自分を育てるのは自分です。そして「自分が自分の親になる」こと!その先に「心の管理者」への道があるのです。

 

文章を書く」ということは、思っている以上に自分を成長させてくれます。このブログでは、記事を読んで下さっている方が「自分で自分を育てることが出来るようになる」ために、「自分で自分を救うための教材一覧」や色々な役立つ本をご紹介しております。教材や本で学習するということは、学習効果の高いアウトプットにもなります。同じく、文章を書くというのも学習効果の高いアウトプットです。このアウトプットによって成長していくのです。

アウトプットすることで学習し、「自分で自分を育てることが出来るようになる」のです。ですから、本を読む、教材で学習する、そして文章を書いたり、学んだことを自分の言葉で人に伝えていく。こういった行いが自分を成長させていくのです。支配者は、あなたに本や教材を見せないようにします。僕も支配されていた頃、そういう人がいたのでよくわかります。支配者は、成長させないように誘導するのです。だからこそ、そんなことを跳ね除け、あなたは「自分で自分を育てることが出来るようになる」ことが必要なのです。

上記の記事を読んでみて下さい。上記の記事は、僕が運営している会員制サイトの会員様が書いた文章です。実際に文章を書くようになり、職場の後輩から「以前よりも分かりやすいです!何かセミナーに参加されたのですか?」と聞かれるほど成長しているのです!!すごいことです!自分で自分を育てるって素敵ですよね☆こんなにも効果があるんですよ!

このように、情報をインプットし、文章を書いてアウトプットし、学習し、成長する。こういったことが「自分で自分を育てる」ということなのです。自分で自分を育てることで、問題解決能力も上がっていきます。問題解決能力が上がれば、問題が起きた時に自分を守ることもできますから、ダメージも減らせますし、戦うこともできます。それは「自信喪失という大損害」を避けることもできるということです。文章を書く、教材で学習する、本を読む、こういった自分を育てることは必要なことなのです。

生きづらさ、自己肯定感の低さ、いろいろありますけど、必要なのは「自分で自分を育てる」ということなのです。それは「自分が自分の親になる」ということでもあります。そして、「自分が自分の親になる」ことの先に「心の管理者」への道があるのです。管理者は責任を持つ必要があります。自由とは責任です。そこらで言われている一時的なゲージの中での自由とはわけが違う真の自由…、本当の自由、それは「責任」を持つことでしか手に入らないのです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)