を不幸にしておきながら他人のことも不幸にして道連れにしようとする。だから「行動」せず「口や文字を打つ手」だけを動かし「誹謗中傷」をしてでも邪魔をするのです。それがわかれば「なーんだ(笑)」と思えることです。

この意味が分かってきたら、「拒絶される」「根拠もない否定をされる」「謂れもない誹謗中傷をされる」ことを、諦めずにやったほうがいいということ。諦めずに続けた先に、良い結果が待っているのです。マイナスが強いほど、プラスな結果が待っている仕組みなのです。

プラス感情トレーニング「emotion plus」を始めて、実際に「プラスを体感し喜んでいる人たちが出てきたと同時」に、誹謗中傷コメントを送り付けてくる者が出てきたので、「みんなのプラスな感情は連鎖する!」に対して、更なる確信が持てました。どうも、有難う御座います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)