不可解なことを起こすモラルハラスメントの加害者対策に動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」

URLの変更に伴いShare数がリセットされました。沢山のShareをいつもありがとうございます。
虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
不可解なことを起こすモラルハラスメントの加害者対策に動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」

動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」は動体検知で録画してくれるアプリです。不可解なことを起こすモラルハラスメントの加害者対策にかなり便利です。証拠をとって場合によっては警察に突き出しましょう。

以下もおすすめです。

モラルハラスメントの加害者は、(https://bright-ms.net/post-7978/)の記事でお伝えしたように、「勘違い」でも”あり得る”物事に「紛れる」ので、被害者の衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる。ことがある。

これらは、たまたま壊れた、自分で汚れをつけたのに気づいていない、そういった可能性は十分にあることです。それを分かったうえで「紛れる」ように相手に嫌がらせを繰り返すのです。

そして、相手が犯人がわからないけど、被害を訴えたら、陰で「あの人、被害妄想しているんだよ」と吹聴する。その吹聴も、名誉毀損罪、信用毀損罪、侮辱罪など、何か当てはまるケースもあります。そういった大嘘つきの加害者対策に効果を発揮するのが「動かぬ証拠」です。つまり、録画です。

動体検知で録画する監視カメラアプリ「Cambush」を加害者が隠れて悪さを働きそうな部屋に設置しておけばいいのです。物を壊せば器物損害罪、他人なら、住居侵入罪、そういった「犯罪の証拠」をとることが出来る場合もあります。

<<下に続く>>

大嘘つきのモラルハラスメントの加害者は、しっぽを掴めないよう紛れるのでなかなか大変ですが、別の角度から捕まえようとしていれば「録画」によって「映像」に現れることがあります。証拠をとったら警察に行きましょう。

こういった犯人がいると思う場合は、他にも、監視カメラを隠してつけておくことが大事です。

僕も、昔、演技タイプのモラルハラスメント加害者が怪しいと思い、外出中に自分の部屋を録画していた。後から見たら案の定、モラルハラスメントの加害者が部屋を物色していたんです!あちこち物色しまくっていました。動くスピードも早かった。

録画によって映像に残れば、それは確かな証拠ですから。相手がとぼけても映像は嘘をつきません。大嘘つきのモラルハラスメントの加害者対策に最も有効なのは「映像」です。

僕が、モラルハラスメントの加害者が嫌なのは、向こうから仕掛けてきてしつこくやってきて、一線まで超えてくるから反撃したら、最初の仕掛けた部分を隠し、加害者が自分を被害者に見せかけて、先手を打って周囲を使って陥れてきたからです。何重にも工作している。だから、個人的に嫌いなんです。

だから、動かぬ証拠を集めていくしかないのです。最初に仕掛けてきている部分や、途中、隠れて悪さをしていることなど。そういった部分を隠しているから、そこの証拠を取っていけばいいのです。

「Cambush」、このアプリ、すごく使いやすい。600円で安いし、起動してONにするだけです。あとは、動体検知したら、自動で保存されていきます。隠れた加害者が悪さをしているかなと思ったら監視カメラを使うほうがいいでしょう。

モラルハラスメントの加害者は、「証拠保全能力がない被害者」に対して、モラルハラスメントを仕掛けていったりししますから、被害者がちゃんと証拠保全していくことが大事です。

物を壊しているところの録画があれば、「器物損壊罪(きぶつそんかいざい)」です。

刑法第261条 前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

引用元:器物損壊罪 – Wikipedia

刑務所などでは、場所によっては「陰険なことをした者は虐められる」ことが多いので、出来れば刑務所に行って反省してほしいですね。

不可解なことを故意的に起こし、相手を妄想扱いして陥れているなんて悪質極まりない精神的な嫌がらせですから、絶対に許してはいけないと思いますよ。子供たちがそれを真似していくようになるんです。

関連コンテンツ

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】です。

こちらは、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんという方が制作したマニュアルで、2898人以上の被虐体験者のトラウマを解消してきた方法です。

虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

虐待専門カウンセラー岡田ユキさんは、虐待のトラウマを克服した専門カウンセラーです。

【虐待根絶マニュアル】の特徴
●なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
●自分を虐待してきた家族への対処法がわかります!
●「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
●恋愛、夫婦、親子、上司部下などすべての人間関係が改善します!
●岡田式AC判別法により、自分に合った治療法がわかります!
●セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
●「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
●自分自身への罪悪感が消えて、人生が好転します!

【サポート体制も万全】
ご購入された方は、虐待専門カウンセラー岡田ユキさんの個別のメールカウンセリングでのサポートを60日間回数無制限で受けることができます。

更に、対面カウンセリングをしてほしいと方は、通常20,000円いただいている対面でのカウンセリング(2時間)を 5,000円値引きの15,000円で受けることができます。

サポートも充実しています!

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」は、自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法です。生きづらさを抱えているあなたは是非試して下さい。とくに自分がHSPだと思うのならこちらのマニュアルがおすすめです。

仕事、家庭、育児などで人間関係がうまくいかないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで、自分で解決できる内容になっています。

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年12月10日)Leave a Comment0 Comment257 views

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)