人を人として見れない…。苦しい…。どうしたら人を人して見れるようになれるのか?

人を人として見れない…。苦しい…。どうしたら人を人して見れるようになれるのか?

人を人として見れない…。苦しい…。こう思っている人が「どうしたら人を人して見れるようになれるのか」ということについて、とても重要なことをお伝えしたいと思います。僕も、人を人として見れなかったのでよくわかります。言葉は悪くなりますが、人をゴミだと思って生きていた時期もあります。

人を人して見れるようになるためには、以下の流れがあります。

1、自分自身が人として見てもらっていなかったことに気づく

2、自分がされてきた1を自分のものとして受け入れてきて当たり前になっていることに気づく

3、2で気づいた価値観などを一掃する決意を持つ

4、新しい価値観などを手に入れていく

簡単に言えば、こういう流れです。これを2年~3年かけて取り組んだり、人によっては生涯かけて行うレベルだったりします。どうして、時間がかかるのかと言いますと、潜在意識(無意識)の深い部分にしっかりと根付いているものだからです。三つ子の魂百までと言うように、3歳までに刷り込まれたものは、強烈にその後にも影響するのです。100歳まで続くくらいの強い力で。

人を人として見れない価値観の核となるのは、3歳までに親などから刷り込まれているのです。それがベースとなり、親を無条件で信じ、強化してきたものだったりします。なので、根っこから変える必要があるのです。根っこにあるのは、親などへの依存による保持している価値観などです。

人を人して見れない人は、自分も人として見てもらえなかった人です。同じことを続けている状態です。

最初に親などから刷り込まれたものは力強く生涯続くくらいのものです。親は自分の責任を代わりに持ってくれる存在です。その親の価値観などを捨てることが出来ないのは、まだ自分の責任を誰かに背負わせようとしているからでもあるのです。だから、自分が自分の親になっていくことが必要になるのです。自分が自分の親になり責任をもって生きていけるようになってくると親の価値観などを捨てることも出来ます。最初に書いた「3、2で気づいた価値観などを一掃する決意を持つ」の部分ですね。

親のせいにしていては変われません。親からの刷り込みや影響は確かにあります。それは本当に強烈なものです。しかし、それをどうするかは自分の自由なのです。自由に変化させることも出来るのです。それが「4、新しい価値観などを手に入れていく」の部分ですね。そのために必要なことは「学習」「人生勉強」なのです。それをしないで人のせいにし続ける人は、「いつまでも悪役を必要とする」ものです。いつまでも悪役を必要とする者はマッチポンプで悪を作り出し、ねつ造してでも悲劇のヒロインを気取るのです。

悲劇のヒロインを気取ることが悪いことではありません。悪いのは自分の悲劇のヒロイン劇場に他人を巻き込んでねつ造することです。それは他人を陥れることなので悪いことです。その結果は、自分に返ってきてしまうので他人を陥れることはしないほうが自分のために良いことだと思います。

どうしたら人を人して見れるようになれるのか」ということのシンプルな答えは「人を知る」ということ。自分が学習し、人生勉強し、人を知っていけばいくほど、人を人して見れるようになるのです。これは「自分のことも含めて」です。

問題は、自分が人を人して見れるような視点を持ち合わせていなかったことであり、そこに原因があるのです。色々な視点に気づき、人の素晴らしさを知っていくことが必要なのです。そのためには「自己理解」が必要です。

僕は、「サヨナラ・モンスター」の方法で自己理解を深めていき、心が変化してきて、以前よりも人を人として見れるようになってきました。あなたも人を人として見れなくて悩んでいるのでしたら、自分の気持ちに向き合ってみてください。何か気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)