過去の牢獄の囚人でいいのか?過去に囚われないで今を生きて今を創ろう!

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
過去の牢獄の囚人でいいのか?過去に囚われないで今を生きて今を創ろう!

この記事でお伝えしたいことは、「過去の牢獄の”囚人”でいいのか?」ってことです。大事なことは「過去に囚われないで、今を生きて、今を創ろう!」という自分を大切にする姿勢です。

これは、「過去を振り返るのはだめ」と言っているのではありません。過去の振り返りはとても大事なことでもあります。そのことは以下の記事でお伝えしました。



過去は自分次第でプラスにもマイナスにもなる

過去の振り返りは、新しいことを知ることが出来るもので振り返る人次第ではとても良いことにもなるのです。その逆で、過去に囚われて、変えることの出来ない過去の出来事を悔んだり、過去を言い訳にして今の自分を心理的に虐待して成長させないようにすることが悲しいことなのです。まさに、過去の牢獄の”囚人”です。

過去の傷があったからこうなった」と思うことはプラスにもマイナスにもなる。プラスは過去の傷があったからこうなった。だからこうしていこう。そして成長し結果を出す。マイナスは過去の傷があったから今の自分の悪い行いは他の者の所為だから免除されるべきと責任放棄。

そして、今、自分が満たされて幸せならば過去が良いものに感じます。逆に、今、満たされたおらず苦しいと過去が悪いものに感じます。つまり、あなたが幸せになっていけば暗い過去も良いものに変わってくるかもしれないってことです。なので、やるべきことは、今の自分を幸せにするために動き出すってことです。

自分が選んだ道だと認めると力が湧いてくる

酷い環境に育ち、酷い毒親に育てられ、酷い扱いを受けてきた。これらを「自分が選んだ道だ」と認めていくとが湧いてきます。これからの道を「自分で自由に選べる力」です。過去に支配されず幸せの道を自分で切り拓く力です。

「自分が選んだ道だ」と認めることが出来ない時だってある。そんな時はそれでいいのだと思う。きっと「自分が選んだ道だ」とわかる日が来ると思う。その日が来たら今よりも強く生きていけるでしょう。自分が選んだ道だと認めると「これからを自分で決める」ことが出来る。だから幸せになれる。

<<下に続く>>

生涯学習が大切なこと

僕は、勉強は小学校まで、それから薬物依存になり幻覚世界を楽しんで自ら幻覚を見るようにしていた10代~20代前半。そして心は妄想世界にどっぷりと落ちた…。だからこそわかったことが「インプット」と「アウトプット」がとても大切だということ。健康に生きていくために必要なのが「生涯学習」です。

恐怖を消すには

知らないから怖い。「知る」を増やすことで恐怖は本当に減ってくる。恐怖が酷い人は「知る」を増やすことが大切です。人生勉強や学習を放棄すると恐怖はどんどん強くなってしまう。自己学習は恐怖から抜け出すためにとても効果的です。恐怖が減ると本当の自分にさらに近づく。恐怖は妄想だから…。

自由とは責任である。自由には責任が伴う

「自由とは責任である」や「自由には責任が伴う」と言われます。そして、これは本当だ、嘘だ、と賛否両論です。

責任とは「正しく反応する能力」って意味です。人は、正しく反応しないと不自由になります。例えば、何らかの刺激を受けて欲するものが出てきた。それを手に入れるために不正に手に入れるために犯罪に走った…。これは正しくない反応ですよね。つまり、無責任な行動です。その結果、逮捕されて刑務所に入り、不自由になる。このように、責任を放棄すれば不自由になりやすいのです。

自由に生きていくには、正しく反応していくことが必要なのです。正しく反応することが出来るようになるほど、不自由になる可能性は減っていくのです。1つ1つ、正しく反応することが出来るようになるということは、自分に正しくある…ということでもあります。それは、本当の自分を生きるということでもあります。

責任って聞くと重苦しいものに聞こえるかもしれませんけど、本当の自分を生きるための補助輪のようなものでもあり、本当の自分を生きるための道しるべのようなものなのです。

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)