モラルハラスメントの加害者は、「勘違い」でも”あり得る”物事に「紛れる」から尻尾を掴みにくいのです。

493 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
モラルハラスメントの加害者は、「勘違い」でも”あり得る”物事に「紛れる」から尻尾を掴みにくいのです。

モラルハラスメントの加害者は、「勘違い」でも”あり得る”物事に「紛れる」から尻尾を掴みにくいのです。座間9遺体事件の犯人が普通の人に紛れて生活したようにモラルハラスメントの加害者も「紛れる」のです。このことは真の加害者を知るうえで大変重要なことです。

モラルハラスメントの加害者は、被害者を「精神的に追い詰める目的」で「誰がやったかわからないこと」を起こします。例えば、衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる、仄めかす、など

例えば、加害者が、被害者の衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる。これらは、たまたま壊れた、自分で汚れをつけたのに気づいていない、そういった可能性は十分にあることです。それを分かったうえで「紛れる」ように相手に嫌がらせを繰り返すのです。

僕は、散々、これをやられたことが過去にあるのでよくわかります。一番よいのは「確認」ですから、監視カメラが有効です。映像は嘘つかないんですよ。真面目に生きようとする被害者は、不正が大好きな加害者にこういった嫌がらせを受けることもあるのです。

僕も、子供のころ、こういった加害者の手口を使ったこともありますからよくわかります。そして、少年院からでて、ダメなりにでも、まず犯罪をやめようと決心して頑張っていると、この陰湿で巧妙な仕打ちを受け始めたのです。そして、それらの攻撃に負けてしまい、怒り、暴言、暴力を使ったこともある。

それは、モラルハラスメントの記事、ウィキペディアにも書いてあるように「耐えかねた被害者が逆に暴力を振るってしまうこともある」という部分です。精神的な嫌がらせに耐えかねて暴力を使った過去もあります。異常なほどのしつこさに正しく対処できなかったらです。

<<下に続く>>

だから、正しく対処できるようになるために、徹底してモラルハラスメントの加害者の陰険で巧妙な手口を知る努力をしたのです。そのおかげで、モラルハラスメントの加害者のすり替えて陥れてくる恐怖は消えていきました。仕掛けてきたら証拠をとっていけばいいと分かったからです。

平気で嘘をつく演技タイプのモラルハラスメントの加害者に騙されやすい人は、精神的な攻撃をされ続けていたら、必ず「証拠を取り続ける」ということを冷静に行っていくことが大事です。足を踏まれたら、そのことを隠ぺいされないよう「録音」したりして証拠を増やすことが大切です。

証拠がない場合、加害者は平気で嘘をつき「足なんて踏んでないのに、踏んだと決めつけられた!あの人なんか変!」とすり替えるのがモラルハラスメントの加害者ですので。もっと賢いサイコパス型のモラルハラスメントの加害者の場合は「記憶がおかしい」と言い出すことがあります。

つまり、記憶障害を演じたり、精神病を演じたりすることがあるのがサイコパス型のモラルハラスメントの加害者が行うこともあるものです。附属池田小事件の宅間守をご存知な人もいると思いますが、彼は精神病を偽装していたと言ったという。

僕も、過去に聞いたことがありますけど、「都合悪くなったら、精神病を偽って逃げりゃいいんだよ」と言っている者たちがいました。彼らは「演技すれば精神科医なんかすぐ騙せる」とも言った。「しかも、その演技も病気のうちだと思ってるから、それを逆手に取ればいいんだよ」と。

宅間守のように、人を騙すことが上手な者も実際にいます。どれだけ、演技や嘘がうまくても、嘘というのは最後には自らを滅ぼすようです。演技が上手かった尼崎の連続変死事件、角田美代子も自殺をした。犠牲を厭わず、人を傷つける嘘は、最後には自分を滅ぼしてしまうもの。

こうも言っていた、

「世の中の酸いも甘いも噛み分けることが出来ない者は、騙すのが簡単だ。裏も表も知っている私たちからすれば、あんなものちょっと下手に出ておだてりゃ犬みたいじゃんw」と。

これが現実でしょう。だから隠れたサイコパスのような者を見抜けないのです。

そして、別の者はこうも言った。「役所の人間は本当にちょろいww簡単に騙せる。演技して涙流して下手に出て感謝したフリしたらすぐだよw」って。こうした巧みな演技力の者は、生活保護を半不正に長い間、受け取っていた。そして、本当に生活保護を必要とする者がすぐに打ち切られていた。

引用の、騙すのが上手い前者は、パチンコ、スロット、酒飲み放題、覚醒剤を時々買っていた。後者は、生活が苦しく、米もない状態。本当に生活保護を必要としている人は「演技力がない」だけでこうなってしまうこともある。

このような他人のことは、こちらには関係がない。どうでもいい。ただ、身勝手な理由から演技のうまいタイプにモラルハラスメントを仕掛けられ、陥れられそうになることはある。真面目で騙されやすい人は型にはめられることもあるので、この記事のことを知っておいて損はないでしょう。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)