自分の居場所がないと感じる…、居場所がわからない…、そんなあなたに必要なこと

自分の居場所がないと感じる…、居場所がわからない…、そんなあなたに必要なこと

「本当の自分の感情を感じる…」ということは誰もが100%完全に出来るわけではありません。生きていれば、知らず知らずのうちに他人の感情を背負ってしまうことがあります。特に親の感情をたくさん背負ってしまいます。そして世の中に流され、支配者に流され、人は自分を見失いながら、その中、悩み、苦しみ、本当の自分を探して生きていきます。

「自分以外の感情(他人の感情)」を背負っていることで、本当の自分の感情が感じられなくなってきて、生きづらくなっていき、自分の居場所を見失っていきます。そして他人の感情を自分の感情だと錯覚したまま生きていくことも少なくありません。

自分の居場所がないと感じる、居場所がわからない、そんなあなたに必要なことがあります。それは「本当の自分を取り戻す」ということです。自分の居場所が無いと感じたり、自分の居場所が見つからないのは「本当の自分で生きていないから」です。

つまり、他人の人生を生きているから、本当の自分が「そこは自分の居場所じゃない!」というメッセージを無意識のうちに送ってきているのに、自分はそれに気づかない。そして、他人の人生を生きていることにも気づいていない。

そして、自分の居場所がないと感じる、居場所がわからない、という状態になるのです。「自分の居場所は自分の中にある」のです。本当の自分の感情を感じることが出来るようになればなるほど、「自分の居場所」はわかってきますし、みつかるようになってきます。

本当の自分の感情を感じれるようになってくると、自分の足で立ち上がることが出来るようになります。そして、本当の自分の道を歩き出せるようになってきます。

生きづらさを解消して、自分の居場所を見つけることが出来るようになるための方法をもっと知りたい方は「サヨナラ・モンスター」をお試し下さい。この方法は恐怖を減らし、「本当の自分を知る」ための方法です。本当の自分を知ることが本当の幸せへの道です。自分の居場所がないと感じる、居場所がわからない、そんなあなたに必要なことは「自分を心の拠り所にする」ということ。そのために、まず「書くこと」から自己理解を深めてみて下さい。

「理解」=「癒し」です。自己理解は、自分で自分を救い出す精神的自立のために大切なことです。自分を心の拠り所に出来ない人が、他の誰かに理解してもらおうと、そして苦しみます。結局自分で自分を理解できないと、本当の解決にはならないのです。

自分で出来る生きづらさを解消する方法

サヨナラ・モンスターの詳細

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)