本当の優しさとは、厳しさを乗り越えた強さの中にあるもの。いつまでも依存させて中毒にさせる「寄り添いごっこ」とはわけがちがう。

本当の優しさとは、厳しさを乗り越えた強さの中にあるもの。いつまでも依存させて中毒にさせる「寄り添いごっこ」とはわけがちがう。

本当の優しさは、厳しく、突き放し、「自分で考えなさい」「自分で答えを出しなさい」という態度の人が持っています。 表面的な優しさを与えるのは優しさの皮を被った承認欲求の塊からの自己満足です。長い目で見たら相手を不幸へと誘導しているのです。 だから「自己学習」こそが大切なのです。

表面的な優しさは、麻薬のように中毒になり依存していきダメになります。自分の頭で考えて、自分で答えを出し、問題解決が出来るようになることでしか幸せは手に入りません。幸せは自分で作っていくものですから、自分の頭で考えて、自分で答えを出し、問題解決が出来ないのなら無理なのです。

こういった意味で、本当の優しさとは、厳しさを乗り越えた強さの中にあるものなのです。だから、本当に優しい人は、厳しく、突き放し、「自分で考えなさい」「自分で答えを出しなさい」という態度をするのです。表面的な優しさを欲し、麻薬のように中毒になりたがっている人には「鬼」のように思えるかもしれない。

当然、このブログを読んでいる人の一部も「人でなし!!!」と思っている人もいるでしょう。何故なら、僕も、厳しく、突き放し、「自分で考えなさい」「自分で答えを出しなさい」という態度をしているからです。このブログでご紹介している素晴らしいい教材や本などを厳選し「成長材料」としてご紹介しているのです。

「人でなし!!!」と思ってしまう自分の中に「支配したい」「やってもらいたい」という未熟な自分がいることに気がつけたら一歩成長です。繰り返しますが、表面的な優しさは、麻薬のように中毒になり依存していきダメになります。それでも、それがいいというのは「本人の自由」です。結果も自分持ちです。誰の所為でもない。人生は、自らの取捨選択によって結果が出ているのです。

必要なことは「自己学習」です。それが自分を救えるようになるための道です。本当の意味で自分を幸せにするには「自己学習」が大切だから「自分で学習する教材」をご紹介しているのです。いつまでも依存させて中毒にさせる「寄り添いごっこ」とはわけがちがうのです。

自分で学習しなければ、いつまで経ってもループします。自分で積極的に学習したものだけが実になっていくのです。本当の優しさとは、厳しさを乗り越えた強さの中にあるものだから「可愛い子には旅をさせよ」と言う。旅をするということは自分で考え、自分で答えを出し、自分の足で行動するってこと。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
本当の優しさとは、厳しさを乗り越えた強さの中にあるもの。いつまでも依存させて中毒にさせる「寄り添いごっこ」とはわけがちがう。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
本当の優しさとは、厳しさを乗り越えた強さの中にあるもの。いつまでも依存させて中毒にさせる「寄り添いごっこ」とはわけがちがう。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)