煽ってくる人はこれかも!?研究でも明らかになったサイコパスなトロールは直接人を殺さない。その代り、自己愛性人格障害の人や、心の傷が深い者を利用して、ゲーム感覚で煽り続けて事件を起こすのを待つ。

1123 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
煽ってくる人はこれかも!?研究でも明らかになったサイコパスなトロールは直接人を殺さない。その代り、自己愛性人格障害の人や、心の傷が深い者を利用して、ゲーム感覚で煽り続けて事件を起こすのを待つ。

最新の研究で明らかとなっているネット上を徘徊するろくでもない不審者トロールらしき者から投稿された誹謗中傷コメントを公開!

上記の、ネット上を徘徊する、ろくでもない不審者トロールはカナダの研究で明らかになっていることです。詳しくは(http://karapaia.com/archives/52174258.html)を見て下さい。このトロールがネット上を徘徊し、人を傷つけて歩いているサイコパスなのです。相手を追い詰めて事件を起こせば喜ぶほどの異常性があるのがトロールです。

トロールの目的は、

1、匿名で相手を傷つけて煽り続ける。

2、反撃できず鬱憤が溜まる被害者が、別の誰かに攻撃するのを待つ

3、事件が起きれば大成功

これが、研究で明らかになったサイコパスレベルのトロールです。

体重120kgで踏みつけた!ラーメン屋で起こった驚きの殺人事件 – NAVER まとめ

この犯人は、トロールに煽られ続けた人物だと言われています。 トロールは「あれネトウヨだ」とか「自己愛だ!」とレッテルを貼る特徴もあります。それは、(https://mora-hara.info/archives/6204)で公開されている誹謗中傷迷惑コメントを見ればわかります。あのように「自己愛だ!」とレッテルを貼ってから誹謗中傷を正当化するのです。愚か者ですね。

<<下に続く>>

トロールは、まるで仕事かのようにネット上を徘徊しターゲットを探して歩いている。人の心の傷を見抜いたと思ったら、そこを執拗に刺し続けるのです。嘘も平気でつく。レッテルもある。だから、大手サイトはコメント欄を承認制にするか閉じているのです。正しい選択です。トロールはしつこいので。

心の傷が深い人や、自己愛性人格障害の人などは、反撃できない相手(コソコソ隠れた匿名)から攻撃され続けると「爆発」する人もいます。爆発して、暴力事件、無差別殺人などを起こすのを待っているのがトロールです。

トロールに煽られて、実際に殺人事件を起こしてしまった人たちもいるでしょう。殺人事件を起こす前に、頻繁に「掲示板」や「SNS」を閲覧していた犯人もいましたね。トロールは煽り続けた相手が事件を起こすと喜ぶのです。サイコパスだから。冗談じゃなく本当ですよ。

海外では触れているのに、日本は何故かシラーッとするから面白い。日本は遅れているのか、知識がないのか、それとも島国根性が抜けず、村八分が怖いのか、なんなのかわからないけど、日本はのろのろしている。

そして、トロールが煽って、その相手が事件を起こしても、トロール対策をしない。だからいたちごっこなのです。

トロールが、コメントから人を誘導することが出来るような時代です。マインドに寄生し、ゆっくり誘導していくのです。繰り返すと潜在意識に蓄積されていくのですが、それを悪用しているのがトロールです。トロールの趣味かもしれませんね。

頭が良いサイコパスは、直接人を殺さない。捕まったら面倒だから。その代り、自己愛性人格障害の人や、心の傷が深い者を利用して、煽り続けて事件を起こすのを待つのです。ゲーム感覚ですね。

サイコパス最大の武器は「巧妙なモラルハラスメント」です。心の傷が深い人は、こういった存在がいるのだということを頭に入れておくだけでも、防ぎやすくなりますよ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)