【年末のご挨拶】自分の成長は学習によって促されていく!そして、自分が自分を育てることが「自信の基盤(自己信頼の基礎)」になるのです。

【年末のご挨拶】自分の成長は学習によって促されていく!そして、自分が自分を育てることが「自信の基盤(自己信頼の基礎)」になるのです。

いつも記事を読んでくださりありがとうございます。

今年も早いもので、
年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

あっという間に今年も終わってしまいますね。

今年の始めも1年の目標、そして計画を立てたと思いますが、
皆さまは達成出来ましたでしょうか。

僕は、目標の内の1つを達成できました!(^^♪
(自分におめでとう 笑)

昨年は、自分に足りなかったこと、自分の混乱している部分、
そういった問題点が見えてきて、少しずつ修正していけました。

そして、今年は、昨年の成長の影響から、
目標の内の1つを達成することに繋がりました。
この「成長」に繋がったものの1つは「文章」でした。

「文章」は、自分の「混乱」と「問題点」を教えてくれます。
自分の「混乱」と「問題点」が修正されると、
それは「成果」へと繋がるのは確かなことのようです。

「文章」を思っている以上に、
「自分の問題点を教えてくれて修正してくれる」素晴らしいものです。
この素晴らしさを多くの方に知ってほしく、
Plusという記事作成代行サービスのサイトを運営しています。

Plus記事作成代行サービス

日々文章を書くPlus会員の方や、
依頼者の方にも知ってほしいなと勝手ながら思っております。
(僕の考えを押し付けられた感じがした方がいましたらすみません)

来年は、僕自身、これらを更に伸ばして、固めていき、
「成果」へと繋げていきたいと思っています。

Plusは、みんなの「成長の通過点」であってほしい…。
そんな思いを込めております。

今年はPlusをより使いやすいサイトに出来たと思っております。

・報酬アップ依頼の機能
・ファイル添付機能
・ランキング上記報酬機能
・記事出品Plus
・紹介報酬獲得キャンペーン機能

など、いろいろ追加しました。

僕自身、Plusというサイトを管理したり、
使いやすくするということで、たくさんの成長が出来ました。

僕自身、本や教材を購入し学んだり、
文章を書くことでも成長出来ました。

つまり、人は変わるためには、
「学習なくして変わることは出来ない」ということ。

そのことをメルマガでもお伝えしてきました。
そして、今年も多くの方が本や教材を購入し学んでいきました。

それは、絶対に無駄になりません。
自分が自分のために学習するということは、自分で自分を育てたということ。

それは「自分が自分の親になる」ということです。
それが他者の言葉など(そんなの意味ないよ等)で、
どんなに小さく感じたとしても、決して小さいものではありません。

素晴らしいことです。

自分が自分の親になるということは、
自分との信頼関係を築いているということ。

それは「自信の基盤(自己信頼の基礎)」になるのです。

長くなってしまいましたが、
来年も、あなたが1歩でも成長されることを心より願っております。

自分の成長が、問題解決力を上げ、
悩みを克服し、自分で自分を幸せにしていけるのです。

他の人と比較する必要はありません。
比較は「過去の自分」とするのが良いです。

過去の自分を超えていくこと。
素敵なことですね☆

皆様も、来年はもっとプラスな状態を目指して、
新たな目標を立てて、頑張っていきましょう!!

それでは、良いお年をお迎えください。

来年も宜しくお願いします。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
【年末のご挨拶】自分の成長は学習によって促されていく!そして、自分が自分を育てることが「自信の基盤(自己信頼の基礎)」になるのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
【年末のご挨拶】自分の成長は学習によって促されていく!そして、自分が自分を育てることが「自信の基盤(自己信頼の基礎)」になるのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)