不可解なことを起こすモラルハラスメントの加害者対策に動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」

動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」は動体検知で録画してくれるアプリです。不可解なことを起こすモラルハラスメントの加害者対策にかなり便利です。証拠をとって場合によっては警察に突き出しましょう。

以下もおすすめです。

モラルハラスメントの加害者は、(https://bright-ms.net/post-7978/)の記事でお伝えしたように、「勘違い」でも”あり得る”物事に「紛れる」ので、被害者の衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる。ことがある。

これらは、たまたま壊れた、自分で汚れをつけたのに気づいていない、そういった可能性は十分にあることです。それを分かったうえで「紛れる」ように相手に嫌がらせを繰り返すのです。

そして、相手が犯人がわからないけど、被害を訴えたら、陰で「あの人、被害妄想しているんだよ」と吹聴する。その吹聴も、名誉毀損罪、信用毀損罪、侮辱罪など、何か当てはまるケースもあります。そういった大嘘つきの加害者対策に効果を発揮するのが「動かぬ証拠」です。つまり、録画です。

動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」を加害者が隠れて悪さを働きそうな部屋に設置しておけばいいのです。物を壊せば器物損害罪、他人なら、住居侵入罪、そういった「犯罪の証拠」をとることが出来る場合もあります。

大嘘つきのモラルハラスメントの加害者は、しっぽを掴めないよう紛れるのでなかなか大変ですが、別の角度から捕まえようとしていれば「録画」によって「映像」に現れることがあります。証拠をとったら警察に行きましょう。

こういった犯人がいると思う場合は、他にも、監視カメラを隠してつけておくことが大事です。

僕も、昔、演技タイプのモラルハラスメント加害者が怪しいと思い、外出中に自分の部屋を録画していた。後から見たら案の定、モラルハラスメントの加害者が部屋を物色していたんです!あちこち物色しまくっていました。動くスピードも早かった。

録画によって映像に残れば、それは確かな証拠ですから。相手がとぼけても映像は嘘をつきません。大嘘つきのモラルハラスメントの加害者対策に最も有効なのは「映像」です。

僕が、モラルハラスメントの加害者が嫌なのは、向こうから仕掛けてきてしつこくやってきて、一線まで超えてくるから反撃したら、最初の仕掛けた部分を隠し、加害者が自分を被害者に見せかけて、先手を打って周囲を使って陥れてきたからです。何重にも工作している。だから、個人的に嫌いなんです。

だから、動かぬ証拠を集めていくしかないのです。最初に仕掛けてきている部分や、途中、隠れて悪さをしていることなど。そういった部分を隠しているから、そこの証拠を取っていけばいいのです。

「Cambush」、このアプリ、すごく使いやすい。600円で安いし、起動してONにするだけです。あとは、動体検知したら、自動で保存されていきます。隠れた加害者が悪さをしているかなと思ったら監視カメラを使うほうがいいでしょう。

モラルハラスメントの加害者は、「証拠保全能力がない被害者」に対して、モラルハラスメントを仕掛けていったりししますから、被害者がちゃんと証拠保全していくことが大事です。

物を壊しているところの録画があれば、「器物損壊罪(きぶつそんかいざい)」です。

刑法第261条 前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

引用元:器物損壊罪 – Wikipedia

刑務所などでは、場所によっては「陰険なことをした者は虐められる」ことが多いので、出来れば刑務所に行って反省してほしいですね。

不可解なことを故意的に起こし、相手を妄想扱いして陥れているなんて悪質極まりない精神的な嫌がらせですから、絶対に許してはいけないと思いますよ。子供たちがそれを真似していくようになるんです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)