自己愛性人格障害の人は「騙されやすい」という特徴があります。ソシオパスは「人をよく騙す」という特徴があります。サイコパスは「人を巧妙に騙す」という特徴があります。

5085 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
自己愛性人格障害の人は「騙されやすい」という特徴があります。ソシオパスは「人をよく騙す」という特徴があります。サイコパスは「人を巧妙に騙す」という特徴があります。

自己愛性人格障害の人は「騙されやすい」という特徴があります。

ソシオパスは「人をよく騙す」という特徴があります。

サイコパスは「人を巧妙に騙す」という特徴があります。

そして、自己愛性人格障害の人のモラルハラスメントはわかりやすい。ソシオパスのモラルハラスメントはわかりにくい。サイコパスのモラルハラスメントは巧妙すぎてしっぽを掴めない。ということです。

「わかりやすいモラルハラスメント」から「わかりにくいモラルハラスメント」へ移行する時には「心理的な虐待の一種、ガスライティング」が行われることもあります。ガスライティングは巧妙すぎるので心理的な虐待の中では「トップクラス」です。

その、ガスライティングについてアメリカの心理学者はこう言っています。

心理学者のマーサ・スタウト(英語版)は、ソシオパスはよくガスライティングの手法を使うと述べている。

引用元:ガスライティング – Wikipedia

アメリカの心理学者マーサ・スタウトについては以下をお読み下さい。

マーサ・スタウト
米国のマクリーン精神病院で研修を受け、心理セラピストとしてトラウマを抱えた患者の治療を25年間つづけてきた。現在はハーバード・メディカル・スクールの精神医学部で心理学講師および臨床インストラクターを務める。豊富な臨床経験から、カウンセリングにくる患者の多くが「良心のない人」に苦しめられている事実に気づき、本書を発表。他の邦訳書に『おかしい人を見分ける心理学』(喜須海理子訳、はまの出版)がある。マサチューセッツ州在住。

<<下に続く>>

引用元:立ち読みコーナー | 書籍案内 | 草思社

現在は、ハーバード・メディカル・スクールの精神医学部で、心理学講師、臨床インストラクターを務めているという。「良心のない人」に相当詳しい人だそうです。

その詳しい人が、ソシオパスは”よく”ガスライティングの手法を使うと言っているのです。

つまり、一般の人たちが言っているモラルハラスメントや、日本でそんなに詳しくない専門家たちが言っているモラルハラスメントは、せいぜい自己愛性人格障害の人までのモラルハラスメントのことが多いのです。それ以上のソシオパスやサイコパスクラスのモラハラの知識がある人が少ないのです。

言いたいことは、しっぽの掴みにくいサイコパスクラスの罠にかかっていると、いつまでもその周辺には、いじめ、DV、モラハラ、動物虐待などが、続くということ。まさか、巧妙に誘導されているなんて当事者は夢にも思いませんから。そして、気づかない者たちが叩きあっているのです。

簡単に言えば、他人に流されない自分(サイコパスクラスの者に流されない自分)になることが大事だということ。流された者は、理由がわからず、不幸な結果を自分で作ってしまうのです。流されていることに気づかずに。

もう1度アメリカの心理学者マーサ・スタウトが言った「ソシオパスはよくガスライティングの手法を使う」ということの意味を考えてみてはいかがでしょうか。

僕の目から見ると、発狂してしまう人、怒りを抑えきれない人の周囲に、ソシオパスやサイコパスらしき人物が見えるのですが、本人はそれを理解できず、同じことを繰り返してしまうのです。人間は、自分が気づかない間に、ゆっくり誘導されやすい者です。茹でガエルの法則のように。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)